その他 法人の財務改善
連載財務のプロフェッショナル「CFO」に求められる条件【第4回】

企業のM&AにおけるCFOの役割とは?

CFO

企業のM&AにおけるCFOの役割とは?

前回は、CFOの条件について取り上げました。今回は、企業の成長手段の一つである、M&AにおけるCFOの役割について見ていきます。

新たなシナジー効果も得られるM&A

M&Aは、買収によって自分の会社の弱みをカバーし、かつ一気に会社規模を大きくする手法である。かつてはグローバルスケールの大企業以外の企業にはほとんど無縁だった手段だが、今や会社を成長させようと思うなら中小企業でも十分に検討に値するものとなった。

 

日本経済が成熟化し、内需が飽和している中で、M&Aを成長の手段として捉えることは、不可欠になってきている。とはいえ、やはり簡単に手を出していいものでもない。

 

10年ほど前には、本業とは無関係の事業を手がける会社を資金力にモノを言わせて片端から買い漁る、無節操なM&Aが横行した時代もあったが、現在主流を占めるのは、自分の会社の強みや弱みをしっかりと分析し、シナジー効果が得られるような本来の意味でのM&Aだ。また、会社ごとの売買のみならず、事業部単位での売買も盛んになった。

 

現在、あらゆる分野で技術革新が進んでいる。流行の変遷も稀有のスピードで進行し、どんなヒット商品もその寿命は昔に比べればずいぶんと短い。ビジネスの分野でも、時代の変化とともに陳腐化した事業、あるいは市場の飽和でこれ以上の成長が見込めない事業というものがある。だが、ある会社にとっては自社の事業との関連が薄れて意味がなくなった事業でも、別の会社にとっては新たなシナジー効果が得られるということもある。

M&A後の舵取りもCFOの重要な役割のひとつ

だが、実際に会社や事業を売り買いするのには、かなりの労力を要する。欲しい会社や事業の売り手を見つけたり、売りたい会社や事業の買い手を見つける際には、M&A情報を専門に集めている仲介者や、FA(フィナンシャルアドバイザー)に依頼するのもひとつの選択肢である。常識的な価格算定方法や、常識的な条件の基準、確認すべきポイントなどに詳しく、信頼できる専門家が必要となるのである。

 

また、M&A後(ポストマージャー)にも注意を払わなければならない。売り買い自体はうまくいっても、会社がひとつになってから、事業がうまく回らずに失敗したM&Aはいくらでもある。「その後」の舵取りを行なうのも、CFOの仕事なのである。

本連載は、2010年3月1日刊行の書籍『CFO経営』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐藤 英志

太陽ホールディングス株式会社 代表取締役社長 公認会計士/税理士

1969年 東京都生まれ
1991年(22歳)監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所
1995年(25歳)トーマツ在職中に佐藤英志公認会計士事務所を設立
1997年(27歳)トーマツ退職
1999年 エスネットワークス設立
2002年(33歳)~2007年(38歳) 
株式会社有線ブロードネットワークス(現株式会社USEN)取締役、常務取締役、株式会社ギャガ・コミュニケーションズ(現ギャガ株式会社)取締役副社長を歴任
2009年(40歳)太陽インキ製造株式会社(現太陽ホールディングス株式会社)常勤取締役
2010年(40歳)同社代表取締役副社長に就任
2011年(41歳)同社代表取締役社長に就任、現在に至る

著者紹介

須原 伸太郎

株式会社エスネットワークス 代表取締役社長
株式会社エスホールディングス取締役 公認会計士/税理士

1970 年、三重県生まれ。一橋大学経済学部卒業。監査法人トーマツ入所後、株式会社マッキャンエリクソンにて企業の戦略立案及びマーケティングプランニングに従事。1999 年、株式会社エスネットワークスを共同設立、同社代表取締役副社長就任。2008 年、ホールディングス体制移行に伴い、株式会社エスネットワークス代表取締役社長に就任。

著者紹介

連載財務のプロフェッショナル「CFO」に求められる条件

CFO経営

CFO経営

佐藤 英志,須原 伸太郎

幻冬舎メディアコンサルティング

上場企業を取り巻く環境は、この30~40年の間に激変しました。カリスマ社長の「勘」だけでモノが売れたのは、昔の話。経営が複雑化した時代に企業に求められるのは、財務の専門家の視点を持った経営です。本書では、なぜCFOが…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest