相続・事業承継 相続対策
連載法人化で相続税から守る「地主」の財産【第1回】

相続対策としての法人化――何より求められる「経営者視点」

新連載法人化相続税

相続対策としての法人化――何より求められる「経営者視点」

地主が土地を相続する際にかかる相続税の負担は大きく、何の対策も取らなければ多くの財産を失ってしまう可能性もあります。地主にとって有効な相続対策のひとつに「法人化」がありますが、本連載では、「法人化後」の節税のポイントについて解説します。

土地の積極的な有効活用が資産防衛に

不動産を活用して相続税対策を試みるのであれば、昔ながらの地主的なスタンスから脱却して、経営者としての視点からマネジメント(経営管理)を行っていく心構えが求められることになります。

 

書籍『地主の相続財産は法人化で残す』の第1章で説明していますが、代々地主の家で生まれ育ってきたような人の中には、「相続=祖父母や親が守ってきた土地を受け継ぎ守っていくこと」という観念を持っている人が少なくありません。

 

もちろん、先祖代々の土地を守るという考えそのものは尊重されるべきことでしょう。しかし、文字通りただ「守る」ということにこだわり続けてしまうと、守れるものも守れなくなるおそれがあります。

 

そもそも、「守る」ということは「何もせずにいること」ではないはずです。攻撃は最大の防御という言葉もあるように、失わないように、失わないようにと後生大事にしているだけではなく、受け継いだ土地を積極的に有効活用していくことが結果的に資産を守ることにつながるかもしれないのです。

 

マネジメントの意識を持てば、相続税対策は、より総合的、戦略的に進めていくことが可能となるでしょう。それは結果として、大切な家族により多くの幸せをもたらすことになるはずです。

 

経営者の視点ということは、例えば「今ある土地や不動産を地域社会のニーズに応じて運用し、所得を拡大して後継者に引き継いでいく」などのように目標をはっきりさせること、そして、それらの目的を遂行するために役員となった親族等が責任をもって対策にあたるということが挙げられます。

まずは個人資産の「棚卸し」を

マネジメントの視点から相続税対策を進めるうえで必要なのは「株価対策」と法人以外の個人資産の「棚卸し」をし、個人保有資産の現状分析を行うことです。

 

分析対象となる具体的な資産としては、現金・預貯金、土地・建物などの不動産、有価証券、家庭用財産、生命保険金等の財産が挙げられるでしょう。

 

これらの財産がどれだけあるのかを確認したら、続いて、大まかで構いませんから、相続税の試算を行ってみましょう。その結果、相続税が全くかからないことが分かれば、納税資金を用意する必要がなくなる、すなわち納税資金対策を行う必要がなくなるかもしれません。

 

一方、相続税がかかることが明らかになれば、納税資金の準備や相続税の負担を減らすことを目的とした対策方法を具体的に判断することが求められることになります。

 

仮に、現預金だけで納税資金を確保できるとしても、そのすべてを相続税に充ててしまってよいのかは慎重に検討する必要があります。相続人の中には生活力の乏しい人もいるでしょう。現預金を相続税の支払いのために使い果たしてしまうことには、不安があるはずです。ほかに納税資金を確保する方法はないか、相続税をより減らせる方法はないか、多面的にあらゆる可能性を考えてみましょう。

 

これらの対策を検討する過程では、家族全員が胸襟を開いて率直に意見をぶつけ合うことが望ましいといえます。少数の者だけで独りよがりに対策を進めてしまうと、ほかの家族には不信や不安が生まれ、後々、相続が円滑に進まなくなる原因となり、相続税の申告・納付に悪影響を及ぼすことになるかもしれません。

 

なお、株価対策は設立した法人の中で行うことですが、個人資産の相続対策を同時に行わないと効果が発揮できないので注意が必要です。

本連載は、2014年11月27日刊行の書籍『地主の相続財産は法人化で残す』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

小澤 豊

税理士法人ティーアンドエス 会長

1950年生まれ。1983年に埼玉県上福岡市で税理士登録開業し、1995年から川越市に事務所を開設。2010年、税理士法人ティーアンドエス設立。 埼玉県内で30年以上税理士として活躍し、特に都市近郊の地主に向けた相続税対策については知識・経験が豊富。

著者紹介

川本 泰正

税理士法人ティーアンドエス 所長

1966年生まれ。平成元年、慶応大学経済学部卒業。その後、海外留学をし、一般企業にて国内海外の不動産開発にかかわる。 平成8年、税理士試験合格。平成11年、さいたま市にて税理士登録開業。

著者紹介

連載法人化で相続税から守る「地主」の財産

地主の相続財産は法人化で残す

地主の相続財産は法人化で残す

小澤 豊,川本 泰正

幻冬舎メディアコンサルティング

相続税をできるだけ節税したい、遺産分割で家族がもめてほしくない――。地主にとって相続は、頭の痛い問題です。多くの地主の相続財産は、現金ではなく土地が大半のため、いざ相続になったときに預貯金だけでは相続税を支払い…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest