銀行口座開設のハードルとなる香港のマネロン規制とは?

銀行口座の開設にあたっては、香港においてもマネロン防止のための規制が設けられています。求められる本人確認書類と合わせて見ていきましょう。

香港のマネロン規制は日本より厳しい!?

前回は、香港で資産運用を行う上で一般的に利用される金融機関の種類について解説しました。取引をする金融機関が決まると次は口座開設となります。最近は口座を開けるだけでも大変、といった話を耳にしますが、これは資金洗浄(マネロン)のリスクと密接に結びついています。


香港は世界有数のオフショア金融センターであり、今後も外に向かって開かれた市場として成長し続けることが見込まれます。こうした香港の金融市場としての特徴は同時にマネロンのリスクにさらされやすい、ことも意味しています。

 

そうした状況から、香港政府はマネロン防止のための法制を整備し、それらの法令の下に香港金融管理局(HKMA)はマネロンに関する指針(Guideline on Anti-Money Laundering and Counter-Terrorist Financing)を定め、継続的な優先課題として金融機関に対して高いレベルの顧客及び取引審査態勢を整備することを義務付けています。香港のマネロン規制は場合によって日本よりも厳しいと考えられています。

 

上述のHKMAの指針に基づいて香港の金融機関は大きく分けて、顧客の口座開設にあたっての入り口の審査と、口座を通じた取引を継続的に審査する態勢を整えています。口座開設審査においてはまず顧客の本人確認が行われます。

英語・中国語以外の書類はNGの金融機関も

個人口座の本人確認審査に一般的に必要とされる書類は、香港居住者についてはHong Kong IDと呼ばれる身分証明書、加えて永住者でない場合はパスポート、居住する住所を確認できる書類となります。居住地の確認書類は公共料金領収書や金融機関からの月次報告書といったものがよく使われています。

 

香港域外に居住の顧客についてはパスポートと居住する住所を確認できる書類が必要となります。香港域外の顧客の居住地確認は運転免許証といったものが使われることがありますが、注意を要する点として、香港の公式言語が英語と中国語であることから、書類の表示言語が英語・中国語以外の場合は然るべき能力をもった者が英語または中国語に翻訳したものが必要となることがあげられます。

 

こうした外国語の書類の取り扱いは各金融機関によってまちまちで、それらの外国語に対応できる者を従業員として抱える等して外国語の書類を受け付ける金融機関がある一方で、英語・中国語以外の書類は受け付けない金融機関もあります。

本稿は、個人的な見解を述べたもので、NWBとしての公式見解ではない点、ご留意ください。

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス銀行) Executive Director & Chief Marketing Officer

Citigroup日本及び米国において証券・カストディ部門で様々な要職を歴任し、2001年からCitibankニューヨークにてプライベートバンク部門日本デスクのヘッドに就任。2004年、HSBCに移り、HSBC東京にてプライベートバンキング本部長就任。2009年よりHSBC香港でマネージングダイレクターとなり、プライベートバンク部門日本デスクヘッドに就任。30年以上に及ぶグローバルな金融機関での経験を経て、2013年11月より香港においてNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス銀行)のCAOに就き、NWBのオペレーション全般のプロセスやプラットフォームの整備・開発に従事。2015年7月より現職。上智大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載知っておきたい「香港」金融サービス最新事情

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月08日(土)
内容

・トランプ大統領誕生!2017年のマーケット展望

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年05月13日(土)
内容

・トランプ大統領誕生!2017年のマーケット展望

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧