生命保険 相続専用保険
連載絶対後悔しない「保険選び」のノウハウ【第17回】

女性が「早期に」加入を検討すべき保険とは?

死亡保険健康保険

女性が「早期に」加入を検討すべき保険とは?

前回は、単身者や専業主婦だからこそ、保険加入を早めにするべき理由を説明しました。今回は、女性が「早期に」加入を検討すべき保険とは何かを見ていきます。

家族の将来にとって重要な役割を果たしている女性

前回の続きです。仮に、奥様が「役に立つ保険」に加入していたとしましょう。その保険金で、ベビーシッターを雇ったり、家事をアウトソーシングしたりといった負担増に備えることができます。

 

たとえ両親など親族に頼ることができたとしても、保険金という金銭的なバックアップがあることは決して無駄ではありません。親世代はいつまでも元気なわけではなく、孫の面倒を見るのが体力的に辛くなるときも必ずありますから、そのような場合も保険金を活用すればアウトソーシング等の外部の力を借りることが可能になるでしょう。

 

女性の場合、「家計を支えるわけではないから死亡保険は葬式代が出ればいい」程度に考えている人がたくさんいます。しかし、決してそうではないことがわかってもらえたでしょうか。女性だからこそ、家族の将来にとってとても重要な役割を果たしているのです。その不在を補うのは、並大抵のことではありません。

 

決して葬式代レベルで保険を考えることなく、ご主人と同様に家族を支える存在であることを念頭に置いて保険加入を検討してください。

安心して妊娠・出産をするためには・・・

そしてもう一つ、女性にとって保険加入を早期に検討してほしい理由があります。それは女性ならではの理由によって、保険に加入できなくなってしまう可能性があるからです。

 

女性が妊娠した場合、基本的に保険には加入できなくなります。妊娠は病気ではありませんが、出産はどうしても生命に関するリスクが高くなります。したがって、ほとんどの保険が妊婦の加入を認めていません。

 

もちろん、数ある保険の中には妊婦の加入を認めているものもありますし、出産が終わればその後は通常の人と同様に加入条件さえ満たせば加入可能な保険もあります。

 

ところが、妊娠する前に保険に加入さえしていれば、出産時に何かあったときにも保障の対象となります。医学は進歩しましたが、出産時における生命のリスクは依然として存在します。ましてや晩婚化によって出産年齢が高くなっているため、母体にかかる負担も大きく、出産時のトラブルも考えられます。

 

また、現在5人に1人が帝王切開での出産と言われており、その数は年々増加しています(厚生労働省「平成22年度我が国の保健統計」医療機関における分娩件数と帝王切開娩出術割合の年次推移)。

 

帝王切開による出産は自然分娩より入院日数が増えます。自然分娩の場合、出産後4、5日で退院できますが、帝王切開の場合は1週間から2週間ほどの入院が必要になり、その分入院費がかさみます。

 

もちろん帝王切開による出産も自然分娩と同様に健康保険が適用されますが、妊娠前に医療保険に加入しておけば帝王切開の手術や入院については医療保険が給付され、その分で出産費用の自己負担分をカバーすることもできます。

 

したがって、将来妊娠・出産の予定がある女性は、妊娠する前に保険に加入しておいたほうが、安心して出産に備えることができるでしょう。

 

また、健康診断で女性特有の病気、特に乳がんや子宮系の指摘が入ってから、保険加入の相談にいらっしゃる女性もいますが、このケースも先に説明した通り、健康診断で指摘された段階ですでに加入できる保険の選択肢は狭まってしまい、限られた保険からしか選べなくなります。

 

それに、最近は年齢差があるカップルの結婚も珍しくはありません。特に男性が女性よりも大幅に年齢が高い場合、日本の男女の平均寿命を考えると、ご主人が亡くなった後の奥様のその後の人生の長さを考慮して保険に加入する必要もあるでしょう。

 

老若男女、既婚・未婚を問わず、誰もが保険に加入して将来に備えてほしい、私がそう考える理由がわかっていただけたでしょうか。

誰しもまた、いつ家族を残して死ぬか分からない・・・

人間、死なない人はいません。このようなことを断言するのもどうかと思いますが、私も、皆さんも、生まれたからには必ず死ぬ日がやってきます。

 

「自分はまだ若いから大丈夫。死ぬなんて考えられない」と思うかもしれませんが、皆さんと同い年や年下の人が、今日も世界のどこかで、日本のどこかで命を落としています。死なない人はいません。そしていつ死ぬかは誰にもわかりません。それは誰にとっても平等に言えることです。

 

もしかしたら今日かもしれないし、明日かもしれません。1年後か、10年後か、それだけは誰にもわからないのです。だとしたら、一刻でも早く保険に加入するべきです。皆さんとご家族の将来を守ることにつながるのですから、後回しにしていいはずがありません。

 

若くて健康なうちなら、多くの選択肢の中から選ぶことができます。その反対に、歳をとればとるほど、保険加入のハードルは高くなり、選択肢も狭まっていきます。少しでも条件が良いうちに、皆さんとご家族の将来を守る保険に加入されることをすすめます。

本連載は、2015年6月26日刊行の書籍『死亡保険金は「命の値段」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉山 将樹

110ホールディングス株式会社 代表取締役
株式会社ほけんの110番 代表取締役
一般社団法人 保険代理店協議会 理事 

1970年生まれ。東京都港区在住。20代は建築設計、30代半ばまでは住宅セールスと住宅業界に身を置き、35歳より保険業界へ。外資系生保にて新人賞、TOPアドバイザー等多数のコンテストに入賞。その後39歳で株式会社ほけんの110番に参画、関東支社長・営業本部長・常務取締役を歴任。
2015年6月現在、北海道から沖縄まで全国90拠点以上を展開している。「with you 1-10―あなたのために1から10まで」をキャッチフレーズに全国を疾走中。

著者紹介

連載絶対後悔しない「保険選び」のノウハウ

死亡保険金は「命の値段」

死亡保険金は「命の値段」

杉山 将樹

幻冬舎メディアコンサルティング

命とお金に関わる保険は、生きている限りほとんどの人にとって必要不可欠な金融商品ですが、近年、その種類や保障内容が多様化・複雑化しています。加入者は要望に合わせて自由に保険を選べるようになったものの、その選び方や…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest