生命保険 相続専用保険
連載絶対後悔しない「保険選び」のノウハウ【第6回】

自分にとっての「良い保険」と「悪い保険」の見極め方

死亡保険

自分にとっての「良い保険」と「悪い保険」の見極め方

前回に引き続き、「本当に良い保険」の条件を見ていきましょう。今回は、悪い保険の条件も併せてご紹介します。

金融庁が認可している以上「悪い保険」は存在しない!?

前回、良い保険の条件を紹介しました。今回は逆に、「悪い保険」の条件を説明しようと思いますが、そもそも、悪い保険などというものはこの世に存在しません。

 

保険会社の監督官庁は、銀行や証券会社と同じ金融庁です。これは保険が金融商品であることを示しています。そして金融商品である保険は、すべての商品が金融庁の認可を経て募集されています。

 

お客様と保険の申込書を交わすこと、一般的には「販売」と呼ばれる行為を、保険業界では「募集」と言うのですが、金融庁が定める一定の基準を満たしている保険でなければ募集することができないのです。

 

言い方を変えれば、認可を得ている以上、「悪い保険」は存在しません。

保険料が高くても、家族の要望を叶えるのが「良い保険」

では、良い保険とはどのような保険を指すのでしょうか。

 

ひと言で言えば、お客様が作り上げる保険。お客様の「想い」が満たされている保険です。ですから、皆さんの「想い」ですべての保険が良い保険にもなり、悪い保険にもなるのです。

 

どんなに保険料が安くても、どんなに高額の保険金が約束されていても、自分の要望を満たしていなければ良い保険とは言えません。

 

保険料と保険金には正の相関関係があります。個別の保険商品によって多少の差はありますが、保険金の額を高く設定すれば、必ず保険料も高くなります。したがって保険料を安くすれば、保険金の額も下がる可能性があります。

 

もう一つ保険料を安くする方法として、保障対象を減らすという考え方もあります。例えば、死亡保険をやめて医療保険だけにしておくと、保険料の額は安くなりますが、死んでも保険金は1円も出ないことになります。

 

死亡保険は自分の死後、家族を守るものであるということはすでに説明しました。先ほどのライフプラン、デスプランで、死後、ご家族が生きていくのに5000万円が必要だったとします。そしてこの5000万円すべてを保険でカバーするために必要な保険料は、月々2万円だったとしましょう。

 

ところが、月に2万円の保険料は予算オーバーだと判断した皆さんは、保険金が3000万円の死亡保険に加入することにしました。これなら、毎月の保険料も1万8000円となり、何とか予算内です。

 

さて、皆さんが突然の事故で死んでしまったとします。死亡保険金として支払われるのは3000万円です。本来は5000万円が必要なはずですから、残りの2000万円をどうするかが問題です。

 

仮にご主人が亡くなられた場合、奥様が働けば何とかなると思うかもしれません。しかし、もし子どもが小さかったらどうでしょう。

 

小さな子どもを抱えて女性が充分な収入を得るのは至難の業です。突然子どもが熱を出したりして仕事を休まなければならなくなったり、残業ができなかったりと、正社員でも、非正規雇用の場合でも、収入は不安定になりがちです。収入の足りない分を稼ぐために、いくつもの仕事を掛け持ちしなくてはならないということも考えられます。

 

果たして、奥様がそのような苦労をする可能性があることをわかったうえで、皆さんは保険金の値段を下げたのでしょうか。おそらく、そこまで考えてはいないでしょう。単純に毎月の保険料が2000円安くなることしか見ていなかったはずです。

 

しかし、その2000円の理由がわかっていれば、皆さんの死後に奥様が必要以上に苦労することはなかったかもしれません。

 

このように言ってはなんですが、2000円です。家計を切り詰める前に「使途不明金」はありませんか? そんなに無理をしなくても、アッと思うこともあるはずです。何より「命の値段」です。

 

当然、今の話は例え話ですから、誰もが2000円を捻出すればいいという話ではありませんが、考え方として上乗せする金額と、残された家族の将来がどうなるか、そのことについて一度考えてみてほしいのです。

 

残された家族の幸せを考えるのなら、どちらを選択すべきか。よく考えてみてください。奥様の苦労を少しでも減らし、安心と安定が手に入るのなら、少しぐらい予算をオーバーしても5000万円という要望を満たした保険に加入するほうがよいのではないでしょうか。

 

ライフプランを考えるときに、残された家族が経済的に不自由なく生活することを考えていれば、このような保険は選びません。デスプランにおいて、これまでの生活水準がキープできるように保険を考えることができます。

 

もちろん、考え方は人それぞれですから安い保険を選ぶという人もいるでしょう。納得したうえでなら問題はありません。しかし、安易に保険料の安いほうを選ぶと、いざというときになって「思っていたよりも保険金が少ない」、もしくは「保険金がまったく出ない」こともあり得ます。

 

そうなると、せっかく加入した保険が役に立たない保険になってしまいます。

 

先ほどから述べている「役に立たない保険」、これこそが言うならば「悪い保険」です。支払ってきた保険料が無駄になってしまうのですから、それ以外に言いようがありません。そう考えれば、すべての保険が「良い保険」にも、「悪い保険」にもなり得ることがわかるでしょう。

本連載は、2015年6月26日刊行の書籍『死亡保険金は「命の値段」』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉山 将樹

110ホールディングス株式会社 代表取締役
株式会社ほけんの110番 代表取締役
一般社団法人 保険代理店協議会 理事 

1970年生まれ。東京都港区在住。20代は建築設計、30代半ばまでは住宅セールスと住宅業界に身を置き、35歳より保険業界へ。外資系生保にて新人賞、TOPアドバイザー等多数のコンテストに入賞。その後39歳で株式会社ほけんの110番に参画、関東支社長・営業本部長・常務取締役を歴任。
2015年6月現在、北海道から沖縄まで全国90拠点以上を展開している。「with you 1-10―あなたのために1から10まで」をキャッチフレーズに全国を疾走中。

著者紹介

連載絶対後悔しない「保険選び」のノウハウ

死亡保険金は「命の値段」

死亡保険金は「命の値段」

杉山 将樹

幻冬舎メディアコンサルティング

命とお金に関わる保険は、生きている限りほとんどの人にとって必要不可欠な金融商品ですが、近年、その種類や保障内容が多様化・複雑化しています。加入者は要望に合わせて自由に保険を選べるようになったものの、その選び方や…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest