不動産 国内不動産
連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」【第31回】

ゲスト獲得のための「問い合わせ・予約」への対応法

Airbnb民泊

ゲスト獲得のための「問い合わせ・予約」への対応法

前回は、airbnb物件でもコストをかけた「リノベーション」が必要な理由を説明しました。今回は、ゲストを獲得するための、問い合わせ・予約への迅速な対応の仕方について見ていきます。

Airbnbに「慣れていない」ゲストも常に想定

ゲストからの問い合わせがあったとき、迅速丁寧に回答するというのも、予約を取り逃がさない上で大事なことです。

 

Airbnbでは原則、物件ページを見て気に入ったからといって、いきなりの予約はできません。予約の前には必ずホストに連絡を取り、条件の確認や擦り合わせをする手順を踏まなくてはなりません。

 

つまり、サイトに物件の掲載をして最初にやることは、ゲストから寄せられる問い合わせへの対応になります。問い合わせで最初に寄せられる質問は基本的に一緒です。最初のメッセージは、大体ゲストの簡単な自己紹介と、「あなたの物件に泊まりたい。空いていますか?」という質問です。

 

こうした質問はページに書いてあるため見れば分かりそうなものなのですが、まだAirbnbの使い方に慣れていないゲストも多く、「念のため直接聞く」という人が少なくありません。また、直前の予約になると、カレンダー上では予約不可能となっていても、お願いすれば稀に融通してもらえることがあるので、一か八かで問い合わせてくる人もいます。

 

マルチポストと言って同じ質問文をコピー&ペーストで目ぼしい物件にまとめて送っているゲストもいます。1件1件の詳細ページを読まずに、複数の物件に同時に問い合わせをかけているのです。

ライバルに差をつける「面倒くさがらない」対応力

ホスト側からすると分かりきった質問をされたり、同じような質問を何度もされたりすると面倒くさくなってしまいがちですが、こういうときこそ迅速かつ丁寧な返事をするべきです。煩わしいのはほかのホストも同じ。だからこそ、ライバルに差をつけるためにも質問を無視したり、適当な回答をしたりはしないようにしてください。

 

以下、ゲストから最初に寄せられる質問の例をまとめます。

 

【手続きについて】
・チェックイン時間が変更可能かどうか
・鍵の受け渡し方法/自動チェックインの場合、鍵のある場所はどこか
・宿泊途中での人数の追加は可能かどうか

 

【環境について】
・周辺道路からの騒音の程度
・インターネットの環境、モバイルルーターの有無
・洗濯機、乾燥機の有無

 

【周辺について】
・周辺の観光地の情報、商店街の情報、お勧めの飲食店
・最寄り駅までのアクセス、所要時間
・空港からのアクセス

 

たとえば、「鍵は自動受け渡しです」とページに明記していても、Airbnb初心者のゲストだと、鍵は手渡しするもの、または必ずホストが出迎えるものだと思っている場合があります。これはトラブルの元になるため、必ずキーボックスを使った自動チェックインであることを伝えておきましょう。

本連載は、2015年12月11日刊行の書籍『中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

小沢 吾亘

リスクマネジメントグループ代表
株式会社リスクマネジメント・アルファ代表取締役
株式会社エース管理取締役 

1970年8月23日愛知県蒲郡生まれ、蒲郡育ち。27歳のとき、外資系保険会社にヘッドハンティングされ転職。2002年、31歳で独立開業。その後、株式会社リスクマネジメント・アルファを設立。不動産を扱う業務が増えたため、不動産売買仲介を行う株式会社エース管理を設立する。

著者紹介

町田 龍馬

Zens株式会社 代表取締役

1987年長崎県諌早市生まれ。17歳でニュージーランドに渡り、オークランド工科大学ビジネス学部卒業後、共同購入クーポンサービスで起業、その後株式会社トーチライトを経て2011年6月に株式会社Zen Startupを共同創業し、2013年8月に北米市場向けFacebook解析ツール「ZenMetrics」を開発・マーケティングを行う。2014年、自身がAirbnbホストになったことをきっかけに8月よりAirbnb内装・運用代行サービスを開始。

著者紹介

連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」

中古アパート・マンションが生まれ変わるairbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが生まれ変わるairbnb空室物件活用術

小沢 吾亘・町田 龍馬

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年“サラリーマン大家”という言葉が定着してきました。年功序列や終身雇用制度が崩壊し、将来に不安を抱えるサラリーマンが安定した資産を築く手法として注目しているのが不動産投資です。こうしたサラリーマン大家の大…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest