フィリピンで「プレビルド」物件を購入する際の流れ

前回は、外国人の不動産購入を抑制するフィリピンの外資規制などを説明しました。今回からは、「プレビルド」物件を購入する際の流れについて見ていきます。

日本の不動産購入と異なる点を理解する

物件選び

フィリピン不動産の基本的な部分を理解できたら、実際に物件購入の流れを見ていきましょう。プレビルドは空の状態から販売の看板を出して販売します。そのためターンオーバー(竣工)まで3~5年かかります。

 

 

この長い期間の中で、分割購入であれば支払いがあり、融資を利用するのであれば、銀行交渉、契約と、対応すべきことがいくつもあります。ここからは、支払いも含めた、購入から引き渡しまでの流れを解説します。

 

特別に難しいことはありませんが、日本での不動産購入とは変わってくる部分がありますので、是非しっかり理解してください。

購入物件はできるかぎり現地で確認を

物件選びは、購入できる価格帯を決めることからスタートします。自己資金はどれくらい用意できるのか。また、ローン使用の有無などから購入する物件の価格帯を計算して、自分の購入できる価格帯の物件から選んでいくことになります。

 

私たち仲介業者は販売されているコンドミニアムの情報を集めています。そういった地域に詳しい業者から物件情報を入手して、物件のモデルルームやその特徴、立地、どんな賃貸需要があるのかを見極めて購入を決めます。

 

また、購入前には必ず現地へ行って目で確認することをお勧めしています。現地調査に出向く際は、売買仲介の会社に連絡を入れてアテンドをお願いしましょう。もしくは、数は少ないですが、私たちの会社のように定期的に現地ツアーを開催している業者のツアーに参加して物件選びを行うのも手です。

 

 

■事前に決めるべきこと
・予算
・購入する物件の価格帯
・融資の使用の有無
・立地(ターゲット)
・銀行ローン
・出口(売る)タイミング

本連載は、2016年2月27日刊行の書籍『億万長者になりたければ、フィリピン不動産を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「フィリピン不動産投資」が資産形成に最適な5つの理由

株式会社ハロハロホーム Founder

1979年、愛知県生まれ。大原簿記専門学校卒業後、アパレル会社での勤務をへて、2000年、同業種で独立。同年自社ブランドを立ち上げ、卸、直営店舗を展開。その後、海外生産拠点を背景にOEM事業を開始。2005年にフィリピンに行き、1人のタクシードライバーに人生の生き方を考えさせられ、同地にて為替&アテンドビジネスをはじめ、もともとの事業を売却。その後、2007年にコンサル会社、2009年にPR会社を設立。2010年にフィリピンでオフショアのシステム会社を経営するO氏と出会い、同年Hallohallo incの立上げに従事する。

2014年にHallohallo Home incを立ち上げ、Hallohallo Assets、System、Travel、WebTV、Design、Builder、Exercise、Life、School、Maintenance、Architect、Salon、Clinic、Spaやストリートチルドレン復学プログラム等、多くの新規事業をアライアンス事業として立ち上げる。

著者紹介

ハロハロホーム マニラ本社 Director

ハロハロホームは、フィリピンのメトロマニラ首都圏のビジネス中心地マカティ市に本社を構え、フィリピン不動産投資や、フィリピンの土地販売を手がける企業。賃貸仲介サイトの運営、不動産管理、メンテナンス、内装、転売のサポートなど、購入・管理・売却まですべて対応できる強みを持つ。

著者紹介

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

億万長者になりたければ、 フィリピン不動産を買いなさい

鈴木 廣政・渡辺 頼子

幻冬舎メディアコンサルティング

止まらない人口減少、オリンピック相場の反落、不動産市場の縮小――国内不動産暴落のXデーは、刻一刻と近付いています。これを裏付けるように、事実、家賃下落や空室率上昇などの問題は年々深刻化しているのです。そんな中で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!