政府主導の人口増加政策で活況を呈する豪州の不動産市場

オーストラリアでは人口増加に伴う住宅不足により、不動産市場も当面の間は活況を維持すると見られています。ここでは、オーストラリアの現状や基本となる不動産投資スタイルなどについて見ていきます。

恒常的な住宅不足は社会問題のひとつ

オーストラリアは、出生奨励・移民政策によって人口を増やす政策を積極的に展開しており、その結果、人口は過去10年間において平均2.3%で毎年増加しています。また、オーストラリア政府の試算によると、2050年には現在の2,350万人から4,000万人に増加するとされています。 

 
こうした人口増加を背景として住宅市場は常に活気がある一方で、恒常的な住宅不足が続いており、これは社会問題にもなっています。HIA(住宅産業協会/豪州最大手)が2010年に発表した資料によると、適切な処置がとられない場合、2020年までに15万戸の住宅が不足するとのことです。 

 
オーストラリア最大の観光地・ゴールドコーストを擁するクイーンズランド州においては、他州からの人口流入も著しく、増加率は国内でも常にトップクラスで、2050年には現在の474万人から870万人に増加すると見込まれています。同州においても恒常的な住宅不足という状況は変わりません。 

 基本の投資スタイルは「賃貸しながら値上がりを待つ」

市場に出回っている住宅の価格帯は様々ですが、RPDATA(不動産調査会社/豪州最大手)によると、最も売れている価格帯は400,000豪ドル(約4,000万円)~600,000豪ドル(約6,000万円)となっています。例えば、ゴールドコースト地区の場合、売買数の実に半分をこの価格帯が占めています。 

 

日本人のような外国人が購入できる住居用不動産は新築のみです。オーソドックスな投資スタイルとしては、新築のコンドミニアムや一戸建てを購入し、家賃収入を得ながら将来の値上がりを待つということになります。

 

この他にも様々な投資スタイルがありますが、それらは今後ご紹介していきます。

この連載は、2014年11月20日に掲載された、カメハメハ倶楽部のコラムを再編集したものです。本連載はコラム掲載当時の法令等に基づいて作成しており、今後変更される可能性もあります。

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外移住」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載資産防衛&移住で根強い人気「オーストラリア不動産」投資の魅力

株式会社ワイドエステート(クィーンズランド州公認不動産業者) 代表

1987年に移住目的でオーストラリアに渡る。 1989年以降、日系の不動産コンサルタント会社、不動産開発&投資会社の取締役、また大手オーストラリア不動産会社の日本事業部の上級コンサルタントを歴任した後、1997年に株式会社ワイドエステートを設立。同社は総合不動産会社として、リゾート物件、収益不動産、店舗&オフィスビル、開発用地の仲介&売買に加え、現在、シンジケートによる収益不動産買収&住宅開発分譲事業も展開中。クィーンズランド州不動産業キャリア歴26年。オーストラリアで日本のバブル絶頂期をも体験した数少ない日本人コンサルタント。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧