相続・事業承継 事業承継 事業再生
連載引き継いだ赤字企業の「再生」術【第2回】

「超長期による返済」はリスケの特別バージョン

リスケジュール超長期

「超長期による返済」はリスケの特別バージョン

今回は、前回解説した4つの具体的な私的整理の再生戦略の中から、①「超長期による返済」について具体的に見ていきます。

「その場しのぎのリスケ」とは異なる

①超長期による返済は、債権者と債務者が返済条件について合意し直し、超長期で債務を返済する手法です。リスケジュール(リスケ)のいわば特別バージョンといえるでしょう。すなわち、通常のリスケは、返済期間が延長されるとしても5~7年程度です。この「超長期による返済」では、その期間をさらに延ばしてもらい、少なくとも10年以上にしてもらいます。

 

リスケそのものは、債務の減免を伴わないため、ただそれだけを行うのでは、財務面の改善効果はさほど期待できません。安易なリスケは経営者に甘えをもたらし、かえって事業再生の妨げになる危険性があります。

 

また「超長期による返済」は、その場しのぎのリスケとは異なり、経営者が確固たる意思をもって経営改善に取り組むことを前提として、初めて金融機関に認められるものです。したがって、金融機関を十分に納得させられるだけの綿密な再生計画を作成する必要があります。

 

そして、返済が猶予されている期間に再生計画に従って確実に事業を立て直し、赤字体質から黒字体質へと企業の中身を改善させ、持続的に得られるようになった収益によって債務を完済することを予定しているのです。

「肩代わり」の手法を活用して効率アップも可能

しかも、「超長期による返済」では、債権の格付けの見直しも同時に行われることが期待できます。金融機関は、一般に債権を、債務者の状況に応じて以下のような形で格付けしています。

 

①破綻先 法的・形式的な経営破綻の事実が発生している。

②実質破綻先 法的・形式的な経営破綻の事実は発生していないものの、深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない状況にあると認められるなど実質的に経営破綻に陥っている。

③破綻懸念先 現状、経営破綻の状況にはないが、経営難の状態にあり、経営改善計画などの進捗状況が芳しくなく、今後、経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる。

④要注意先 金利減免・棚上げを行っているなど貸出条件に問題がある、元本返済もしくは利息支払いが事実上延滞しているなど履行状況に問題があるほか、業況が低調ないしは不安定または財務内容に問題があるなど、今後の管理に注意を要する。

 

※要注意先は、さらに以下のように要管理先とその他要注意先に分かれる。
●要管理先 要注意先のうち、3か月以上延滞または貸出条件を緩和しているもの(債権の全部または一部が金融再生法に定める要管理債権である)
●その他要注意先 要注意先のうち、要管理先以外のもの

 

⑤正常先 業績が良好であり、かつ、財務内容にも特段の問題がない。

 

リスケ中の企業は債権の格付けが「要注意先」や「破綻懸念先」などに分類されているはずです。しかし、「超長期による返済」を認めてもらえれば、自社の格付けを、正常先に戻してもらえる可能性が生じるのです。そうなれば、既存の債務の弁済を猶予してもらえるだけでなく、新たな資金の融資を得ることも期待できるでしょう。

 

そして、その資金を利用することによって、事業の再建を大きく前進させることが可能となるのです。さらに、「超長期による返済」は、あわせて「肩代わり」の手法を活用することで、よりその効果をアップさせることもできます。

 

「肩代わり」とは、現在の金融機関から他の金融機関に借入れを付け替えることをいいます。メインバンクがある場合には、複数ある金融機関の借入れをメイン銀行がすべて肩代わりし、同時に毎月の返済額を減らすことになるでしょう。

 

このような「肩代わり」によって貸し手が絞られる結果、事業再生のために必要となる債権者との交渉をよりスムーズに進められるようになるはずです。

本連載は、2014年10月25日刊行の書籍『引き継いだ赤字企業を別会社を使って再生する方法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

高山 義章

株式会社スペース 代表取締役兼CEO

1954年東京都生まれ。三井不動産販売退職後、祖父が大正12年に中野で創業した「山一不動産」の3代目に就任。バブル崩壊とともに300億円の負債を背負いながら、事業再生に奔走する。1996年「スペース」を創設し、「山一不動産」の営業権譲渡を行うことで、先代からの基盤を守り、社員を切り捨てることなく事業再生させた。現在はこの時の自身の経験を元に、同じような悩みを抱える中小企業経営者の相談に乗り、専門家チームのメンバーとして、ボランティアでアドバイザーも務めている。中野区観光協会準備会メンバー。一般社団法人中野区観光協会監事。

著者紹介

連載引き継いだ赤字企業の「再生」術

引き継いだ赤字企業を別会社を使って再生する方法

引き継いだ赤字企業を別会社を使って再生する方法

高山 義章

幻冬舎MC

中小企業の資金繰り悪化の対応策として時限立法として成立した法案、「金融円滑化法」が終了した。現在のところ、これにより目立った動きはないものの、この先いつ債権者が債権処理に動き出してもおかしくはない。そうなれば日…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest