相続・事業承継 M&A 事業承継
連載従業員も安心できる会社の「高値売却」テクニック【第1回】

中小企業のM&Aで使われる代表的な三つの手法とは?

新連載株式譲渡事業譲渡第三者割当増資

中小企業のM&Aで使われる代表的な三つの手法とは?

後継者問題に悩むオーナー経営者にとって、親族や従業員以外の「第三者への事業承継」、いわゆるM&Aも選択肢のひとつです。本連載では、M&Aを検討する際に知っておきたいことや、上手に売却する方法などを紹介していきます。連載第1回は、M&Aの代表的な手法について解説します。

第三者への事業承継が年々増加する理由

オーナー経営者にとって、後継者問題は最大の悩みといってもいいほど深刻になってい
ます。かつては、息子や娘などに事業承継をするケースが8割を超えていましたから、そ
れほど悩まずとも後継者に譲ることができたでしょうが、最近では少子化もあって、譲る
べき息子や娘がいないというケースが増えてきました。

 

[図表1] 親族内事業承継が減っている

 

かわって増えているのが、親族外の役員や従業員あるい第三者への事業承継です。第三者への事業承継とは、いわゆるM&Aです。M&Aとは、「Mergers(合併)and Acquisitions(買収)」(マージャーズ・アンド・アクイジションズ)で、複数の企業を統合したり、第三者の企業が株式や事業を買い取ることを意味します。

 

この連載では、M&Aを検討する際に知っておきたいことや上手に売却する方法などを紹介していきますが、その前にM&Aの基本について簡単に触れておきましょう。一口にM&Aといっても、さまざまな手法があります。

「従業員のため」という思いが逆効果になる場合も・・・

主なものを[図表2]にまとめましたが、オーナー経営者(株主)が受け取る対価やM&A後の会社の組織などに違いが生じます。この中で中小企業のM&Aでよく使われるのは「株式譲渡」「事業譲渡」「第三者割当増資」です。

 

株式譲渡はオーナー経営者の保有している会社の株式を第三者に売却し、その代金をオーナー経営者が受け取るという方法です。M&Aの手続きが簡単で早い、譲渡益に対する税率が低いなどのメリットがある一方で、買収者は不要な資産や簿外債務等も引き継がなければならないので、そのようなものがある場合には、売却がしにくいなどのデメリットがあります。

 

事業譲渡は、会社の事業のうち、特定の事業のみ売却をする方法です。買収する側は、簿外資産、簿外負債を引き継がないため買収しやすいなどのメリットがある一方で、個別の資産、取引ごとに譲渡の手続きを行わなければならないため、手続きが煩雑になるというデメリットがあります。

 

第三者割当増資は、売却企業が新たに株式を発行し、買収企業に引き受けてもらう方法です。会社に資金が注入されるため、会社の財務基盤が強化されるというメリットがあります。

 

買収企業との関係は、出資比率によって異なりますが、役員の派遣を伴うケースが多く見られます。オーナー経営者に今後も事業を継続していく意思があれば、事業譲渡や第三者割当増資という選択肢もありますが、引退を前提にした売却であれば、やはり株式譲渡という方法になるでしょう。

 

M&Aを行うと、社長が社外からやってくることもあります。役員や従業員にしてみれば、後継者がいないのであれば、なぜ自分たちの中から社長を選んでくれないのかという気持ちもあるでしょう。その気持ちを察してM&Aに踏み切れないオーナー経営者もいます。

 

しかし、後継者として任せることができる役員や従業員がいれば、オーナー経営者としてもその選択肢を考えたはずですが、そういう人がいなかったためにM&Aを考えるようになったのでしょう。

 

仮に後継者としての能力が不十分な人に経営を任せてしまえば、任せられた本人にとっても不幸ですし、いずれ会社が倒産し、多くの従業員が仕事を失ってしまうかもしれません。“従業員のため”という思いが逆効果になる可能性があることを理解しておくべきです。

 

[図表2]

本連載は、2015年9月2日刊行の書籍『財を「残す」技術』 から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

齋藤 伸市

株式会社東京会計パートナーズ 代表取締役

1960年東京都生まれ。大手損害保険会社を経て、1999年に生命保険を活用してオーナー企業の事業承継を支援するコンサルティング会社、ヒューマンネットワーク株式会社を設立、代表取締役に就任。2013年にはグループ会社として、オーナー個人の税務戦略に特化したコンサルティングを行う、株式会社東京会計パートナーズを設立、代表取締役に就任。1600人を超えるオーナー経営者や医療法人理事長を顧客とし、総合的な資産防衛のアドバイスを行っている。

著者紹介

連載従業員も安心できる会社の「高値売却」テクニック

財を「残す」技術

財を「残す」技術

齋藤 伸市

幻冬舎メディアコンサルティング

成功したオーナー経営者も、いずれは引退を考えなければいけない。そのときに課題になるのが、事業とお金をいかに残し、時代に受け継ぐかである。 保険代理店業を主軸として、オーナー社長の資産防衛と事業承継をコンサルティ…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest