資産運用 株式投資 債券投資
連載投資初心者のための「資産運用」キソ講座【第5回】

膨大な借金を抱える日本・・・「国債」の購入は本当に危険か?

日本国債CDS債券デフォルト

膨大な借金を抱える日本・・・「国債」の購入は本当に危険か?

前回は、預金と債券の違いと、債券特有のリスクを説明しました。今回は、日本国債にまつわる「誤解」について見ていきます。

日本国債の信用度は「非常に高い」

日本経済についての話題のなかで、よく日本は国の借金が膨大で、国債のデフォルト懸念があるなどといわれることがありますが、とんでもない話です。

 

もし日本国債の信用が落ちているのであれば、国債の市場価格はもっと落ちているでしょうし、金利も高くなっているはずです。しかし、実際には日本の国債は世界でもまれに見る低金利で発行されて、なおかつすぐに売れていってしまいます。ということは、日本国債の信用度は非常に高いのです。

 

2014年4月現在、日本の30年国債の金利は1.7%しかありません。アメリカの30年国債だって3.6%の金利がついているなかで、異常なほどの低利で買い手がついています。

 

多数のプレイヤーがオープンなかたちで参加している市場の反応は正直です。わずかでもリスクが高まればあっというまに投げ売りが開始されますし、メリットのある投資先には人が群がって価格が急騰します。それを考えると、日本円や日本国債の信用度はぴか一といえるでしょう。

 

ちなみに、ここでいう日本円や日本国債の信用度とは、必ずしも日本政府に国際的なリーダーシップがあることを意味するわけではありません。逆に、日本は、下手に国際紛争に首を突っ込まず、国内でも内乱やテロの起きる可能性が低いと見られているからこそ、経済的に安定していると判断され、通貨や債券の信用が高いのです。

 

そのわりには日本国債の格付けが低いなどといわれます。確かにムーディーズやS&P(スタンダード&プアーズ)などといった有名機関の信用格付けにおける日本国債のランクは、中国や韓国と並んで10位前後であり、抜群に高いとはいえません。なぜ、そのようなことになっているのでしょうか。

「CDS契約料」の安さこそが日本国債が安全だという証

そもそも、格付け会社自体の信用度に疑問符がついています。

 

2011年にS&Pがアメリカ国債を格下げしたときには、アメリカの財務省によって約2兆ドルもの計算ミスが指摘されました。粉飾決算をしていたエンロンやワールドコムに高い格付けをしていた件では、アメリカ議会で審議会まで開かれました。

 

サブプライム関連ローンのリスクも見抜けず、長いこと最上級の格付けを与えていました。それをある日、突然、投資不適格のレベルにまで格下げしたことで市場が混乱したことがリーマン・ショックの発端です。格付け会社も罪深いですが、無批判に格付け会社を信用する投資家にも責任の一端はあるでしょう。

 

格付け以外に目を向ければ、市場が日本国債を安全だと見なしている指標があります。それはCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)の契約料です。

 

現在の金融市場には、それを買う人と売る人がいる限り、ありとあらゆる金融商品が登場しています。CDSとは債券に関する一種の保険商品です。ある人が債券を購入したとき、その債券がデフォルトして紙屑になってしまうのを防ぎたいと思えば、オプションでCDSをつけることができます。

 

このCDSを契約すると、債券がデフォルトしても、CDSの売り手から利息や元本の返済を受けられるのです。CDSは買い手からいえば保険ですが、売り手からすれば、その債券がデフォルトしないほうに賭けているわけですから、かなり投機性の高い商品ともいえます。

 

このCDSの契約料は、それぞれの債券の破綻可能性によって大きく異なります。ギリシャの国債などは国債価格の90%近くを払わなければCDSの契約ができないそうですが、日本国債の契約料は国債価格の1.4%程度でしかありません。

 

この価格はフランス国債の契約料(2%)よりも低く、ドイツ国債の契約料(1%)よりも高い程度で、ごく低いものといえましょう。言い換えれば、それくらい日本国債は安全な資産だと市場から見なされているわけです。

本連載は、2014年7月29日刊行の書籍『インフレ時代の投資入門』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

杉浦 和也

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 代表取締役社長

学習院大学経済学部卒業後、1985年に野村證券投資信託委託入社。日本株式運用、総合企画、秘書室勤務を経て野村アセット・マネジメント・シンガポール、野村ブラックロックで幅広い資産運用ビジネスを経験。その後、メリルリンチ・インベストメント・マネジャーズのディレクターを経て、2002年5月に投資信託本部長としてAIG 投信投資顧問(現 パインブリッジ・インベストメンツ)入社、その後、常務執行役員投資信託本部長を経て、2011年6月から現職。日本証券アナリスト協会検定会員。

著者紹介

前野 達志

パインブリッジ・インベストメンツ株式会社 執行役員 グ ローバル・マルチアセット運用部長

慶應義塾大学商学部卒業後、1987 年に三井生命保険入社。1993年より同社英国投資顧問現地法人に勤務し、ロンドン・シティからグローバルな株式・債券投資を行う。その後、スカンディア生命保険、三井住友海上シティインシュアランス生命保険を経て、2004年にAIG 投信投資顧問入社。その後、執行役員 運用本部長兼グローバル・バランス運用部長を経て、2013 年1 月より現職。日本証券アナリスト協会検定会員およびCFA 協会認定証券アナリスト。

著者紹介

連載投資初心者のための「資産運用」キソ講座

インフレ時代の投資入門

インフレ時代の投資入門

杉浦 和也・前野 達志

幻冬舎メディアコンサルティング

仮に今、あなたに1000万円の預金があるとしましょう。安倍内閣が掲げるインフレ目標2%が今後毎年達成された場合、その預金の価値は毎年2%、つまり20万円ずつ目減りしていくことになります。預金の金利はもちろんつきますが、現…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest