相続・事業承継 相続対策
連載不動産にかかる莫大な相続税――「相続破産」の実態【第6回】

相続した不動産の評価額と実際の換金額がズレる理由

瑕疵担保責任

相続した不動産の評価額と実際の換金額がズレる理由

前回は、相続破産のリスクを高めている要因について説明しました。今回は、相続した不動産が評価額どおりに売れない理由について見ていきます。

不動産の評価額はあくまでも「机上の計算

土地を所有している人の家で相続が発生した場合には、相続税の納税資金が不足し、最悪のケースではすべての資産を失う“相続破産”の状態に陥るおそれがあります。

 

とりわけ、相続した不動産の評価額と実際の換金額の間にズレがある場合、つまりは「相続税を申告する際の評価額」と「その不動産を現実に売ったときの値段」との間に大きな差が生じた場合には、相続破産に陥る危険性が一挙に高まることになるでしょう。

 

具体例で示すと、たとえば、Aさんが、親から受け継いだ都心の一等地(甲土地)が1億円の評価額となり、その結果、他の相続した財産と合わせて最終的に5000万円の相続税を払わなければならなくなったとします。

 

このケースで、甲土地が評価額通り1億円で売れれば、Aさんは5000万円の相続税を問題なく払えるように思えます。しかし、一般論として、相続した土地が評価額通りに売れるとは限りません。

 

まず、評価額はあくまでも机上の計算によって導かれたものにすぎず、市場価格とイコールではありません。売却時の不動産市況によっては、評価額を下回る価格でしか売れないことも珍しくありません。実際、不動産バブル崩壊後には、そのようなケースが数多く発生しました。

瑕疵物件は市場価格よりはるかに安い値段が提示される

さらにいえば、「瑕疵担保責任」を問われる可能性のある不動産は、市場価格よりもはるかに安い値段でしか買ってもらえなくなります。

 

「瑕疵担保責任」とは、売却した不動産に「瑕疵」すなわち“欠陥”があったために買い主が損害を被った場合に、売り主が負う責任のことです。具体的には、損害の賠償をしたり、代金の減額に応じるなどの対応を強いられることになります。

 

不動産業者が相続人から土地を購入するような場合には、一般に、購入した土地をそのままの状態かもしくは開発・造成等をして、さらに別の第三者に売却します。もし購入した土地に問題があった場合、不動産業者は売り主として、この第三者(買い主)から瑕疵担保責35第任を追及されるおそれがあるわけです。

 

そのため、不動産業者は、通常、相続人から不動産を購入するにあたり、物件に問題がないかどうかを慎重にチェックします。そして、もし問題があることがわかれば、価格を下げるよう求めてくるはずです。

 

前回紹介したAさんのケースでも、不動産業者に売ろうとしたときに、甲土地に問題があることがわかれば、市場価格を大きく下回る金額が提示されたり、問題が解決されなければ買わないといわれる可能性があるわけです。その結果、Aさんは、相続税を納付できる資金を確保できないことになるかもしれないのです。

 

【図表 評価が下がるイメージ図】

本連載は、2016年6月30日刊行の書籍『「相続破産」を回避する地主の生前対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

加瀬 義明

株式会社湘南財産パートナーズ 代表取締役

不動産相続関連のセミナーを頻繁に行うなど相続に強い不動産コンサルタントとして精力的に活動中。宅地建物取引士はもちろん、公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士、1級ファイナンシャルプランニング技能士、ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、米国公認不動産経営管理士(CPM®)、米国公認商業用不動産投資顧問(CCIM®)、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士など数々の資格を持つ不動産・相続のプロフェッショナル。

著者紹介

連載不動産にかかる莫大な相続税――「相続破産」の実態

「相続破産」を回避する地主の生前対策

「相続破産」を回避する地主の生前対策

加瀬 義明

幻冬舎メディアコンサルティング

2015年1月から実施された相続税増税により、「資金が足りずに税金が払えない」「不動産を手放すしかない」という人が急増しています。不動産の売却によって納税資金を用意できればいいものの、「隣地との境界問題が解決できず…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest