相続・事業承継 相続対策
連載不動産にかかる莫大な相続税――「相続破産」の実態【第5回】

売れない不動産、基礎控除額の縮小・・・「相続破産」を招く要因

相続税法基礎控除額

売れない不動産、基礎控除額の縮小・・・「相続破産」を招く要因

前回は、相続で「納税資金不足」に陥る理由を検証しました。今回は、「相続破産」のリスクを高めている要因について見ていきます。

相続した不動産を納税期限までに売却するのは困難

相続した現預金だけでは相続税を支払えない場合、別の方法で納税資金を確保しなければなりません。その選択肢としては、「不動産を売却する」という手段が考えられます。実際、複数の不動産を相続した人が、その一部を売り払った代金を相続税の支払いに充てる例は珍しくありません。

 

もっとも、相続した不動産を納税期限までにスムーズに売却できるとは限りません。隣地と境界紛争になり、きちんとした測量ができずに売却困難となったり、また、市場性が悪くどうしても買い手が見つからない場合もあるでしょう。売却できたとしてもその代金が納税額に満たない可能性もあります。

 

とりわけ、見た目ではわからない地下埋設物や土壌汚染等の問題があり瑕疵担保責任を問われるおそれのある土地やバブル期に購入した別荘用分譲地やリゾートマンションのような物件は、「売れない」もしくは「安い価格でしか売れない」リスクが非常に大きくなります。運悪く、そのような売却困難な不動産を相続してしまったら、相続税を払えなくなる危険が一気に高まることは間違いありません。

相続税法の改正で「基礎控除額は大幅に縮小

土地持ちの人の家で相続が発生した場合には、相続税の負担が通常よりも重くのしかかってくることになります。しかも、その問題を、相続した不動産を売却するという方法では解決できないおそれもあります。

 

さらに、周知のように、2015年からは相続税が大幅に増税されました。その結果、今後、さらに「相続破産」のリスクがより高まることが確実視されているのです。はじめに、この相続税増税のポイントについて確認しておきましょう。

 

第一は、基礎控除額の大幅な縮小です。

 

まず、相続税を支払わなければならないのは、相続財産の総額が「基礎控除額」という一定の額を超えた場合だけになります。増税前は、この基礎控除額が「5000万円」+「1000万円」×法定相続人の数という計算式によって求められていました。したがって、相続人が子ども2人であれば、基礎控除額は5000万円+1000万円×2=7000万円になります。つまり、相続財産が7000万円を超えない限り、相続税はかからなかったわけです。

 

しかし、現在は基礎控除額が「3000万円」+「600万円」×法定相続人の数という計算式で求められています。そのために、右の例でいえば、相続財産が4200万円より多ければ相続税が課されることになるのです(図表1)。

 

【図表1 相続税の基礎控除アップ図

そして、第二のポイントは、最高税率の引き上げです。下記図表2に示したように、従来、2億円超から3億円以下は40%だった税率が45%に、6億円超は50%だった税率が55%へと5%も引き上げられてしまったのです。

 

【図表2 増税前と増税後の税率の比較】

相続税の増税により課税対象者は1.5倍に

こうした相続税増税の結果として、相続税を課税される人の数は大幅に増えることとなりました。新聞報道などによれば、平成24年の死亡者のうち課税対象となる人の割合は4.2%でしたが、平成27年は6%であり、1.5倍も増える見通しです。

 

また、前述のように相続税の最高税率がアップされたことは、とりわけ相続する財産の額が多い人を、つまりは多くの不動産を相続する人の負担を増やすことにつながるのは間違いありません。

 

そして、相続税増税により納めるべき相続税の額が増える人たちの中からは、「相続税を払うために土地を売却しようとしたが売れない」「どんなに頑張っても納税資金を確保できない」という人も少なからず出てくるはずです。

 

しかし、国はそのような人たちからも容赦なく相続税を取り立てようとするでしょう。税務署から送られてきた相続税の催告書を前にして、「こんなことなら相続なんてしなければよかった」とため息をつく――もしかしたら、そんな悲しい光景が、日本全国の土地を相続した人たちの家で繰り広げられることになるかもしれないのです。

本連載は、2016年6月30日刊行の書籍『「相続破産」を回避する地主の生前対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

加瀬 義明

株式会社湘南財産パートナーズ 代表取締役

不動産相続関連のセミナーを頻繁に行うなど相続に強い不動産コンサルタントとして精力的に活動中。宅地建物取引士はもちろん、公認不動産コンサルティングマスター相続対策専門士、1級ファイナンシャルプランニング技能士、ファイナンシャル・プランナー(CFP®)、米国公認不動産経営管理士(CPM®)、米国公認商業用不動産投資顧問(CCIM®)、マンション管理士、賃貸不動産経営管理士など数々の資格を持つ不動産・相続のプロフェッショナル。

著者紹介

連載不動産にかかる莫大な相続税――「相続破産」の実態

「相続破産」を回避する地主の生前対策

「相続破産」を回避する地主の生前対策

加瀬 義明

幻冬舎メディアコンサルティング

2015年1月から実施された相続税増税により、「資金が足りずに税金が払えない」「不動産を手放すしかない」という人が急増しています。不動産の売却によって納税資金を用意できればいいものの、「隣地との境界問題が解決できず…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

~人気書籍の編著者が明かす「相続専用保険」の活用術<ダイジェスト版>

日時 2016年12月14日(水)
講師 吉永秀史

海外不動産セミナーのご案内

国外財産にかかる相続税・贈与税の最新事情と注目集める「フィリピン永住権」の取得術

~改正議論が進む海外資産税務のポイントと東南アジア屈指の成長国「フィリピン」の最新活用法

日時 2016年12月14日(水)
講師 剱持一雄 鈴木 廣政

生命保険活用セミナーのご案内

人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

~人気書籍の編著者が明かす「生命保険」活用の基礎講座

日時 2016年12月17日(土)
講師 吉永秀史

The Latest