資産運用 債券投資
連載ロスチャイルド系運用会社のポートフォリオマネージャーに聞く「新興国債券」の運用術【最終回】

なぜブラジル債券投資の「確信度」が高いといえるのか?

長期保有ボラティリティーブラジルシンガポール

なぜブラジル債券投資の「確信度」が高いといえるのか?

ジュネーブを本拠とするエドモンド・ドゥ・ロスチャイルド。スイスだけでなく世界中の富裕層に対して個別にカスタマイズした運用サービス等を提供し、その歴史と伝統、運用実績は注目に値する。今回、同社で新興国債券・通貨の運用を担当するシニア・ポートフォリオ・マネージャーのジャン=ジャック・デュラン氏にインタビューを行った。第2回目のテーマは、ブラジル債券投資の「確信度」が高いといえる理由。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウェルス・リミテッド(NWB/日本ウェルス)のシニア・マネージャー幾田朋彦氏である。

買い手より売り手を見つけるほうが難しいケースも・・・

幾田 運用には逆張りのアプローチをとられているとのことですが、それにしても、キプロス債まで一時保有されているとは驚きました。売りたい時、買い手を見つけるのに苦労しませんでしたか?

 

ジャン 私達は長期保有を基本としています。実際のところ、買い手を見つけるより、売り手を見つけるのに苦労することがあります。そうなると、確信度の高いアイデアに従って思うように投資ができなくなるため、短期的なボラティリティの調整が重要になります。

 

日次のパフォーマンスを見ると、-3%の日もあれば、+5%の日もあります。2015年の月次パフォーマンスを見ると、最悪の月は -8%となった一方で +12%の好成績を収めた月もありました。

 

特に、過去10年においては、流動性が低下し、市場のボラティリティが高まりました。そんな中で、アップサイドのボラティリティを捉える運用を心がけています。競合他社と比べて私たちの運用するポートフォリオの成功率は平均程度ですが、市場が上昇傾向にある時は、他社よりより高い運用成果をあげる傾向にあります。

米ドル建の債務に対する支払い能力が高いブラジル

幾田 もう少し、今投資している国を例に挙げて、確信度の高い投資アイデアについてお話いただけますか?

 

ジャン では、ブラジルについてお話します。2011年にこのファンドの運用を引き継いだのですが、その時ブラジル債券を全て売却しました。その後4年間、ファンドがブラジルに関する債券を全く保有していない状態が続き、社内でも物議をかもしました。

 

ファンダメンタルズの観点からは、ブラジルはすでに景気後退のサインが出ていましたが、指数の組入比率は高く、その結果、スプレッドが非常にタイトになっていました(債券が割高になっているサイン)。

 

昨年まで、ブラジル債を購入するつもりは一切ありませんでしたが、昨年後半から、政治状況が安定し、さらに資金フローなどのテクニカル面での相場環境が好転してきました。その後、国営の石油会社ペトロブラスが対外債務として発行する債券に投資しました。

 

ブラジルの対外債務に対する引当金のレベルを見ても、 米ドル建の債務に対する支払い能力は高いと考えており、現在ブラジルに対してはかなり強い確信度を持ってタイプIIに位置づけしています。

 

幾田 では最後の質問になりますが、シンガポールにも投資されている理由をお聞かせ頂けますか?

 

ジャン シンガポールのポジションはコモディティ関連銘柄への投資を意識しています。2014年後半からコモディティ関連の銘柄に手を出すようになりましたが、ちょうどその頃、ロシアとウクライナの債券が下落していました。

 

商品価格の下落に伴って市場が不安定な中、一部の債券は実際の価値より大きく売られ、価格の割安さで魅力的が高い債券が出てきました。

 

そして、昨年になって、商品関連セクターの組入れを検討する中で投資を決めた銘柄がシンガポールの企業だったことから、ポートフォリオはシンガポールのエクスポージャーをとる運びとなりました。

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、エドモンド・ドゥ・ロスチャイルドおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

ジャン ジャック デュラン

エドモンド・ドゥ・ロスチャイルド 新興国債券・通貨/シニアポートフォリオマネージャー

ESCPヨーロッパ・ビジネススクール(旧パリ高等商業学校)卒業。2011年に新興国債券・通貨の運用を担当するシニア・ポートフォリオ・マネージャーとしてエドモン・ドゥ・ロスチャイルドに入社。新興国債券や通貨トレードの運用経験は合わせて約20年に及ぶ。
ハードカレンシー、現地通貨、国債、社債と様々な債券の知識と経験があり、エドモンド・ドゥ・ロスチャイルド入社前は、Gecko Capital Partners Ltd にてマクロ・コモディティ・ファンドの設立や運用を担当。
それ以前には、クレディ・アグリコルやINGベアリングなど大手金融機関で、エマージング・マーケットのデリバティブ取引業務等に携わる。

著者紹介

幾田 朋彦

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) シニア・マネージャー

2006年より三菱UFJモルガン・スタンレー証券(入社当時は三菱UFJ証券)にてリテール営業、株式、仕組債、商品戦略等の幅広い業務に従事。2011年から2012年にはニューヨークのモルガン・スタンレー・ウェルスマネジメント(当時はモルガン・スタンレー・スミス・バーニー)でマネージド・アカウントをはじめとする米国の富裕層ビジネスの現場で経験を積む。2014年、現職であるNippon Wealth Limitedの商品およびビジネスデベロップメントの責任者として就任。国際基督教大学卒。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載ロスチャイルド系運用会社のポートフォリオマネージャーに聞く「新興国債券」の運用術

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2016年12月10日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?<緊急追加項目>

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest