「シェール革命」によって世界の富が米国に集中する!?

前回は、米国経済の強さを支える「CHANGE」という要素について紹介しました。今回は、シェール革命によって、米国経済はどのような影響を受けるのかを見ていきます。

世界のエネルギー市場を大きく変えるシェール革命

これからの米国経済は、シェールガス・シェールオイルを抜きに語ることはできません。

 

今騒がれているシェールガス・シェールオイルの埋蔵量は、米国内で使用する資源の100年分ともいわれています。今後、米国はシェールガス・シェールオイルによって、世界のエネルギー市場の20%ものシェアを握るという説もあります。

 

[PR] 書籍プレゼントあり!東京(幻冬舎)、名古屋、福岡、神戸で開催

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

中東における油田が地政学的なリスクを負っているのに対し、米国では安定して大量のエネルギー供給が可能となるのですから、政治・経済・軍事の面でさまざまな影響が出てくるはずです。

 

米国内でシェールガス・シェールオイルの採掘が本格化すれば、まず中東における軍事バランスに大きな変化が生じてくるでしょう。

 

米国は1995年から、中東を責任地域とする第5艦隊を編成していますが、その目的は、中東における石油の権益を守ることにあります。この地域における米国タンカーの航行安全を担保するためには、艦隊を貼りつかせて目を光らせておく必要があります。

世界中の製造業が格安エネルギーを求めて米国に殺到

しかし、これからシェールガスやシェールオイルによって、米国が国内需要を満たせるだけのエネルギー採掘が可能になれば、もはや中東を責任地域とする第5艦隊は必要なくなります。結果、軍事的コストは軽減され、米国の財政収支は大幅に改善されるはずです。

 

また前述したように、シェールガスやシェールオイルを輸出できるようになれば、米国にとっては貿易収支の改善にもつながっていきます。

 

シェールガスやシェールオイルは、米国の製造業にとっても恩恵をもたらします。そもそもいくらシェールガスやシェールオイルが大量に採掘されたとしても、それを米国内全体に運搬するためのインフラや施設がなければ、一からそれを造らなければならず、莫大なコストがかかります。

 

その分、割高なネルギーになってしまいますが、米国内には、全土に張り巡らされたパイプラインがすでにあります。したがって格安のコストで、シェールガスやシェールオイルを、米国全土に運搬できるのです。

 

このように格安のエネルギーが豊富に使えるとなると、真っ先に世界中の製造業が、米国に注目するはずです。

 

[PR] 書籍プレゼントあり!東京(幻冬舎)、名古屋、福岡、神戸で開催

無料セミナー『大本命 テキサス不動産投資』

 

事実、すでにテキサス州には、日本のクラレ、東レといった化学工業系の会社が集まってきています。エネルギーコストの安いテキサス州で製造し、日本で販売したほうが、コストが安くなるからです。再び米国が、製造業でも世界をリードする時代が到来するのです。

 

[図表]日本が参画する米国の主なシェールガスプロジェクト

 

この話は次回に続きます。

本連載は、2014年10月3日刊行の書籍『本命 米国不動産投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を示したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。本連載の情報を利用した結果による損害、損失についても、出版社、著者ならびに本連載制作関係者は一切の責任を負いません。投資の判断はご自身の責任でお願いいたします。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載海外不動産投資で失敗しない5つのポイント

リーバンズコーポレーション 会長

1953年生まれ。米国在住35年。カリフォルニア州を拠点に保険・証券・不動産・ファイナンシャルアドバイザーとしてキャリアを積み、2002年、ロサンゼルス郊外のトーランスにリーバンズコーポレーションを設立。豊富な不動産の販売・仲介・管理実績を持ち、米国居住者以外の信託活用法など、不動産保有にかかる関連アドバイスにも強みがある。

著者紹介

本命 米国不動産投資

本命 米国不動産投資

ニック 市丸

幻冬舎メディアコンサルティング

成熟経済であり、人口も減少フェーズに入った日本では、国内市場のパイは縮小を続け、不動産マーケットの未来も決して明るくはない。さらに1000兆円を超える財政赤字、超高齢化社会における社会保障費の増大、特に富裕層をター…

出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【神戸会場】大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年11月26日(日)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

・テキサスの管理物件は1800戸以上。

 本社を米国に置くリーバンズならではの

 購入後の管理&出口のサポート体制とは 

会場 三宮コンベンションセンター Room504
海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

大本命 テキサス不動産投資

~成長性/流動性/透明性/通貨力/タックスメリットから見るアメリカ不動産の優位性

講師 ニック 市丸氏
日時 2017年12月20日(水)
内容

・透明かつ信頼性の高い米国不動産取引の仕組み

・インカムゲイン、キャピタルゲインがともに狙える米国不動産

・米国不動産投資で得られるタックスメリットとは?

・米国の中でもテキサスがなぜ狙い目なのか?

・1000万円以下の物件を中心に最新情報を公開

・米国不動産の未来を変える「シェールガス革命」

・テキサスの管理物件は1800戸以上。

 本社を米国に置くリーバンズならではの

 購入後の管理&出口のサポート体制とは

※本セミナーは、11月12日(福岡)、11月26日(神戸)にも開催いたします。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧