海外活用 タックスヘイブン 国際資産分散
連載パナマ文書の暴露――世界で始まる「タックスヘイブン狩り」の衝撃【第3回】

世界の4割以上のオフショア法人が英領バージンに存在する理由

パナマ文書英領バージンモサック・フォンセカダークプール

世界の4割以上のオフショア法人が英領バージンに存在する理由

今回は、タックスヘイブンである英領バージンに集まる、不透明な資金の実態について見ていきます。※本連載は、作家・経済評論家として活躍する渡邉哲也氏の最新刊『パナマ文書 「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う』(徳間書店)の中から一部を抜粋し、タックスヘイブンを利用した脱税のしくみ、規制に動く各国税務当局の対応の一端をご紹介します。

「匿名」での法人設立が認められている英領バージン

タックスヘイブンを利用した租税回避行動も問題だが、それ以上に深刻なのは、英領バージンなどを利用した匿名取引である。

 

非常に初歩的なことではあるが、あえて説明すると、法律行為(契約や売買など)を行うことができるのは「法人格」をもつもののみとされている。何か物事を行うには権利と義務が生じる。

 

擬似人格として法律でつくりあげたものが法による人、つまり「法人」ということになるわけだ。万が一、人が問題を起こせば、処罰したり責任を取らせたりすることができるわけであるが、実態のない法人ではこれが困難である。

 

このため、法律で法人のなかでの責任を明確に規定するかわりに人と同様の人格を与えているわけである。

 

基本的に法人は、このような理論構造になっているために、匿名での設立や出資を認めている国は限りなく少ない。当然の話であるが、国家がこんなものを認めたら詐欺や犯罪の温床になってしまうからである。

 

しかし、英領バージンではそれが可能なのである。英領バージンでは代理人などを利用した届け出と登記だけで法人設立が可能であり、国内で事業を行わないかぎり、法人税はかからず申告すら不要である。

 

また、イギリス領ではあるが、通貨はポンドではなくドルであり、ドル資金の持ち込みに際して両替も不要になっているのだ。このため、世界の4割以上のオフショア法人が英領バージンに存在するのである。

 

人口が2万2000人程度しかいないカリブ海の自治国である英領バージンの国家財政の半分以上は、法人の登録税で賄われており、これが最大の収入源なのだ。

匿名ゆえに「不正売買」の温床となっている可能性も

このため、身元を知られたくない資金がいったんこの島に集まり、この島から直接、または別のオフショア地域を介するかたちで世界中に流れているわけである。ある意味、インターネットの匿名プロキシのようなものである。

 

そして、この法人設立を手伝い、運用管理を代行していたのがモサック・フォンセカであり、真の所有者からの指示と関係を示す資料がパナマ文書なのである。

 

また、これに関連する金融の闇として、「ダークプール」というものがある。これは私設の株式市場であり、一般的な株式市場とは関係なく場外で行う取引のことをいう。銀行や証券会社などが仲介し外から見えないかたちで取引を成立させているわけである。

 

これを利用し、不正な売買が行われているという指摘も強い。

渡邉 哲也

作家
経済評論家

1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当はヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。
著書に『これからすごいことになる日本経済』(徳間書店)、『儲』『完全にヤバイ!韓国経済』(三橋貴明氏との共著、彩図社)、『大恐慌情報の虚と実』(同共著、ビジネス社)など多数。

著者紹介

連載パナマ文書の暴露――世界で始まる「タックスヘイブン狩り」の衝撃

パナマ文書:「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う

パナマ文書:「タックスヘイブン狩り」の衝撃が世界と日本を襲う

渡邉 哲也

徳間書店

世界に衝撃を与えているパナマ文書。2.6テラバイト、1150万件に及ぶ膨大なデータ量で、今後、さまざまなスキャンダルが発覚する可能性がある。 すでにアイスランド首相を辞任に追い込み、プーチン、習近平の疑惑も発覚、キャメ…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest