日系企業も多数参加!ベトナムの大規模な不動産開発の最新事情

近年のベトナムでは、交通網の整備と平行して大規模な宅地開発・都市開発も進んでいますが、その多くには日系企業が参加しています。今回は、開発が進行している地域と開発案件、それらに携わっている企業について見ていきます。

日本のODA支援で建設が進むメトロ1号線

ITなど先端技術の普及が急激なベトナムですが、それ以外で経済発展を支えるのが交通網の整備です。ホーチミン市では現在メトロ1号線の建設が進んでいます。今のところ2020年末の開業に向けて建設が進んでいます。

 

[PR]11月18日(土)開催/本稿執筆者も登壇!

内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」~ベトナム、国内中古区分マンション、アメリカ編

 

メトロ1号線は、ホーチミン市1区ベンタインとトゥードック区スオイティエンを結ぶ19.7kmを走る都市鉄道です。この計画路線は、1区、ビンタン区、2区、9区、トゥードック区を通りますが、同時並行するように周辺の不動産開発が行われています。

 

この1号線は日本のODA支援で建設が進んでいます。地下区間の建設を清水建設と前田建設工業の企業連合体が請け負っています。地下区間は1区内のみで、ベンタインからバーソン造船所跡地までになります。

 

その造船所跡地付近では、ゴールデンリバーという不動産開発がスタートしました。ビンタン区以北の高架部分は、住友商事がベトナム第六交通工事建設総公社と共同で請け負っています。1区以北は地が相対的に安いこともあり、様々なプロジェクトが進んでいます。さらに機械、電気設備、車両、線路の購入、保守メンテナンスは、日立製作所が手がけていますので、安全な都市鉄道の運行が期待されています。

 

ホーチミン市で建設が予定されているメトロ路線は6路線ありますが、着工されているのは、この1号線とドイツのODAによる2号線(ベンタイン ⇔ タンソニャット空港 ⇔ タムルオン車両基地)の2路線です。

 

1号線はかなり工事が進んでいますが、2号線は最近着工されたばかりです。ただ、今後の鉄道建設は、ホーチミン市の不動産開発に大きな影響を与えるでしょう。鉄道建設が進む沿線は、ますます注目の地域になっていくと思われます。

新規参入が続出する日系不動産デベロッパー

日本企業による大規模な宅地開発の動きが留まりません。最初の動きは、ホーチミン市に隣接するビンズン省での開発計画を実行するため、東急電鉄がベカメックス東急という合弁会社を設立したことから始まりました。現在、同社は新興の宅地開発と並行して、新都市開発事業に着手をしています。

 

それ以降加速するかのように、日本の事業者がベトナムに進出を始めています。

 

不動産投資運用のクリードが、ベトナムの不動産開発大手のアンギア・インベストメントと共同で開発しているアンギア・スカイラインの販売が進んでいます。大和ハウス工業、野村不動産、住友林業の日系三社が、現地不動産開発業者のフーミーフン社と合弁で行う事業も進んでいます。これらはホーチミン市の新興住宅地である7区の開発案件です。

 

[PR]11月18日(土)開催/本稿執筆者も登壇!

内藤忍の「日本×世界で富を築くグローバル不動産投資」~ベトナム、国内中古区分マンション、アメリカ編

 

また、日本のODAで建設が進んでいる地域では、9区に西鉄と阪急不動産が、現地大手不動産開発のナムロン投資と共同でマンション開発事業を展開しようとしています。直近では、サンヨーホームズがベトナムに駐在員事務所を開設し、ベトナム最大手のゼネコン、ホアビン社の投資会社ティエンファット社との共同事業で分譲マンション事業を手懸ける事がプレス発表されました。

 

それ以外にも、三菱商事がシンガポールの不動産開発業者のセムコープ社と共同で、分譲マンションの開発事業を行うことが伝えられているなど、続々と日本企業の参入がベトナム南部ホーチミン市とその近郊で進んでいます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載外国人の所有が解禁 「ベトナム不動産」の最新事情

株式会社地球と不動産 代表取締役

2008年大学を卒業後、研究職としてトヨタ自動車に入社。車体におけるゴム材料の耐久性などの設計支援に従事。野村證券に転職し、投資商品の販売や資産運用コンサル業務に従事。その後、不動産デベロッパーのアルファビオス経て独立。金融商品から不動産まで経験と知識が豊富。宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、証券外務員などの資格を持つ。
地球と不動産では、法改正後に多数の売買契約サポートを実施し、購入後のサポートも整備。ホーチミンで2007年から日本企業向けに不動産仲介事業を行っているレタントン不動産と提携しており、東京とベトナムにオフィスを持つベトナム不動産投資専門会社。投資家向けのセミナーも随時開催中(下記URL参照)。
WEBサイト:http://chikyu-fudosan.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧