airbnbの集客力を高める「インテリア」関連のテクニック

前回は、外国人に好まれる部屋作りについて説明しました。今回は、airbnbの集客力を高めるための「インテリア」関連のテクニックについて見ていきます。

低コスト・ハイセンスな部屋を実現するには!?

さて、次に家具についてです。家具の良し悪しや使い勝手の良さなども、ゲストの人気を左右します。Airbnbで貸し出す部屋をそれまで家具家電つきで賃貸にしていた場合など、家具がそのまま残っていると思いますが、それをもったいないからと使い回すのは厳禁です。

 

多少お金がかかっても新しいものを買い揃えてください。日本の若者が使うような小さなテーブルや狭いベッドは、外国人ゲストにとって魅力がありません。それに、安っぽい家具を魅力的に写真に納めることも難しいでしょう。

 

AirbnbにはAirbnbに適した家具があります。「高級な家具なんて買っていたら、収益が出ないじゃないか」と思われるかもしれません。もちろん必要以上に高級な家具を入れる必要はないのです。安っぽくなく、実用的で、ある程度のおしゃれ感があり、価格的にも負担にならない家具を選んでください。お勧めはイケアの家具です。

 

なぜイケアかと言うと、価格の手頃さもありますが、一番の理由は北欧生まれの家具を扱っている点です。北欧家具は外国人ゲストにとって馴染みが深いものです。またサイズ的にも、外国人(特に欧米人)にとってジャストサイズです。

 

イケアの家具は販売価格を抑えるために、自分で組み立てることが前提となっていますが、物件の収益を上げることを考えるなら、その程度の手間は進んで引き受けるべきだと思います。ただし、部屋の雰囲気を左右するインテリア選びにはセンスも必要です。ひとくちに椅子と言っても、大きさや形、デザイン、座り心地など何種類もあります。

 

ベッドにしてもカバーにしても、色や柄や素材など選択肢はいくつもあります。一つひとつを悩みだすと、何が正解か分からなくなってくる人もいるはずです。そういうときは、プロに任せるのも1つの手です。全体のトーンを同じにしたり、写真映えする部屋にしたり、ごちゃごちゃせずにシンプルで清潔感ある部屋にしたり、ストーリーのある部屋にしたり。

Wi–Fi環境は絶対不可欠

もし本気で部屋をつくるのであれば、インテリアコーディネーターに依頼することも検討してみてください。プロのインテリアコーディネーターで、これまでモデルルームを何十件、何百件とデザインしてきた人ならではの発想やテクニックがあります。プロの方にお願いして、イケア+αのインテリアコーディネートをお願いすれば、自分でやるよりずっと美しくセンスの良い部屋になるでしょう。

 

Airbnbでは、Wi–Fi環境は絶対不可欠です。また固定回線よりもモバイルWi–Fiをお勧めします。観光中もモバイルWi–Fiを持ち歩けば、外出先でマップを見たり、電車の乗換案内を見たり、お店探ししたりが自在にできるためです。ゲストからのクレームを減らすために、回線は必ずデータ通信量が無制限のものにすべきです。

 

現在、実際に無制限で使えるモバイルルーターは非常に少ないですが、WiMAXは無制限で利用できます。中には「モバイルWi–Fiはありますか?」と、わざわざ問い合わせてくるゲストもいるくらいです。そのため、ホストによっては物件のタイトルに「フリーモバイルWi–Fi」とか「ポケットWi–Fiあり」と入れる人がいます。

 

Wi–Fi環境が1つのセールスポイントになり得るということです。ちなみに外国にはあまりモバイルWi–Fiがないため、珍しがられます。日本のどこでも大体繋がるということにもびっくりされます。空港でモバイルルーターを借りるゲストもいるようですが、部屋のオプションとしてつけていれば、その手間もないため喜ばれます。

本連載は、2015年12月11日刊行の書籍『中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」

リスクマネジメントグループ代表
株式会社リスクマネジメント・アルファ代表取締役
株式会社エース管理取締役 

1970年8月23日愛知県蒲郡生まれ、蒲郡育ち。27歳のとき、外資系保険会社にヘッドハンティングされ転職。2002年、31歳で独立開業。その後、株式会社リスクマネジメント・アルファを設立。不動産を扱う業務が増えたため、不動産売買仲介を行う株式会社エース管理を設立する。

著者紹介

Zens株式会社 代表取締役

1987年長崎県諌早市生まれ。17歳でニュージーランドに渡り、オークランド工科大学ビジネス学部卒業後、共同購入クーポンサービスで起業、その後株式会社トーチライトを経て2011年6月に株式会社Zen Startupを共同創業し、2013年8月に北米市場向けFacebook解析ツール「ZenMetrics」を開発・マーケティングを行う。2014年、自身がAirbnbホストになったことをきっかけに8月よりAirbnb内装・運用代行サービスを開始。

著者紹介

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

小沢 吾亘・町田 龍馬

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年“サラリーマン大家”という言葉が定着してきました。年功序列や終身雇用制度が崩壊し、将来に不安を抱えるサラリーマンが安定した資産を築く手法として注目しているのが不動産投資です。こうしたサラリーマン大家の大…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧