公務員の不動産投資で大きな「レバレッジ効果」が狙える理由

前回は、不動産投資の成功を左右する「立地条件」などを取り上げました。今回は、公務員の不動産投資で大きなレバレッジ効果が狙えるについて見ていきます。

融資をする銀行にとって「公務員」は最高クラスの属性!?

不動産運用は、「ミドルリスク・ミドルリターン」または「ミドルリスク・ロングリター
ン」と表現されることがあります。数千万円から数億円を費やす代わりに、家賃という数
十年間の安定した利益を見込めるからです。とはいえ、数千万円といえば一般的には途方もない大きな金額です。

 

なぜ、「ハイ」ではなく「ミドル」リスクといえるのでしょうか?それは、不動産投資はレバレッジ効果を利用できるからです。通常、投資をはじめるときは、自己資金が必要です。この自己資金が多ければ多いほどリターン、つまり利益も期待できます。では、少ない自己資金で大きな利益を得たい場合はどうすればいいのでしょうか。

 

たとえば、株取引には信用取引というものがあります。取引する金額の30%を委託保証金として証券会社に入れておけば、その金額の3倍強の取引が可能になります。300万円の委託保証金を入れておけば1000万円の取引ができます。購入した株が1割上がれば、本来30万円の利益が100万円になります。

 

このように投資資金を借りることで、自己資金の何倍も収益が得られる効果のことをレ
バレッジ効果といいます。不動産投資でも、レバレッジ効果が狙えます。しかも、ほかの投資と比較して圧倒的に大きな効果です。たとえば、一部上場企業の会社員ならば、自己資金の10倍程度まで金融機関が投資資金を融資してくれます。

 

1000万円の自己資金ならば、10倍の1億円を借りて1億1000万円の物件が購入できます。これは10倍のレバレッジ効果です。不動産投資というものは、初期投資額が多ければ多いほど、より良い立地、広い土地・建物を購入することが可能になります。つまり安定した多くの収益を見込めるのです。

 

したがって、大きなレバレッジ効果を利用できるということは、不動産投資にとって最大の魅力といっても過言ではありません。しかも、皆さんのような公務員は、日本で最高クラスにそのレバレッジ効果を利用できます。なぜなら、銀行など金融機関にとって公務員は、最高クラスの属性だからです。ここでいう属性とは、銀行などの融資審査の基準となるもので、会社員であれば次のような項目があります。

 

 ・勤務先情報:会社名・部署・職種・役職・勤続年数・定年時

 

 ・収入:直近3年間の年収

 

 ・信用情報:借り入れの状況・残債・返済状況・遅滞の有無など

 

 ・住居情報:持ち家か賃貸か

 

 ・金融資産情報:預金・株・保険・確定拠出年金など

 

 ・家族構成:氏名・続き柄・生年月日・同居・同居でない場合の住所

 

 ・連帯保証人:有無

 

 ・連帯保証人情報:勤務先会社名・勤続年数・年収

 

年収の10倍以上の融資が受けられる場合も…

銀行は、これらを考慮したうえで融資をするか否かを判断します。その際、最も重要視
するのは、本人の勤務先といわれています。まず、倒産の可能性が低いこと、さらに高収
入であればより前向きに融資をしてくれるわけです。

 

私がある銀行担当者に聞いたところ、融資に前向きになる属性の順位は次のようになる
と教えてくれました。

 

 1位 資産家(地主、不動産オーナー)
 2位 公務員
   3位 医師、弁護士、司法書士、公認会計士、税理士
 4位 一部上場の大企業のサラリーマン
 5位 中小企業のサラリーマン
 6位 自営業

 

公務員は、医師・弁護士を上回る高い属性となっています。前章では公務員であること
の危険性を書きましたが、それに気付いているのはごく一部の人たちです。銀行は、まだまだ公務員ならお金を貸したいと考えています。

 

その証拠に前出の銀行担当者は、一部上場企業のサラリーマンなら融資額の限度は自己資金の10倍までだが、公務員なら20倍近くまでいけると言っていました。つまり、20倍のレバレッジ効果です。しかも場合によっては、自己資金ゼロでも年収の10倍以上融資することができるとも教えてくれました。これほどの好条件は、公務員以外聞いたことがありません。

 


属性に対する評価が高く融資を受けやすいということは、せっかく苦労して見つけた高い利回りの物件が買えない、または融資を受けられるとしても金利が高くなるといった事態を避けることができるということです。

 

銀行はビジネスで融資を行います。回収の見込みが低いところには決して貸しません。融資を受けられるということは、銀行が不動産投資の成功にお墨付きを与えたことになります。これを利用しない手はないでしょう。

本連載は、2016年5月27日刊行の書籍『世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

株式会社TonTon 代表取締役

1985年生まれ。通信関連会社に勤務した後、ファッションブランドを立ち上げ、若くして独立。その後、より深く社会のことを勉強するために広告代理店の営業マンになり、数多くの案件に関わる。その際、不動産投資のおもしろさに魅了され、2013年に不動産の売買などを扱う株式会社TonTonを設立。

著者紹介

連載公務員にしかできない不動産投資術

世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術

世界一わかりやすい「公務員」の不動産投資術

今川 博貴

幻冬舎メディアコンサルティング

世間一般ではリストラや減給のない理想的な職業と思われがちな「公務員」。 だが「分限免職」という形でのクビが存在し、10年前と比べると給与は大幅に減少しているのが現実だ。そんな窮地から彼らを救うのが「不動産投資」で…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧