「新耐震基準」を満たすマンションの寿命とは?

今回は、「新耐震基準」を満たすマンションの概要をご紹介します。※本連載は、須藤桂一氏の書籍『忍び寄るブラックマンション危機とその回避法』(保険毎日新聞社)の中から一部を抜粋し、マンション管理に様々な問題を抱える、いわゆる「ブラックマンション」の概要と、ブラック化の回避方法を見ていきます。

震度7の地震にも耐えうる新耐震マンション

最近、耐震面から建て替えを検討するマンションが増えています。1995年の阪神・淡路大震災、そして2011年の東日本大震災の経験から、地震に対する対策の必要性は誰もが切実に感じていることでしょう。

 

「旧耐震基準」(1981年5月31日までの建築確認において適用された基準)では、中規模の地震(震度5強程度)に対して、建物がほとんど損傷しないという想定で設計されていました。ただ、それを上回る大規模な地震(震度6強や震度7程度)に対しては検証されていなかったんですね。

 

そこで、1981年6月1日以降の建物に適用されている「新耐震基準」では、震度5程度の地震では軽微な補修で使い続けることができ、震度6や震度7の地震でも建物が倒壊しない、つまり人命は守られる、というように構造の基準が引き上げられています。

 

ですから、旧耐震基準で建てられたマンションは、耐震診断や耐震補強が必要となり、マンションの解体や建て替えの大きな要因のひとつになっているのです。

最近の建築物なら100年以上は使い続けることを前提に

このように、マンションはそれぞれ異なる要因を持っているので、実際の耐用年数を考える場合に、どれも「一律に同じ」と見ることには無理があります。

 

けれど、少なくとも1981年6月以降の新耐震基準後、ここ30年ほどの間に建築されたマンションは「孫子の代まで」、つまり100年以上は、できれば200年や300年は使い続けることを前提に、物事を考えていただきたいと思っています。

 

いかがでしょうか。マンションの寿命は施工の方法、耐震規準で大きく変わってくるのです。

 

 

イラスト=田中マコト 

本連載は、2015年4月21日刊行の書籍『忍び寄るブラックマンション危機とその回避法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載9割は破綻!?売却できなくなる「ブラックマンション」とは?

株式会社シーアイピー 代表取締役社長

1986年、関東学院大学工学部建築学科卒業後、神奈川県の総合建設会社へ入社。1988年、父の経営する塗装工事会社入社。1989年、マンション大規模修繕工事請負業務を開始。1992年、大規模修繕工事における「調査・診断・設計・監理」業務参入。1996年、CM(コスト・マネージメント)方式工事費削減支援サービス開始。1999年、株式会社シーアイピー設立。CM業務を始めとした、マンション管理組合のコンサルティング業務に特化するため法人設立。2000年、PM方式管理費削減支援業務を開始、現在に至る。
「ホンマでっかTV」(日本テレビ)、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)などのテレビ番組や雑誌メールマガジンなどで、マンションオーナーが抱える家庭経済の危機を訴え続けている。

株式会社シーアイピー:http://www.cip.co.jp/company/
運営WEBサイト「みんなの管理組合」:https://みんなの管理組合.com/

著者紹介

忍び寄るブラックマンション 危機とその回避法

忍び寄るブラックマンション 危機とその回避法

須藤 桂一

保険毎日新聞社

金融破綻、年金破綻、そしてマンション破綻、著者はこの3つを「日本の三大破綻」と位置付けている。高すぎる管理費が修繕積立金を圧迫するなか、人口が減少していくニッポンで地方のマンションは資産価値を保ち続けることがで…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧