相続・事業承継 相続対策 信託
連載後代まで財産を守る「信託」の活用法【第5回】

孫本人には知らせずに財産を贈与する方法

生前贈与贈与契約信託契約

孫本人には知らせずに財産を贈与する方法

前回は、「遺言代用信託」活用のメリットを説明しました。今回は、当事者には知らせずに財産を贈与する方法について見ていきます。

信託契約は「委託者」と「受託者」の契約

前回に引き続き、信託を活用した具体的な事例を見ていきます。

 

【ケース3】

孫に財産を生前贈与したいのですが、大きな財産をもらうと、孫がそれを当てにしてがんばらなくなるのではと心配。

 

孫に贈与したいが、多額の贈与をすることが孫にとっていいことなのか迷っている、というお話をよく耳にします。このような場合にも信託を活用することができます。

 

贈与契約は、贈る側、もらう側双方の合意が必要な「双務契約」ですから、贈る側だけの考えでは成立しません。必ず、もらう側の同意が必要となります。

 

これに対し、信託契約は、あくまでも信託の委託者と受託者の契約となります。孫は、利益を得る受益者となりますが、この信託契約書に「受益者に対して受益者となったことを通知しない」と定めることが可能です。

 

つまり、孫に贈与したことを伝えなくても、信託契約により孫が受益者となるので、実質的には財産を贈与することができるのです。

 

〈ポイント〉

①信託を活用すれば、子どもに知らせずに財産を贈与することができる。

②贈与した財産の管理・運営を、贈与後も引き続き親が行える。

 

【図表 贈与と信託の違い】

本連載は、2014年3月20日刊行の書籍『家族と会社を守る「不動産」「自社株」の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

貝原 富美子

税理士法人さくら会計 所長

1970年に事務所を設立し、大阪・京都・兵庫を中心に活動。豊富な税務知識と遺産分割・事業承継等の専門知識をもとに、顧客の資産を総合的に分析し、それぞれに適した資産分割・活用の提案を行っている。

著者紹介

連載後代まで財産を守る「信託」の活用法

家族と会社を守る「不動産」「自社株」の相続対策

家族と会社を守る「不動産」「自社株」の相続対策

貝原 富美子・澤田 美智

幻冬舎メディアコンサルティング

相続において、トラブルになりやすい二大財産である「不動産」と「自社株」。 税理士として長年、不動産・自社株の相続を専門的に解決してきた著者だからこそいえる、実際にあった事例を交えわかりやすく解決策を提示します。 …

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest