相続・事業承継 事業承継 事業再生
連載資産超過会社のための「前向きな廃業」で資産を守る方法【第3回】

オーナー経営者だから活用できる「廃業」という選択肢

廃業赤字企業

オーナー経営者だから活用できる「廃業」という選択肢

前回は、中小企業にとって「廃業」がベターな選択となり得る理由を説明しました。今回は、企業がどのような要因で廃業に至っているのか、オーナーだからこそ活かせる廃業のメリットとは何かを見ていきます。

中小企業金融円滑化法で息をついた企業も多いが・・・

2009年に施行された、いわゆる中小企業金融円滑化法は、中小企業が借入の負担軽減を求めた場合に、金融機関が出来る限り貸付条件の変更等を行うように努める、ということを定めたものであり、30~40万社がこの法律の適用を受けたと言われています(金融庁:平成25年3月「説明資料」)。

 

 

当初、2011年3月までの時限立法として施行された後、2度延長され最終的に2013年3月で終了となりましたが、金融機関は引き続き法律の精神を遵守することが求められ、金融庁に状況の報告を行っています。

 

この期間中、返済期限の猶予は大半のケースで認められ、息をついた企業も多いものと思います。実際に倒産件数も2015年度には年間9,000件を下回り、2002年頃から見れば半分以下になっているため、法律の効果は十分にあったものと言えるでしょう(下図参照)。

 

[図表]「休廃業・解散」と「倒産」の件数推移

出典:株式会社帝国データバンク 第8回全国「休廃業・解散」動向調査(2015年度)
出典:株式会社帝国データバンク 第8回全国「休廃業・解散」動向調査(2015年度)

 

一方で、数は少ないものの発生する倒産事案において、民事再生法のような会社再建型の法的手続が極めて少なく、破産等によって会社が清算される割合が多くなっているものと思われます(*帝国データバンク「全国企業倒産集計」によると、再建型倒産手続である民事再生と会社更生が全体に占める割合は2009年度5.2%に対し、2015年度は2.9%)。

 

早めに抜本的な対策を考えれば、再建できたようなケースでも、ぎりぎりまで頑張ってしまい、手元資金が不足したりするケースがあるのではないかと思われます。

逆転の発想・・・覚悟を固めると新しい景色が見えてくる!?

改めて、本連載でテーマとしているのは、悩みを相談する相手もないままに事業を継続せざるを得ず、結果的に事業を清算せざるを得ないばかりか、個人資産も残せなくなるリスクを抱えたオーナー企業です。

 

ここで求められるのは事業継続の支援よりもむしろ、早期決断を促し、適切な対処を行うことです。そのためには廃業という選択肢を排除するのではなく、現実を見据え、場合によってはベターな選択肢として積極的に選び取って行くことが必要であると考えられます。

 

やれるだけやって、行き着くところまで行って駄目ならあきらめる、という考え方もありますが、むしろ廃業という覚悟を固め、逆の位置から眺めてみれば、そこから見えてくる景色があるものと思われます。

 

円滑な廃業のためのコストや様々な条件において、最悪でもここまで、ということを確認できていれば、事業価値等を過大に見積もることなく適切に判断することができ、最終的に事業を譲渡することが可能になるケースも出てくるのだと思います。

 

新生PIグループが廃業の相談を受ける会社は、業歴が数十年にわたる老舗の企業が多くなっています。それだけに事業への思い入れが深く、廃業への心理的な抵抗も大きいものと思います。

 

 

しかしながら、廃業は必ずしも失敗を意味するものではありません。あまりにも変化が激しい現在の環境下で何十年も企業を継続できたこと自体が素晴らしいことであり、廃業するにせよ、関係者に適切に対応し、理解を得たうえで適切な資金をオーナーの手元に残すことができるのであれば、それは成功だと考えて良いのではないでしょうか。

 

その資金でゆったりとした生活を送るか、新しい挑戦を始めるか、それはオーナー経営者だからこそ活用することができる、大きな可能性なのだと思います。

舛井 正俊

新生インベストメント&ファイナンス株式会社 専務取締役

1990年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同年、日本長期信用銀行(現 新生銀行)に入行。1995年より債権回収業務、1999年より債権投資業務に従事し、金融の立場から中堅・中小企業の債務整理や事業再生を支援。2007年より新生銀行クレジットトレーディング部長として現在の事業を推進。2015年より現職を務める。

ウェブサイト:http://www.shinsei-if.com/

著者紹介

連載資産超過会社のための「前向きな廃業」で資産を守る方法

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest