再開発が進むマンハッタン「ミッドタウンウェスト」の不動産事情

前回は、マンハッタンで話題の開発エリア「ハドソンヤード」について取り上げました。今回は、再開発が進み、ポジティブな変化を続ける「ミッドタウンウェスト」について見ていきます。

8番街を境に雰囲気が変わる「ミッドタウンウェスト

今回はマンハッタンのミッドタウンウェストについて紹介していきます。

 

マンハッタンの6番街より西側のハドソン川沿いまで、北は59丁目、南は30丁目までを含む地域がミッドタウンウェスト(Midtown West)と呼ばれています。

 

このエリアは8番街を境に雰囲気がガラッと変わり、8番街より東側はタイムズスクエアやブロードウェイのミュージカル劇場が林立する観光街、7番街はファッションディストリクトとも呼ばれ、有名なスポーツブランドや世界各国のファッションデザイナーの本拠地となっています。

 

8番街より西側はヘルズキッチン(Hell’s Kitchen)と呼ばれ、南端は34丁目、北端は59丁目までの地域です。ヘルズキッチンは、19世紀に産業発展の中心地でしたが、当時はギャングが多く、その治安の悪さからヘルズキッチン(地獄の台所)と呼ばれるようになりました。

 

最近話題の映像ストリーミングサイトNetflixにある番組で、アメリカのマーベルコミックとして有名なヒーローのデアデビルの舞台としても知られています。ヘルズキッチンの中心街は9番街で、観光街とはまた別の雰囲気となり、地元のニューヨーカーが行きつけのレストランやバーがずらりと並んでいます。中には、ビールを1杯頼むとホットドッグが無料で付いてくるというユニークなサービスを提供しているバーもあります。

 

ミッドタウンウェストには、バードランド(Birdland)という1940年代から1950年代に一斉を風靡した有名なジャズクラブも位置しています。ニューヨークで本場のジャズを楽しみたい方にはお勧めの場所です。

中流階級以上の住民の増加で家賃は上昇傾向に

ミッドタウンウェストは、1990年代から2000年初頭にかけて中流階級以上の比較的所得の高い方が住み始め、家賃が高騰し、治安も改善され、今ではすっかりマンハッタンの人気エリアのひとつとなりました。

 

ニューヨークの不動産業者が利用する情報サイトによると、ミッドタウンウェストの1ベッドルームの売買価格の中間値は、1995年では14万5000ドルでしたが、2005年には65万ドル、2015年には92万7500ドルと年々上昇しています。

 

また、2016年第一四半期の売買価格の中間値は97万3992ドルとなり、2015年から2016年での賃貸物件の家賃価格の中間値は3800ドル代で推移しています。

再開発が進み「高級コンドミニアムが注目を集める

価格高騰の背景には、ミッドタウン地区の再開発も影響があるものと考えられます。近年、再開発が進み、高級コンドミニアムや賃貸ビルディングが立ち並ぶようになりました。中でも、Manhattan View at MiMAというコンドミニアムが最近は注目を集めています。

 

元々は全米有数のグローバルディベロッパーであるRelated Companiesが建てた高級賃貸ビルディングMiMAを、ニューヨークを中心に不動産開発及び不動産投資を手がける中国系の会社Kuafu Propertiesが買い取り、高級コンドミニアムManhattan View at MiMAへコンバージョンしました。

 

このManhattan View at MiMAの最大の売りは、名前にもある通りマンハッタンの摩天楼およびハドソン川の素晴らしい眺望です。全151室のお部屋から望む景色は圧巻です。

 

Manhattan View at MiMA公式サイト http://manhattanview.com/

 

最新テクノロジーを駆使したキッチンには、ドイツの高級ブランド・ガグナ(Gaggenau)を採用しており、その仕様も最高級です。

 

 

加えて、4万4000スクエアフィートのアメニティスペースには、ジムやラウンジをはじめ、ビジネスセンターやバスケットボールコート、プールも併設されています。現在、スタジオ(1ルーム)は146万ドル、1ベッドルームは173万ドルから売りに出され、ミッドタウンウェストで最も高級なコンドミニアムであると言えます。

 

これからもポジティブな変化を続けるミッドタウンウェストは、マンハッタンの中でも注目のエリアとなるでしょう。

 

文中で登場した物件に関するお問い合わせは執筆者まで
ekawakami@redacinc.com

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

Relo Redac, Inc.  住宅部門バイスプレジデント

リダック住宅部門責任者。ニューヨーク州、コネチカット州、ニュージャージー州、マサチューセッツ州の不動産取引責任者(Broker)ライセンス保持者。
ニューヨーク不動産協会会員。米国不動産歴28年。兵庫県生まれ。1988年よりマンハッタンを中心に数多くの賃貸、売買、投資を手がける。2005年より住宅部統括責任者として日米で数々のセミナーを開催。
世界の投資家が集まるニューヨークで、ブラックマンデー、9.11、リーマンショックなど、自らが体験した28年間に及ぶニューヨーク不動産市場を元に ニューヨーク不動産の強み、落とし穴、日米の商習慣の違いなどわかりやすく解説する。

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧