ゲストとのトラブルを防ぐ「ウェルカムガイド」の作り方

前回は、Airbnb経営において英語力な理由を説明しました。今回は、ゲストとのトラブルを未然に防ぐ「ウェルカムガイド」の活用方法を見ていきます。

あらゆるトラブルを想定したウェルカムガイドを作る

前回紹介したような、高度な英語力が要求されるゲストとのトラブルを未然に防ぐ手段として、「ウェルカムガイド」の活用があります。ウェルカムガイドとは、旅行中のさまざまな案内について、主に英語でまとめた冊子のことです。作成は義務ではありませんが、リスクヘッジのためにも必ずつくっておくことをお勧めします。

 

ガイド内容には、次のようなものが含まれます。

 

●空港から最寄り駅までの行き方、最寄り駅から物件への行き方

●鍵の受け取り方

●鍵の返し方

●付近のATMの情報

●室内の給湯器や冷暖房の使い方

●両替の情報

●基本的な電車の乗り換えの方法

●英語対応のタクシー会社の情報

●近隣のお勧め店のマップとコメント

●英語対応の緊急連絡先

●トラブル対応について

ガイドはゲストと連絡が取れなくなった場合にも役立つ

特に重要な項目について説明しておきましょう。

 

①最寄り駅からの行き方とチェックイン方法

 

最寄り駅から物件までの行き方です。また、物件に到着後、チェックインする際にどうすればいいのかを案内します。

 

ここで重要なのは、居室の鍵をどうやって渡すかです。お勧めは、キーボックスを使った鍵の受け渡しによるチェックインです。キーボックスの4ケタの暗証番号をウェルカムガイドに書いておくことで、オーナーが行けなくても自動でチェックインができます。

 

キーボックスがいいのは、手間の短縮もさることながら、実はリスク分散になるという理由もあります。

 

鍵の手渡しは、むしろ危険です。もしゲストと連絡がつかなくなったときに対処ができなくなるからです。たとえば飛行機が遅れて予定が狂ったときや、モバイル機器の不調でネットの環境が繋がらず電話も使えないとなったときなどに、ゲストとホストで連絡が取れません。

 

そういう事態を避けるためには、あらかじめゲストに渡す冊子の中に、文章と写真で伝えておくと安心です。また、キーボックスが何かの拍子で開かないという恐れもありますので、キーボックスはできれば各物件に2個設置しておきます。

 

チェックアウトの仕方についても同様に、ウェルカムガイドに記載します。何時までにチェックアウトしてほしいとか、水道の蛇口や電気のスイッチの確認をしてくださいなど、チェックアウト時のチェックリストを載せておけば確実です。

 

②室内設備の使い方

 

滞在中の室内設備の使い方についても説明が必要です。Wi–FiのIDやパスワードと設定の仕方、エアコンとかランドリーの使い方のほか、物件の室内では靴を脱ぐ、夜は静かにするなどのハウスルールも記載します。

 

また、滞在中に急遽知り合いを部屋に招いて泊めたいという場合、無料ではなく追加で1泊2500円かけるなどの金銭的なルールも記載しておきます。金銭的なルールはAirbnbのリスティングページであらかじめ設定しておくべきことですが、ウェルカムガイドにも念のため書いておいて損はありません。

 

③付近のお勧めスポット

 

物件の近辺についての情報を充実させることも大切です。近くにあるお勧めのカフェやレストラン、こだわりの本屋さんなど。外国人のゲストが知らなさそうな、あまり観光地らしくないスポットを紹介すると喜ばれます。

 

④トラブル対応について

 

宿泊中の怪我や病気などトラブル時にすぐ助けを呼べるよう、英語で対応してくれる消防、警察、病院などの各種ホットラインの番号も記載します。

 

以上が主なウェルカムガイドの内容になります。基本的な考え方としては、ホストがいなくてもゲスト自らで全部解決できるように、ガイドに記しておくということです。

 

「ここまでやるのか」と思われるかもしれませんが、ホストは本来、ここまでつくるべきだと思います。仮にホストに何かあって連絡がつかなくなったときに、ゲストが迷惑を被ることを避けるリスク対策として役立ちます。

 

逆に言うと、ウェルカムガイドをしっかりつくり込んでおけば、仮に連絡が取れなくなってもなんとかなるため安心です。

本連載は、2015年12月11日刊行の書籍『中古アパート・マンションが生まれ変わる airbnb空室物件活用術』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中古アパート・マンションが生まれ変わる「airbnb運用」

リスクマネジメントグループ代表
株式会社リスクマネジメント・アルファ代表取締役
株式会社エース管理取締役 

1970年8月23日愛知県蒲郡生まれ、蒲郡育ち。27歳のとき、外資系保険会社にヘッドハンティングされ転職。2002年、31歳で独立開業。その後、株式会社リスクマネジメント・アルファを設立。不動産を扱う業務が増えたため、不動産売買仲介を行う株式会社エース管理を設立する。

著者紹介

Zens株式会社 代表取締役

1987年長崎県諌早市生まれ。17歳でニュージーランドに渡り、オークランド工科大学ビジネス学部卒業後、共同購入クーポンサービスで起業、その後株式会社トーチライトを経て2011年6月に株式会社Zen Startupを共同創業し、2013年8月に北米市場向けFacebook解析ツール「ZenMetrics」を開発・マーケティングを行う。2014年、自身がAirbnbホストになったことをきっかけに8月よりAirbnb内装・運用代行サービスを開始。

著者紹介

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

中古アパート・マンションが 生まれ変わる airbnb空室物件活用術

小沢 吾亘・町田 龍馬

幻冬舎メディアコンサルティング

ここ数年“サラリーマン大家”という言葉が定着してきました。年功序列や終身雇用制度が崩壊し、将来に不安を抱えるサラリーマンが安定した資産を築く手法として注目しているのが不動産投資です。こうしたサラリーマン大家の大…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧