相続・事業承継 相続対策
連載相続トラブルを未然に防ぐ「遺産分割」「遺言」の基礎知識【最終回】

「家族信託」の活用で先祖代々の資産を守る方法

家族信託遺言書

「家族信託」の活用で先祖代々の資産を守る方法

今回は、遺言よりも活用の幅が広い「家族信託制度」について、具体的な使用例を挙げて解説します。※本連載は、弁護士・山下江氏の著書、『相続・遺言のポイント50』南々社)の中から一部を抜粋し、相続・遺言書の意外に知られていない、財産分与に関連のある法律についてわかりやすく解説します。

先祖代々の資産が「妻の家系」へ・・・

「信託」とは文字通り「信」じて「託」す仕組みです。「家族信託」は信頼できる家族に託すことで、大切な財産を守ったり、有効に活用したり、スムーズに引き継ぐことができる新しい制度です。

 

具体的には財産を持っている人(例:父親)が、特定の目的(例:「老後の生活・介護などに必要なお金の管理および給付」など)に従って、その保有する不動産・預貯金などの資産を信頼できる家族(例:長男)に託し、その管理・処分を任せる仕組みです。

 

家族信託の仕組みを理解するためには、まず次の3者の登場人物を押さえましょう。なお、この3者は、別々の人である必要はありません。

 

①委託者・・・財産を託す人

②受託者・・・託されて財産の管理や処分をする人

③受益者・・・信託された財産から生まれる利益を受取る人

 

この仕組みを使って、これまで遺言書ではできなかったことも可能になります。

 

子のいない夫婦の例を考えてみましょう。夫は自分が死んだらすべての財産を妻に相続させたいと考えていましたが、財産の中には先祖代々引き継いできた不動産がありました。妻がすべての財産を相続して、その後亡くなれば先祖代々の資産は妻の家系が引き継ぐことになります。

 

妻の生活は守りたい一方で、先祖代々の資産が他家に流れることには抵抗があったので、妻亡き後は自分の弟に引き継いでもらいたいと考えていました。「妻にすべて相続させる」というのは遺言書でかなえられます。しかし、加えて「妻が亡くなったら弟に相続させる」と指定したとしてもその部分は無効となります。

信託なら、二次相続以降の相続についても指定可能

上記のケースも家族信託の仕組みを活用することで解決できます。

 

まず、夫が委託者となり、弟を受託者として信託契約を締結します。これにより、財産の名義は弟に移ります。夫が生きている間、託した財産(信託財産)から得られる利益を受け取る人(受益者)は夫自身に設定しておくことで、財産の名義が変わっても現状とほとんど変わらない状態となります。

 

夫が死亡したら、「受益者」を夫から妻に変更することを定めておけば妻は安心して生活ができます。そして、妻の死亡により信託が終了するように定め、残った財産の帰属先を弟に指定しておけば、先祖から受け継いだ大切な資産が他家に流れることを防ぐことができるのです。

 

[図表]家族信託制度

 

イラスト/momonga

 

◆まとめ◆

家族信託は財産を「守る」「活用する」「引き継ぐ」ことができる新しい仕組みです。遺言書では二次相続以降の相続について指定することができませんが、家族信託の仕組みを活用することで可能になります。

本連載は、2016年5月20日刊行の書籍『相続・遺言のポイント50』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

山下 江

山下江法律事務所 代表弁護士

昭和27年広島県江田島市生まれ。修道中学・高校卒業、東京大学工学部中退。
平成5年東京弁護士会に登録。平成7年7月広島弁護士会に登録替えをし、山下江法律事務所を設立。平成18年度広島弁護士会副会長に就任。現在、中四国最大級の法律事務所、山下江法律事務所を経営。民事や刑事、企業法務などを幅広く手がける。
また、ベンチャー企業を支援するNPO法人「広島経済活性化推進倶楽部(KKC)」理事長、高齢者をサポートする一般社団法人「人生安心サポートセンターきらり」顧問、瀬戸内海の環境保全を目的としたNPO法人「さとうみ振興会」会長など、多くの社会貢献活動にも積極的に関わっている。広島県知事・湯崎英彦氏が呼びかける「イクボス同盟ひろしま」にも参加し、子育て応援をしている。
平成29年より支部展開を開始。1月に東広島支部、呉支部を開設予定。平成30年には福山や岩国へも拠点を置く計画。地域に密着した身近な弁護士を目指す。

山下江法律事務所HP:http://www.law-yamashita.com/

山下江ブログ「なやみよまるく」:http://7834-09.law-yamashita.com/

著者紹介

連載相続トラブルを未然に防ぐ「遺産分割」「遺言」の基礎知識

相続・遺言のポイント50

相続・遺言のポイント50

山下 江 編著

南々社

相続に関する法律は少々複雑であり、これらを直接読んで理解するのは困難です。しかし、相続は誰にでも発生する問題であり、誰もが理解しておくべき事柄だといえます。相続の本の中で、一番わかりやすい内容を目指した本書は、…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest