相続・事業承継 相続対策
連載相続トラブルを未然に防ぐ「遺産分割」「遺言」の基礎知識【第7回】

相続発生後、複数の遺言書が出てきた場合の対応法

遺言書

相続発生後、複数の遺言書が出てきた場合の対応法

今回は、相続発生後、複数の遺言書が出てきた場合の対応法について見ていきます。※本連載は、弁護士・山下江氏の著書、『相続・遺言のポイント50』南々社)の中から一部を抜粋し、相続・遺言書の意外に知られていない、財産分与に関連のある法律についてわかりやすく解説します。

遺言書が2通以上ある場合は「新しいもの」が優先

甲野太郎さんが亡くなって、相続人として太郎さんの子である甲野花子さん、甲野一郎さんがいた場合を考えてみます。遺言書が2通発見された場合、どちらの遺言書が有効なのでしょうか?

 

このような場合、遺言書の日付が一番新しいものが優先することになっています。そのため、まずは遺言書の日付を確認することが大事です。これは遺言書の種類(自筆証書遺言か公正証書遺言かなど)にかかわりません。

 

それでは、常に日付が新しい遺言書が優先し、日付が古い遺言書は常に無効なのでしょうか? これについては、内容が矛盾しないのであれば、古い遺言書も新しい遺言書に矛盾しない限りで有効になります。

 

イラスト/momonga

 

それでは、下記図表の遺言書について見てみましょう。まず、遺言書の作成日付を見てみると、右側の遺言書は左側の遺言書の1年後に作成されています。そうすると、右側の遺言書が優先することになります。


[図表]遺言書が2通以上ある場合

 

 

第1条を見ると、甲土地について相続する者が異なっているので内容が矛盾しています。そうすると、新しい右側の遺言書の内容が優先し、古い左側の遺言書の内容は無効となります。そこで、甲土地については花子さんが相続することになります。

 

これに対して、第2条について見ると、左側の遺言書では乙建物を甲野花子に相続させるとし、右側の遺言書では丙建物を甲野一郎に相続させるとしています。乙建物と丙建物は別の不動産なので、それぞれを別人が相続しても矛盾しません。

 

そうすると、左側の遺言書は日付が古いものの、第2条に関しては、内容が矛盾していない以上、有効です。したがって、乙建物については花子さんが、丙建物については一郎さんが相続することになります。

遺言書は発見してもらえるように保管する

なお、せっかく遺言書を書いても、後で相続人が発見してくれなければ全く意味がありません。

 

そこで、遺言書を作成したら、弁護士などの専門家に保管を依頼し、このことを将来の相続人にも伝えておくとよいでしょう。

 

◆まとめ◆

遺言書が2通以上ある場合、遺言書の形式にかかわらず、日付が新しいものが優先します。しかし、内容が矛盾しない場合は、矛盾しない範囲で日付が古い遺言書も有効になります。また、死後きちんと遺言書を相続人に発見してもらえるよう、弁護士に預けるなどしていると安心です。

本連載は、2016年5月20日刊行の書籍『相続・遺言のポイント50』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

山下 江

山下江法律事務所 代表弁護士

昭和27年広島県江田島市生まれ。修道中学・高校卒業、東京大学工学部中退。
平成5年東京弁護士会に登録。平成7年7月広島弁護士会に登録替えをし、山下江法律事務所を設立。平成18年度広島弁護士会副会長に就任。現在、中四国最大級の法律事務所、山下江法律事務所を経営。民事や刑事、企業法務などを幅広く手がける。
また、ベンチャー企業を支援するNPO法人「広島経済活性化推進倶楽部(KKC)」理事長、高齢者をサポートする一般社団法人「人生安心サポートセンターきらり」顧問、瀬戸内海の環境保全を目的としたNPO法人「さとうみ振興会」会長など、多くの社会貢献活動にも積極的に関わっている。広島県知事・湯崎英彦氏が呼びかける「イクボス同盟ひろしま」にも参加し、子育て応援をしている。
平成29年より支部展開を開始。1月に東広島支部、呉支部を開設予定。平成30年には福山や岩国へも拠点を置く計画。地域に密着した身近な弁護士を目指す。

山下江法律事務所HP:http://www.law-yamashita.com/

山下江ブログ「なやみよまるく」:http://7834-09.law-yamashita.com/

著者紹介

連載相続トラブルを未然に防ぐ「遺産分割」「遺言」の基礎知識

相続・遺言のポイント50

相続・遺言のポイント50

山下 江 編著

南々社

相続に関する法律は少々複雑であり、これらを直接読んで理解するのは困難です。しかし、相続は誰にでも発生する問題であり、誰もが理解しておくべき事柄だといえます。相続の本の中で、一番わかりやすい内容を目指した本書は、…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest