残された家族が困らない「遺言書」作成のポイント

前回は、家族信託を活用する際は、家族の状況をよく考えるべき理由を説明しました。今回は、相続トラブルを防ぐ正しい遺言書の書き方を見ていきます。

「財産管理」は元気なうちに家族に託しておく

 

社会全体の高齢化が急速に進む中「老老介護」という言葉をよく耳にしますが、相続でも「老老相続」が急増しています。

 

相続人が高齢化すると、さまざまな法律行為ができなくなり節税策が機能しなくなるケースや、相続人となるはずの子供が先に死去するケースなども珍しくなくなってきました。そのため、あらゆるケースを想定して相続対策を立てる必要性が高まっています。

 

そんな対策の一つとして近年注目されているのが、元気なうちに家族に財産の管理を託す「家族信託」です。

 

これまで認知症対策として利用されてきた「成年後見」に比べてかなり柔軟性が高く使いやすいので、老後の不安を解消する方策の一つとして検討する価値は大きいと言えます。

 

また相続に向けた最終的な備えとしては遺言書が重要ですが、こちらには三つの形式があり、それぞれ作成方法や有効なものとするために満たすべき条件、メリットやデメリットに違いがあります。詳しくは専門家に相談するのがよいでしょう。

遺言書作成の「9つ」のポイントとは?

遺言書は残された家族のためのものです。受け取った人たちが後で困らないようにするため、次に挙げるポイントを押さえてください。

 

ポイント① 遺言書は公正証書遺言にしておく

 

遺言の改ざんや捏造防止のためです。

 

ポイント② 相続人には「相続させる」、相続人以外には「遺贈する」と言葉を使い分ける

 

相続人が不動産を受け取った時、遺言書に「相続させる」と記してあれば、一人で相続登記することができます。ところが「遺贈する」と書かれていた場合には、相続人全員の印鑑証明書をもらわないと登記ができません。

 

また相続人以外の人に財産を贈る行為は「遺贈」となります。遺言書に「相続させる」と書いてあっても所有権移転登記は「遺贈」となります。

 

ポイント③ 遺留分は必ず考慮する

 

遺留分を無視する場合は、付言事項で理由を書きましょう。

 

ポイント④ 付言事項で自分の思いを伝える

 

なぜそのような分配になったのか、相続人に理解してもらうことで無用な争いを防ぐことができます。

 

ポイント⑤ 遺言執行者(遺言書にそって手続きを行う人)を指定しておく

 

相続財産は相続人全員の協議により分割されますが、遺言執行者を指定しておけば相続人全員の同意を得なくても相続手続きを行うことができ、遺産分割がスムーズに進みます。

 

ポイント⑥ 財産の処分法はなるべく財産を特定して指定する

 

財産を割合で遺言すると、プラスの財産ばかりではなく借金も負担することになります。不動産や動産、金融資産など誰に何を相続させたいのかを明記しましょう。割合で指定する場合には、すべての受遺者(遺贈を受ける人)に対する指定でも、一部の受遺者だけを対象とする指定でもかまいません。

 

ポイント⑦ 用紙が2枚以上にわたる場合はしっかりと契印を押す

 

遺言書の用紙の大きさは自由です。しかし、用紙が小さすぎて書ききれないなら、大きな用紙を使い2枚以上にわたらない方が無難です。2枚以上にわたる場合は、用紙と用紙の境に契印を押します。

※なお、遺言書に使用する印は、すべて同じものを使います。

 

ポイント⑧ 封筒に収納する

 

遺言書は封筒に入れる必要はないとされていますが、秘密保持や偽造・改ざんを防ぐためにも封筒の利用をおすすめします。封筒には遺言書に書かれている日付・氏名を書き、印を押します。表には「遺言書」「開封厳禁」等と明記しましょう。

 

ポイント⑨ 財産は漏れのないようにすべて記載する

 

税務調査では相続財産の計上漏れの有無を必ずチェックします。財産の処分方法を記載する際には、「(特定の財産)以外のすべての財産」と明記し、財産がすべて処分されることを証明しましょう。

 

[図表]亀山家の遺言書

本連載は、2015年2月27日刊行の書籍『家族のトラブルをゼロにする生前の相続対策』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

関 博

株式会社関総研結い相続支援センターアズタックス税理士法人 代表公認会計士・税理士

1948年生まれ。香川大学経済学部卒業後、大阪国税局に入局。等松・青木監査法人(現有限責任監査法人トーマツ)を経て、1978年関公認会計士事務所を開設。1983年に株式会社関総研を設立、2004年には株式会社関総研財産パートナーズを設立、そして2013年10月大阪証券取引所ビルに相続・資産管理支援専門の「結い相続支援センター」を開設した。日本M&A協会副理事長。

著者紹介

連載「家族信託」ですべての家族の希望を叶える方法

家族のトラブルをゼロにする生前の相続対策

家族のトラブルをゼロにする生前の相続対策

関 博

幻冬舎メディアコンサルティング

平成27年1月、改正相続税法が施行されました。中でも基礎控除の4割縮小により、今まで相続税がかからなかった家族も課税されるケースが増えることが話題となっています。うちの家族は仲がよいから大丈夫、あるいは財産が多くは…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest