不動産 国内不動産
連載不動産投資を成功に導く「土地値物件」の活用術【第1回】

株式投資との比較で見る「不動産投資のメリット」とは?

新連載インカムゲイン株式投資

株式投資との比較で見る「不動産投資のメリット」とは?

不動産投資は購入することが目的ではなく、「運用益」を出すことが目的です。本連載では、不動産投資の基本的な仕組みと、安定した賃貸経営を行うためのポイントを紹介します。

不動産投資の特徴をつかめば優位性を発揮できる

不動産投資は長期間にわたる投資であるため、成功しているのかうまくいっていないのかが売却するまで不確定の部分があります。特に退去に伴う修繕費、入居経費は賃貸経営における出費に大きな影響を及ぼし一時的に赤字になる場合も出てきます。

 

しかし、不動産投資は初期の物件の選定を間違えず、運用、出口のポイントをきちんとおさえ、長期的視点で見れば確実な収益を生んでくれる最優良投資であるといえます。そこで本連載では、まずはじめに不動産投資の最も基本的な運用の仕組みをおさえ、その上でどのようなポイントに注目すれば安定した賃貸経営を行うことができるのかをご紹介していくことにしましょう。

 

本連載で不動産投資の運用を説明する上でまずお伝えしたいのが、不動産投資には株式などの投資にはない独特の特徴があるということです。その特徴をつかみ、適正に投資を行うことにより、株式投資や投資信託と比較しても優位性を発揮できますので、その特徴を具体的にお伝えしていきたいと思います。

不動産の優位性は長期借入によって投資ができる点

●不動産投資のメリット①

ローリスクである

まず、不動産投資の優位性は、融資が組みやすいため他人のお金で運用しやすい(投下自己資金が少ない)ということです。では株式投資は長期借入ができないのかというと、そんなことはありません。筆者は株式投資には元本保証がないということ、そしてプロでも難しいという理由で、借入資本による運用はお薦めしません。

 

現在多くの方がFX、投信などに借入資本で運用しています。特に日本はアベノミクスの影響により日経平均2万円を突破し、多くの投資家が株の上昇に博打を打っていました。筆者のお客様や銀行の方からも、株式、投信で儲かったという話を多く聞きました。

 

しかしそのすぐ後、中国経済の先行不安から日経平均は約20%も急落し、株のマーケットは崩れました。筆者の知り合いで、アベノミクスにより自己資金500万円、33倍のレバレッジ、3点に集中投資をしていた人は、3銘柄平均で13.8%もの急下落が発生しました。つまり500万円×33倍×0.138=2277万円が一夜にしてすっとんだのです。信じられますか?

 

その方は自分の資産を投げうって株式投資から辞退しましたが、このように経済変動で株のマーケットは急変しますので、株式投資は本当に難しいものです。自分の保有している金融資産以上に運用するのは、状況によっては破産を招くハイリスク投資となってしまうのです。

 

一方、不動産投資の場合、土地と建物という有形物ですので価値が急激にゼロになってしまうという危険性は、震災等がない限りありえませんし、なにより土地、建物を担保にして銀行が融資をしてくれるというメリットがあります。

 

毎月の返済金額に対して、家賃で確実に返済できる目途が立っている投資であれば、アパートローンが完済されたときには少なくとも土地、そして築古ではありますが建物が残ります。土地、建物という元本保証があるという信用を使って、長期の借入により投資できるのが不動産の優位性なのです。

 

それではまず、株式、投信の投資に対する自己資本の必要性をみてみましょう。条件は年間100万円の運用益(キャッシュフロー)を得ることが目的、年間利回りは2%で運用、売り買いはなく1年通年で保有した場合。

 

A×2%=100万円 A=5000万円

 

投下自己資金Aは5000万円となり、元本リスクを考えるとすべて自己資金が必須と考えざるを得ません。不動産の場合で総額の9割融資が組めたとしますと、土地値であれば、

 

自己資金(5000万円×0.1)+借入(5000万円×0.9)×2%=100万円

 

株と比較し、自己資金は10分の1の500万円で運用が可能です。

 

不動産のインカムゲインは借入総額の2%の経常利益を得られれば「合格」だという通説がありますが、借入資本で運用でき、資産性があるところにメリットがあります。ただし、いわゆるアパートローンは借金です。そのため、「借りられればいい」ということではなく、収入と返済のバランスが非常に重要です。のちほど利回りの項で、収入と返済のバランスについてお伝えしたいと思います。

本連載は、2016年5月31日刊行の書籍『不動産投資は「土地値物件」ではじめなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

菅谷 太一

ハウスリンクマネジメント株式会社 代表取締役 宅地建物取引士/液化石油ガス設備士/丙種ガス主任技術者

東京都八王子市出身。新卒で株式会社ミツウロコに入社。プロパンガスの営業、不動産リフォームに約10年携わり、仙台、埼玉で約500 名の大家、約200 社の不動産会社のサポートを行う。その後、武蔵コーポレーション株式会社に転職。約1000 件の賃貸管理、4500 件のリフォーム提案を行い、賃貸管理、収益不動産のノウハウを学ぶ。平成26年、ハウスリンクマネジメント株式会社設立、現在に至る。

著者紹介

連載不動産投資を成功に導く「土地値物件」の活用術

不動産投資は「土地値物件」ではじめなさい

不動産投資は「土地値物件」ではじめなさい

菅谷 太一

幻冬舎メディアコンサルティング

「区分マンションは初期投資が少ない=ローリスク」 「都心の新築物件は空室率が低い=ローリスク」 そう思い込んでいませんか? 不動産投資成功の必須条件はきちんとした投資目線を持つことです。本書では“儲かる”物件選び…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest