医師こそが不動産の価値を高め、最大化できる職業

医師と不動産投資。どんな関係性があるのでしょうか。実は不動産投資を行うには医師こそが一番有利であり、非常に大きなメリットがあるのです。この連載では、その謎を紐解いていきたいと思います。

不動産はただの箱。そこに何を入れるかが重要

医師が不動産投資を始めると、「付加価値」もつけることが可能になります。不動産投資は、お金さえあればもちろん、誰にでも始めることができます。しかし、成功している不動産投資家は圧倒的に医師の方が多い。それはなぜかというと、これからの不動産投資において最も必要なことを、医師はあらかじめ備えているからです。

 

土地? 資金? 時間? やる気? 情報? 分析力?

 

もちろん、これらは不動産投資を行い、成功させる上でとても大切な要素です。ただ、筆者が最も必要だと考えているのは少し違います。何も不動産投資に限ったことではありませんが、成功させるカギは強い信念と、それを行う必然性だと考えています。この必然性には社会的な要因が関わってきます。

 

まずは筆者がこれからの不動産業界がどのようになっていくと考えているのかをご紹介しましょう。

 

少子高齢化社会を迎えている状況の日本は、すでに死亡者数が出生者数を上回るという人口の自然減が始まっています。総務省統計局が発表した資料によると、住宅数が増えている一方で、空き家数や空き家率も上がり続けています。つまり、今後の賃貸住宅市場においては入居者獲得の競争が激化することが目に見えているというわけです。

 

不動産+医療サービス=無限の可能性

では、そんな時代にあえて不動産投資をするメリットはあるのでしょうか?

 

答えは〝イエス〞です。ただし、もはやかつてのバブル経済のときのように、不動産を買い、所有するだけで価値が上がっていくという時代ではありませんし、誰でも不動産のオーナーになれば成功するというわけでもありません。実際、過去に不動産に投資した人の中には損をしているケースもあります。

 

現在は地価も含めて不動産価格が大きく下がっています。もちろん価格が上がらなければ儲かることはないわけですが、ここで今後価値を上げるであろう社会的な要因が存在します。それが少子高齢化であり、医療ニーズの増大です。

 

そもそも不動産といっても、言ってしまえばただの箱です。この箱の中に、これから需要の高まる中身を入れることができれば、確実に投資は成功します。

 

これから需要の高まる中身にあたるのが「医療」と「健康」。取得した不動産をそうしたニーズに合わせて運用していくことが、物件の価値を最大限に高めることにつながると私は確信しています。そして、医師こそ不動産を医療や健康のために使うことができるのです。式にしてみると次のような感じです。

 

不動産+医療サービス=無限の可能性

 

不動産という箱の中に、医師にしかできない医療サービスという中身を詰めることができれば、そこから先は無限の可能性が広がります。そんなわけで、筆者は今、医師こそが不動産の価値を高め、最大化するのに最適の職業だと強く感じているのです。

本連載は、2013年8月25日刊行の書籍『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「ドクター向け」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載医師にしかできない不動産投資術

株式会社トライブ  代表取締役社長

1979年生まれ。東京の不動産投資会社にて、土地売買からアパート、マンション、ビル建設までを幅広く手掛ける。自らが考える不動産価値と収益を最大化する不動産物件を実現するため、2010年に㈱トライブを共同で設立。翌2011年、同社代表取締役就任。これからの高齢化社会では、不動産と医療は密接に連携すべきという持論の下、高収益と高付加価値を同時に実現する独自の不動産物件を多数手掛ける。自ら沖縄の医療法人にも助力し、倒産しかけた医療施設の再建に乗り出し、再生させた。また、新たな医療法人の立ち上げにも参画し、地域医療の活性化に努めている。著書に『なぜ医者は不動産投資に向いているのか?』『資産10億円を実現する 医師のための収益物件活用術』(いずれも幻冬舎)がある。

株式会社トライブホールディングス:http://trivehd.co.jp/

著者紹介

なぜ医者は 不動産投資に向いているのか?

なぜ医者は 不動産投資に向いているのか?

大山 一也

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢化する日本社会で国庫支出の医療費は逼迫し、患者数は増加の一途。特に勤務医などは激務が続く。30代後半の勤務医の平均年収は2000万とも言われるが、税引き後の手取りは900万とも。さらに医療訴訟とは常に背中合わせ、つ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!