私募リートの組成で企業が不動産所有リスクを減らせる理由

前回は、私募リートに不動産が組み入れるプロセスを説明しました。今回は、企業が私募リートを組成することで得られるメリットを見ていきます。

不動産を貸借対照表から切り離なせる

企業が私募リートを組成する場合、もとから自社で保有していた不動産を投資法人に譲渡するケースが一般的です。その場合にも、もちろんここまで述べた手続きをとることが必要となります。

 

ちなみに、自社保有の不動産を私募リートに組み入れる場合、企業はオフバランスの効果を享受することが期待できます。「オフバランス」とは、事業で活用している資産・負債を、貸借対照表(バランスシート)に計上されないよう切り離すことです。

企業の財務状況を改善することが可能

たとえば、不動産価格が年々下落していくような状況で不動産を持ち続けていれば、企業の財務状況に悪影響がもたらされるおそれがあります。

 

しかし、オフバランスによって不動産を貸借対照表から切り離しておけばそうした事態は防げますし、また不動産の売却によって得た資金で有利子負債を返済すれば資産全体の圧縮も図れます。さらには、より収益性の高い不動産に投資するという選択肢も考えられます。

 

このように、私募リートを組成することにより、企業は不動産をもつリスクを大きく減らすと同時に、自社が発展していくための資金を効率的に調達することが可能となるのです。

 

【図表 オフバランスのイメージ】

本連載は、2016年1月25日刊行の書籍『世界一わかりやすい私募REITの教科書』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「資産運用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「投資信託」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載安定リターン&リスク分散を狙える「私募リート」の基礎知識

センコー・アセットマネジメント株式会社 代表取締役

1961 年生まれ。東京大学経済学部卒業。1984 年株式会社日本長期信用銀行(現株式会社新生銀行)入行。国内外の金融機関及び物流会社に勤務後、2009 年にセンコー株式会社へ入社し、特命担当課長としてカザフスタンでのプロジェクトに参画。2014 年にセンコー・アセットマネジメント株式会社を立ち上げ、同社代表取締役に就任。センコー株式会社の私募REIT の組成と運用を手がける。

著者紹介

世界一わかりやすい私募REITの教科書

世界一わかりやすい私募REITの教科書

初村 美宏

幻冬舎メディアコンサルティング

取引所に上場せず、オープンエンドで運用される不動産投資ファンド「私募REIT」。1990年代にアメリカで人気となり日本でも2001年から発売が開始、不動産投資市場でも急成長を遂げている人気の投資商品である。主な投資者は機関…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧