その他 経営戦略
連載中小企業経営者のための「資金繰りの危機」早期発見・治療マニュアル【第3回】

会社存続のカギを握る金融機関への「リスケ」依頼の進め方

資金調達リスケジュール

会社存続のカギを握る金融機関への「リスケ」依頼の進め方

今回は、経営悪化から本格的な危機へと陥らないための鉄則となる、金融機関への返済条件の変更依頼について見ていきます。※本連載は、株式会社アセットアシストコンサルタントのCEO兼統括コンサルタントを務める大森雅美氏の著書、『銀行から融資を受ける前に読む』(旬報社)の中から一部を抜粋し、中小企業経営者が自社の問題点をいち早く察知し、スムーズな資金繰りと堅実な事業経営を実現するためのポイントを紹介します。

「逃げる」ことが危機を深刻化させる

前回の続きです。自社で簡易なデューデリジェンスをしてみて、やはり会計上ではなく、資金繰り上厳しい状況であることがわかりました。

 

ではどうするか。病気を重くしない、こじらせないようにしなければなりません。まず、声を大にして言いたいのは「逃げるな!」ということです。これは経営悪化から本格的な危機へと陥らないための鉄則です。

 

ある企業の場合、黒字経営だったのに、あるとき、銀行への月々の返済が滞りそうになっただけで、銀行からの電話にも出ないで、ずっと逃げていた。そしたら、銀行が保証協会に投げて代位弁済されてしまっていた。

 

その会社の社長は七十歳代の分別ある方でしたが、それをもってもこうです。返済のためのお金がないと知った経営者の多くが逃げようとする。でも、いくら逃げ回っても、逃げ切れるわけではないのです。

 

まず、多くの場合、金融機関に融資の返済ができなくなることから本格的な危機がはじまります。そして社長が逃げることが、危機を深化させます。払えないから逃げて、手を打たない。すると、督促がくる。「期限の利益」がなくなり、一括返済を迫られる。分割で払えない人が一括で払えるわけもなく、そこでまた逃げる。

 

すると、いよいよ差押えとなり、事業も自宅も失う、というふうに、どんどん深刻になっていきます。元凶は逃げるという行為です。

 

しかし、なぜ逃げようとするのでしょう。それは、何をしていいかわからないからです。こういう場合に、どう対処すべきかを知らないのです。教えられることもなく、相談相手もいない。私は、これは恐るべきことだと思います。

 

一般的には、危機のとき人はパニックになりがちだから、対応をマニュアル化すべきだといいます。地震のときは、すぐ火を消して机の下にもぐる。津波が来たら、一目散に海岸から離れて高いところに上がる。でも、経営危機への対応は教えられていないのです。

 

返済が苦しくなったら、まずはリスケジュールです。

正面から金融機関に向かい合い「リスケ」の相談を

金融機関にわけを話して返済条件の変更(リスケジュール。「リスケ」とも言う)を頼み込みます。それがオーソドックスな対応です。

 

当面、たとえば、利息だけの支払いでしのげれば、ひとまず態勢立て直しの余裕ができます。率直に、誠実に、正面から金融機関に向かいあってください。「リスケ」は難しくありません。銀行に説明して協力をお願いするだけなのです。それだけで、危機を入り口で食い止めることができます。早期治療ですね。

 

どの段階でも打つ手はあるのですが、やはり、逃げることがいけないのは、対応が遅くなってしまうからです。早め早めに手を打てばなんでもなかったことが、逃げることで、時間がどんどん過ぎていって、最悪の事態を招くまでになります。小さな切り傷が、消毒しなかったら化膿して手術が必要になるようなものです。

 

返済を初めて止める段階で「リスケ」を交渉するのは簡単ですが、延滞期間が数ヵ月も続き自宅が差押えされそうになってしまった段階での再生には、打てる手が狭まり、再生できる選択肢をなくしていきます。非常に苦しく辛い部分も出てきます。それに、終結までに長い努力が必要になります。

 

早期発見、早期治療ということが、やはり事業の再生の現場でも必須です。

大森 雅美

株式会社アセットアシストコンサルタント CEO兼統括コンサルタント

事業再生を得意とする経営コンサルタント。
1970年生まれ。神奈川大学法学部卒業。株式会社アセットアシストコンサルタントのCEO兼統括コンサルタントとして日々活動中。著書に『あきらめるのは早すぎる―大森雅美の目からウロコの事業再生術』(2012年、旬報社)などがある。

著者紹介

連載中小企業経営者のための「資金繰りの危機」早期発見・治療マニュアル

銀行から融資を受ける前に読む

銀行から融資を受ける前に読む

大森 雅美

旬報社

事業が難しい状況になれば、誰でも憂鬱でうなだれてしまうものです。ですが、ここで差が出ます。この本なら、うなだれずに、顔をあげて前に進む心構えと考え方を持てるでしょう。日常的なことから、いざという時に役立つ知識と…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest