会社の資産構成が分かる「貸借対照表」の読み方

前回は、競争社会を生き抜くために重要な「会計」の基本知識について説明しました。今回は、中小企業の経営で特に重要となる「貸借対照表」の読み方について見ていきます。

マスターすべきは、やはり貸借対照表と損益計算書

中小企業の経営では、次の4つの計算書が特に重要視されます。

 

●貸借対照表(B/S)・・・会社の資産構成を見るもの

●損益計算書(P/L)・・・期間ごとの経営成績を見るもの

●製造原価報告書(C/R)・・・その期間に製造した製品の製造原価を見るもの

●キャッシュフロー計算書(C/F)・・・現預金などのお金の流れを見るもの

 

「経営指標」を見るには、このうちの貸借対照表と損益計算書についてマスターしてもらう必要があります。今回は、貸借対照表を見ていきます。

左側は「資産の部」、右側が「負債の部」に分かれる

貸借対照表を読む

まず、「貸借対照表」の説明からです。貸借対照表は「バランスシート」とも呼ばれます。英語のBalance SheetからB/Sともいいます。

 

B/Sは、決算期の末日における会社の所有財産(資産)のプラス・マイナスを示した表です。この表は真ん中で分かれており、表の右側が「お金の出どころ」を、左側が「お金の使い道」を示しています。

 

たとえば、100万円の機械(固定資産)を買うには、100万円の資金(借入金等や資本金)が必要です。そのため、左右の金額は必ず同じになり釣り合います。このことから、バランスシートと呼ばれるようになりました。

 

もう少し詳しく見ていきましょう。

 

【図表1 貸借対照表の構造】

 

左側は「資産の部」といいます。自分の会社を見回して、金銭的な価値のあるものはすべて、この資産の部に入ると考えればいいでしょう。現預金や有価証券などの「換金性の高い資産(現金化しやすい資産)」は流動資産とし、土地建物や機械などの「換金性の低い資産(現金化しにくい資産)」は固定資産として扱います。

 

右側の上部は「負債の部」です。ここには銀行などから借りたお金が入ります。その返済期間によって、「返済期間が1年以内の負債」は流動負債とし、「返済期間が1年を超える負債」は固定負債として扱います。

 

右側の下部は「純資産の部」です。ここには株主から出資してもらったお金や過去の利益の残余などが入ります。資本は自分のお金なので、返済する必要はありません。実際のB/Sは図表2のようになります。

 

【図表2 賃借対照表の例】

本連載は、2015年7月30日刊行の書籍『低成長時代を生き抜く中小企業経営9カ条』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

「経営戦略」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「事業再生」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載資金調達力・収益力を倍増させる「戦略会計」とは?

真下公認会計士事務所 所長

真下公認会計士事務所所長。公認会計士。税理士。埼玉県東松山市を基盤に、50年以上にわたって法人および個人の会計・税務業務に従事。現在も顧問先は500を超える。クライアントの永続発展を第一に、会計にとどまらず起業家支援やM&A業務、資産運用、経営革新支援など多岐にわたるノウハウで企業をサポートしている。埼玉県税理士会理事、公認会計士協会埼玉県会会長、日本公認会計士協会常務理事(6年)、日本公認会計士協会租税調査委員会委員長(3年)、日本公認会計士協会経営研究調査会委員長(3年)などを歴任。

著者紹介

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

低成長時代を生き抜く 中小企業経営9カ条

真下 和男

幻冬舎メディアコンサルティング

経済成長や景気回復が報じられ、企業の倒産件数も減少傾向にあると言われるその裏で、休廃業・解散に追いこまれる企業の数が高止まりしている事実が隠されています。休廃業・解散は、経済状況悪化による事業継続困難という意味…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧