税金 節税 相続税対策
連載仕事と生活に関わる「税金」のしくみ【第2回】

「消費税」の納税のしくみはどうなっているのか?

消費税間接税仕入税額控除地方消費税都道府県税

「消費税」の納税のしくみはどうなっているのか?

今回は、消費税の具体的な納税のしくみについて見ていきます。※本連載は、公認会計士・税理士の梅田泰宏氏の最新刊、『これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版3版』(フォレスト出版)の中から一部を抜粋し、仕事と生活に関わる「税金のしくみ」について紹介します。

消費税は、税を負担する人が直接納税しない「間接税」

私たちは、モノやサービスを消費するたび、消費税を支払っています。しかし、自分で商売をしている人を除けば、消費税を直接「納税」していません。誰が納税しているかというと、私たちがモノやサービスを買った事業者です。

 

たとえば、100円ショップで100円商品を買うと、私たちは108円を支払います(平成26年4月〜29年3月の場合)。このうちの8円はお店などが税務署に納めます。このとき、お店は消費税を預かるだけで、自分では負担していません。

 

このように、税を負担する人(担税者)と、税を納める人(納税者)が異なるのが「間接税」です。消費税は、代表的な間接税なのです。

 

ところで、100円ショップは私たちから8円を預かり納税しますが、工場などから仕入れる際には自らも消費税を支払っているはずです。

 

その分の消費税は、工場などが納税しますから、そのままだと二重に支払っているということになってしまいます。その工場なども、原材料を仕入れる際に消費税を払うということを考えれば、四重五重の課税になっているということなのでしょうか?

 

このようなことにならないよう、事業者が納める消費税を計算する際には、仕入れるときに支払った消費税を差し引くしくみになっています。

 

より正確にいうと、消費税の課税売上にかかる消費税額から、課税仕入にかかる消費税額を控除して、納税額を計算しているということです。

 

この控除のことを「仕入税額控除」といいます。仕入税額控除があるため、左の図のように長い流通過程があっても消費税の総額は8%に収まり、それを最終的な消費者が負担することになるのです。

 

[図表1]消費税の納税のしくみ

8%のうち1.7%は「地方消費税」

消費税とひと口に言っても、実は8%のうち6.3%が国税で、残り1.7%は「地方消費税」(都道府県税)です。5%のときは1%が、10%になると2.2%が地方消費税になり、合わせて5%、10%になっているのです。

 

もっとも、消費税を納税する事業者が、国の消費税と地方消費税を分けて申告・納付する必要はありません。事業者の事務負担を軽くするため、地方消費税も国の消費税と合わせて税務署に申告・納付することになっているからです。

 

税務署に納めた地方消費税は、後日、国から都道府県に払い込まれます。

 

[図表2]消費税の「仕入税額控除」とは?

本連載は、2016年4月2日刊行の書籍『これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版3版』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

梅田 泰宏

梅田公認会計士事務所
税理士法人 キャッスルロック・パートナーズ
公認会計士・税理士 

1954年、東京生まれ。公認会計士、税理士。中央大学卒業後、監査法人中央会計事務所(現・みすず監査法人)入社。1983年、梅田公認会計士事務所を設立。企業における幅広いコンサルティング活動を精力的に行なう。2004年、社会保険労務士、司法書士との合同事務所「キャッスルロック・パートナーズ」を設立。2006年、税務部門を税理士法人として新たなスタートを切った。

著者紹介

連載仕事と生活に関わる「税金」のしくみ

これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版3版

これだけは知っておきたい「税金」のしくみとルール改訂新版3版

梅田 泰宏

フォレスト出版

税金は、私たちの生活に密接に関わっています。 税金は「景気の調整」や「政策の手段」という役割を担っているため、 政府が税金を操作することで景気を抑制・刺激したり、 政策に沿うように私たちの行動をコントロールしてい…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest