資産運用 資産形成
連載資産防衛の最終兵器「アンティークコイン投資」の魅力【第15回】

コインの「鑑定会社」の仕組みと鑑定価格が決まる基準とは?

アンティークコイン

コインの「鑑定会社」の仕組みと鑑定価格が決まる基準とは?

前回は、売りやすいコイン、狙い目のコインとは何かを説明しました。今回は、コインの価格を決める「鑑定会社」の仕組みと、価格のつけ方について見ていきます。

鑑定会社の大手2社はPCGSとNGC

鑑定会社については、これから投資をするうえでは、鑑定会社の仕組みをよく理解しておく必要があります。

 

鑑定会社、オークション会社、造幣局の三者が三つどもえになって、コインの価格形成をしていることは、連載第6回ですでに紹介しましたが、オークション会社は、出品する人がいなければビジネスになりませんので、オーナーが出品しやすい状況をつくるために、少しでも価格を上げようと工夫しています。

 

鑑定会社は、新しく出たものを次々と鑑定したり、過去に発行されたものでも鑑定されていないものを鑑定し、投資家が安心して購入できる環境をつくるとともに、より精密な鑑定を行い、少しでも価格を高くできないかを判定します。

 

すでに鑑定が行われたものでも、それが10年前、20年前であれば、グレードを上げることができないか再鑑定をすることもあります。鑑定会社も徐々に鑑定方法を進化させ、かつ細分化していますので、再鑑定でグレードアップする可能性もあるのです。

 

ただ、再鑑定で必ずしもグレードアップするとは限りません。稀にではありますが、グレードが下がってしまうこともあります。それでは依頼人にとって再鑑定の意味がありませんから、鑑定をしなおすときは、グレードがアップしなければ据え置くことを条件に依頼することも可能です。

 

また、大手2社の鑑定会社であるPCGSとNGCでは、PCGSのほうが鑑定基準は厳しいので、PCGSの鑑定を受けていたものをNGCで再鑑定してもらい、グレードをアップするということも行われています。

 

ただ、PCGSの鑑定を受けているほうが価格は高い傾向にあるので、どちらが有利かはそのコインによって個別に判断することになります。

 

NGCの会員になると、マーケットリポートが毎週送られてきます。そこには、コインの価格動向が掲載されています。代表的なコインの価格がどう変化したのかがわかるようになっているわけです。

 

たとえば、アメリカの代表的なコインであるリバティ、あるいはインディアンヘッドと呼ばれる5ドル、10ドル金貨、モルガン銀貨などの価格が掲載されています。

コインの価格は「発行年度」と「グレード」で決まる

鑑定結果を左右するのは、主に発行枚数と残存枚数です。当然、枚数が少なくなるほど希少価値が出ますから、それが評価に加味されます。

 

仮に5年間、オークションに出ていなければ、取引が行われないので、売買結果としての価格は上昇しませんが、オークションに出なくても、資産価値は少しずつ上がっていきます。

 

そして、コインの価値は発行年度とグレードの二つの観点から見られているので、誰かが飛びぬけた価格をつけると、他のコインの価格もそれに追随します。

 

たとえば、同じコインで1850年鋳造のものはオークションに出品されたけれど、1857年鋳造のものは出ていないという場合、二つが同程度の枚数だとすれば、1850年ものに1.5倍の価格がつけば、1857年ものの価格も1.5倍に判定されます。

本連載は、2016年2月12日刊行の書籍『超富裕層だけが知る資産防衛の裏ワザ アンティークコイン投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

石山 幸二

株式会社トレーディングリブラ 代表取締役

日本におけるアンティークコイン投資の第一人者。1966年生まれ。2008年まで勤務した大手アパレル企業を退職後、投資家として独立。不動産やFXなどによって3年で資産を1億円に増やす。その後、アンティークコイン投資と出会って1年で3000万円を稼ぎ、自らコインショップの株式会社トレーディングリブラを設立し代表取締役に就任。

著者紹介

連載資産防衛の最終兵器「アンティークコイン投資」の魅力

超富裕層だけが知る資産防衛の裏ワザアンティークコイン投資

超富裕層だけが知る資産防衛の裏ワザアンティークコイン投資

石山 幸二

幻冬舎メディアコンサルティング

増税、インフレ・・・多額のお金を持っているほど、資産を「守る」ことが難しくなった現代。不動産や保険など様々な投資対象が資産防衛手段として喧伝されていますが、未だに唯一解は提示されていません。そんな中、本書では知…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest