相続・事業承継 M&A 事業承継
連載中小製造業の強みを生かして圧倒的高値で売却する方法【第5回】

M&Aで買い手候補が少ない場合の「対象企業」の増やし方

中小製造業

M&Aで買い手候補が少ない場合の「対象企業」の増やし方

前回は、同業界・隣接業界にいる同一業種とM&Aを行うメリットについて説明しました。今回は、買い手候補が少ない場合の「対象企業」の増やし方について見ていきます。

隣接業界の前後工程にいる企業も有力な売却先となる

本連載の第3回と第4回で説明した、縦軸と横軸の関係性を合わせて見ていくと、もう一つ買い手側としての可能性を秘めている方向があることがわかります。それは斜め方向です。斜め方向の企業相手の場合、縦、横両方のメリットを受けられる可能性があります。

 

例えばある2つの大手電気機器メーカーの系列ピラミッドを簡単なイラストにまとめてみました。

 

【図表 売却先には隣接業界の前後工程の企業も有効】

 

Eの企業が事業譲渡を考えるとしたら、ここまで説明してきたD・Fの縦軸、Bの横軸の他、AやCなどの斜め方向の相手にも可能性があるということです。これなら心情的に抵抗感が生まれやすい同系列ピラミッドの同一業種や、類似業種ではないためスムーズに進む可能性が高くなります。そうはいっても業界が同じだと抵抗があるという場合であれば、さらに隣接業界で斜め方向の企業を狙えばいいのです。

 

縦軸や横軸でM&A対象となる企業が少ないもしくは一つもないという時には、こういった斜め方向から相手を探す手もあります。生産能力の強化やシェア拡大というよりは、事業の多角化や新規業界への参入、販路の拡大といった多くのメリットが期待できます。

当該地域への進出を図ってる相手も買い手候補の一つ

売り手側の生産拠点のある地域が買い手側企業にとって魅力になることがあります。

 

現在取引のあるメーカーの新工場設立による供給体制の見直しや、取引先との関係で、これまで生産拠点のないエリアへの進出を考えている企業とのマッチングです。

 

例えば、愛知県刈谷市にあるプレス加工メーカーが取引先との関係で、北九州に新工場をつくらなくてはいけなくなった場合、用地買収から工場建設、設備を設置して稼働するまでには莫大な費用と時間が掛かります。しかも、それほど都合よくいい土地があるかどうかもわかりません。さらに不慣れな土地で従業員を募集し、教育するとしたら、そこにも多大な労力と時間がかかります。

 

自社の技術に自信があり、新たな取引を始められる可能性が高くても、準備から順調に稼働するまでには準備期間も含めて数年かかり、費用対効果から考えても、進出になかなか踏み切ることができません。

 

その点、M&Aで同業種を買うことができればすでに工場もあり、設備や人材もあるため、工場の立ち上げにあまり時間がかかりません。なおかつ相手の売却額にもよりますが、ゼロから工場を立ち上げるよりもコストは安く抑えられます。なによりも最近は人材の確保も非常に困難ですので、すでに技術を習得した従業員を確保できるということは大きなメリットとなります。

 

しかもそのプレス加工メーカーがすでに他の系列メーカーと取引をしていたら、取引先まで獲得することができます。売り手側の心情としても、遠く離れた愛知県の企業であれば同業界、同業種でも抵抗感は抱きにくくなります。

本連載は、2016年4月27日刊行の書籍『中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

浅岡 和彦

ASAKビジネスコンサルティング株式会社 代表取締役

1966年 愛知県生まれ。横浜国立大学経営学部卒業後、株式会社デンソーに入社。人事部門、事業企画部門を担当。また、在職中に税理士資格の取得にもチャレンジし取得。
2002年会計事務所を開業。2006年コンサルティング部門であるASAKビジネスコンサルティング株式会社及び資産管理・不動産部門であるASAK財産コンサルティング株式会社を設立、代表取締役に就任。会計業務のみならず人事、事業企画、事業計画、戦略立案、事業F/S、原価計算・人事制度の構築、システム導入などあらゆる経営課題に対応し、法人から個人のお客様に至るまで、さまざまなニーズにきめ細かいサービスを提供している。十数年間にわたるメーカー勤務時代に築いたノウハウ・人脈をフル活用し、特に製造業のコンサルティングに強みを持つ。

著者紹介

連載中小製造業の強みを生かして圧倒的高値で売却する方法

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

中小製造業の社長が知っておきたい会社の売り方

浅岡 和彦

幻冬舎メディアコンサルティング

自分が高齢になってもその技術や従業員を守っていきたい、自社の技術を信頼してくれる取引先に迷惑をかけたくない――これは中小製造業の社長に共通する願いでしょう。しかし、社長の思いに反し、多くの会社がいま存続の危機に…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest