NZ不動産オークションの様子とリゾート型物件の事例

ニュージーランドでは、今日も白熱した不動産の「オークションナイト」が開催されています。今回は、オークランド郊外にある中古物件のオークションの模様などを見ていきましょう。

白熱する「オークションナイト」

6軒まとめてのオークションナイト! しかし、2軒はすでに売却済み・・・。オークション日を待たずしてオファー(契約依頼)が出され、家主も提示金額を承認したため、オークションをせずに売買契約が成立したのです。

 

 

「もしかしてこの勢いでは、オークションの開催を待たずして全部売れるのではないか!?」――オークションナイトを企画しているものとしては、嬉しいやら寂しいやらで、心は少し複雑です。

 

その後、4軒のうち1軒も事前にオファーが出ましたが、オークション日を前日にしていたため、オークションは続行されることになりました。

 

 

今回は、4軒のうち、エキサイトした2軒のオークション例を紹介したいと思います。

 

1軒目は、オークランドから西方面に車で約20分のアボンデールという街にある、2LDK、駐車場1台付のアパートメントです。築約7年相当の中古物件であることに加え、線路沿いに建っているためロケーションはあまり良くないのですが、電車通勤をする方には駅が近く利便性抜群の物件です。

 

 

そんな中、娘のためにアパートを購入したいという父親が、オークション前日にこの物件を35万5000NZドルでオファーしました。もちろん、家主も喜んでそのオファーを受けます。

 

ただオークション前日だったため、担当セールスマンはオークション続行をお薦めし、翌日オークションに参加をしてもらいました。

 

オークション当日、オークショナーが「35万5000NZドルで事前オファーがあり、家主も承認をした。オン・ザ・マーケットだ!」と告知をし、オークションが開始されます。

 

するとすかさず、娘のためにと物件を買いに来た母親が5000NZドル物件価格を上げました。最初にオファーした父親も5000NZドル上げ、競争が始まります。

 

時間が経つにつれ、上がる金額が1000NZドル、500NZドルと低くなってきます。20代の娘が安心して住め、かつお手ごろ価格という物件ゆえに、両方の親は必死で競争します。

 

しかし最終的に、娘のためにと買いに来た母親が勝利を手にし、37万500NZドルで物件の売買は成立しました。

 

たった数年前まで、このアパートメントはマーケットに出てもなかなか売れず、人気がありませんでした。しかし近年、数少ない郊外のアパートメントであることに加え、価格も安いことから、にわかに注目を集める物件となっていたのです。

 

さて、2軒目はティティランギというオークランドから西へ30分の距離にある、4LDKの1軒屋です。近代的な内装で、システムキッチンやバスルームなど、茶系を基調にした豪華な設備が備わっています。

 

 

オークショナーが「誰が最初にビットしますか?」と言うやいなや、40代くらいの中国人男性がすかさず「80万NZドル!」と手を挙げ、オークションが開始されました。

 

30代くらいの中国人男性も、負けじと「83万NZドル」と手を挙げ、「85万NZドル」「いや90万NZドル」と金額がどんどん上がっていきます。

 

しかし、97万NZドルになった時、最初に手を上げた男性が「もうあきらめる・・・」と手をあげなくなりました。

 

オークショナーは「本当にそれで良いのか?」と綺麗な庭園のスライド写真を写し、加えて「庭はすばらしく、デッキも使い心地いいよ・・・」と言いますが、男性は「あんなの2000NZドル程度で作れるよ」と聞く耳を持ちません。

 

結果、30代くらいの中国人男性が97万NZドルで勝利。あっという間のオークションでした。

 

この物件は500NZドル単位の競り合いではなく、3万、5万NZドル単位で上がっていく高額が取れる短期競売のオークションでした。まだまだオークランド物件はホットであると言えます。

オークランド郊外の「リゾート型物件」とは?

オークランドから南東に位置するワイカト県。その中でも、東に位置するコロマンドル地方のパアヌイ地区をご紹介します。

 

このリゾート地はオークランドから約2時間で行ける場所にあるため、昔から別荘地域として親しまれてきましたが、今はさらに贅沢になり、一部運河がある地域は高級リゾートとして再開発されています。

 

まるでアメリカのフロリダか、ヨーロッパのリゾート地を模したような街並となっています。

 

著者がこの地域を通りがかった際、 運良くオープンホーム(内覧会)をしていましたので、飛び入りで物件を見せてもらいました。

 

 

運河に面し、ボートでもアクセスできる4LDKの一戸建て。キッチン、バスルームも白色を基調にした豪華の設備。リビングからは運河の眺めも良く、まさに憧れの家といった雰囲気です。

 

 

 

近年では、リタイアした人々が別荘ではなく居住物件として購入することが多いようです。理由としては、高速道路の開通によって、オークランドから2時間程度で行けるようになったことが影響しているようです。

 

中古物件の販売もありますが土地の売り出しもしているので、好みの家を建て、ニュージーランドの別荘、またはリタイヤメント居住用として注目されている地域です。

Goo Property NZ Ltd. 代表取締役社長

1982年、大阪女学院短期大学英語科卒業。カリフォルニア大学デイビス校留学。帰国後、旅行会社のツアーコンダクターに従事。1987年、ニュージーランドツアーの添乗を機に、移住希望を持つ。

1995年1月の阪神・淡路大震災を経験し、1996年に移住を実現。 自己の居住用物件さえあれば、落ち着いて生活ができると感じ、ワンルームマンション購入を実行。その経験を生かし、不動産業界に参入。当時インターネット環境が整いつつある中、日本語ウェブサイトを開設し、留学・観光・不動産投資についてのコンサルティングを始める。

現在、ニュージーランドの大手不動産売買仲介会社であるHarcourts New Lynn(ハーコウツ・ニューリン)支店にてセールスコンサルタントとして活動しながら、日本人のための投資コンサルタント会社Goo Property NZの代表としても活躍中。

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧