マンハッタンでは希少!100万ドル以下で買えるリノベ済コンド

世界経済の一丁目一番地「ニューヨーク」。その不動産事情はいったいどのようなものなのか、現地視察のレポートをお届けする。第2回目は、築70年以上でタックスメリットも狙えるマンハッタンの物件を見ていきたい。

資産分散が主目的ならスタジオタイプなども狙い目

ニューヨークで不動産投資をする目的は、主に2つある。1つはタックスメリット、もう1つは資産の分散である。短期で大きなタックスメリットを得たい場合は、築22年以上経過した木造の一戸建てが対象となるが、鉄骨鉄筋造でも築47年経過していれば、多少期間は長くなるものの、きっちりタックスメリットを得ることができる。

 

午前中に視察をしたロングアイランドシティの物件は、短期で大きなタックスメリットを得られる物件である。

 

もう1つの目的である資産の分散だが、安定資産として不動産を購入する場合には、人に貸しやすい、キャピタルゲインも望める物件が重宝される。そのため、スタジオタイプ、ワンベットルームタイプが狙い目で、さらにいえば、眺望が良い部屋がお勧めだ。午後に視察したのは、それらに該当する物件である。

 

築年数47年以上でタックスメリットも狙える小型物件

マンハッタンの物件視察では、リダック社の斉藤嘉一氏にご案内いただいた。

 

●1件目<NINE 52ND

【建物概要】

住所:ミッドタウン西 52丁目  8th Avenueと9th Avenueの間

タイプ:Condo

築年:1940年頃

階数/総戸数:7階/155戸

交通:50St 徒歩5分 7Ave 徒歩7分

 

1件目の物件は、徒歩15分圏内にセントラルパーク、タイムズスクエア、ロッフェラーセンターがあり、スーパーやレストランが多数揃った利便性の高いエリアにある。外観は茶色を基調とした、古きよき時代のニューヨークらしい建物。

4
右:電子キーが設置された入口
左:物件前の通り

築70年以上の物件であるが、リノベーションが完了しており、内部は最新のコンドミニアムに近い。フロントには24時間受付担当者がいるため、荷物を預かってもらうことなども可能。年内には、共用施設としてジムやワインセラーといった設備の導入も予定されている。

4
右:廊下に飾られた絵画
左:24時間受付がいるフロント

1部屋目は、広さが724Sqft、間取り1ベッドルーム、1バスルーム。物件価格$1,381,000で、家賃収入$3,600/月(想定家賃)のコンドミニアムである。

 

★1部屋目

【物件概要】

物件価格:$1,381,000

家賃収入:$3,600/月

固定資産税:$12,744/年

タイプ:マンション

間取り:1ベッドルーム、1バスルーム

面積:724Sqft

 

家具が設置されているモデルルームを見たが、1ベットタイプでも、夫婦と小さい子供という家族構成なら問題ない広さとのこと。窓からの眺望は北向きとなる。

4

リビング

4
右上:広い収納スペースが確保されたベットルーム
左上:電子レンジとオーブン、冷蔵庫が備え付けられたキッチン
左下:ユニットバス形式のバスルーム

 

2部屋目は、広さが479Sqft、間取り1ベッドルーム、1バスルーム。物件価格$877,000で、家賃収入$2,800/月を想定している。

 

★2部屋目

【物件概要】

物件価格:$877,000

家賃収入:$2,800/月

固定資産税:$8,424/年

タイプ:マンション

間取り: 1バスルーム

面積:479Sqft

 

大きなカウンターキッチンが付いた、ワンルームタイプの部屋。電子レンジとオーブン、冷蔵庫は全ての部屋に同じ物が備え付けられている。

 

窓は南向き。もともとここの物件は病院だったということで、窓からは中庭を望むことができる。広さは44平米ほどで、日本の1DKぐらいの広さ。ワンルームタイプなので単身用として使われるが、1人暮らしなら十分な広さがある。

4

部屋の内装

4
右上:大きなカウンターキッチン
左上:窓から見下ろす中庭
右下:ユニットバス形式のバスルーム

 

3部屋目は、広さが725Sqft、間取り1ベッドルーム、1バスルーム。物件価格$1,289,000で、家賃収入$3,600/月(想定家賃)のコンドミニアムである。

 

★3部屋目

【物件概要】

物件価格:$1,289,000

家賃収入:$3,600/月

固定資産税:$12,768/年

タイプ:マンション

間取り:1ベッドルーム、1バスルーム

面積:725Sqft

4

リビング

4
右上:窓から見えるマンハッタンの景色
左上:オーブン、電子レンジ、冷蔵庫が備え付けられたキッチン
右下:ユニットバス形式のバスルーム
左下:ベットルーム

 

●屋上

4

屋上はテラスを設置し、利用環境を整えている

ロケーションが良く、ロッフェラーセンター近辺には日系企業も多いため、そうした賃貸ニーズも望めるエリアである。最近のマンハッタンのコンドミニアムは大型化しており、部屋によっては100万ドル以下で購入できるスタジオタイプやワンルームタイプが充実している物件は希少である。

 

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「海外不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載世界経済の一丁目一番地「ニューヨーク」不動産の現地視察レポート

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

不動産活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

講師 平野準氏
日時 2018年05月12日(土)
内容

・不動産投資先としての「京都の町家」とは?

・「京都の町家」投資で償却メリットが狙える理由

・町家投資を成功に導く入口&出口戦略のポイント

・1000万円以下も多数!狙い目となる物件の具体例

 

京町家が高い希少性を持つ理由

1.町家は、現代の建築物ではないので、新しく生産出来ない建物。

2.京都市内は建築物の高さ制限があり、高層マンションが存在しない。

3.投資対象となる地域は京都市内の旧市街で、5キロ×5キロメートルの範囲。

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年5月版)

~香港の銀行幹部による国際投資マーケットの最新展望(2018年5月版)

講師 長谷川建一氏
日時 2018年05月12日(土)
内容

・米国経済の実体と金融政策の動向は?

・トランプ政権は政策発動に行き着くのか?そしてマーケットへの影響は?

・英国のEU離脱交渉、マクロン大統領誕生でEU経済は?

・アジアシフトは続くか?中国・インド経済の現状は?

・為替、株式、債券マーケットの具体的な展望とは?

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

​「香港」をゲートウエイにした国際分散投資&本格的アジア投資の進め方

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2018年05月12日(土)
内容

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

・「香港」からのアクセスの優位性が際立つアジアへの本格投資

 

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧