資産運用 株式投資
連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方【第15回】

「今後の伸びが予想されるテーマ」から投資銘柄を探る方法

株主優待インバウンドテーマ株全国百貨店売上高消費者動向

「今後の伸びが予想されるテーマ」から投資銘柄を探る方法

前回は、長期保有でインセンティブのつく優待株を紹介しました。今回は、現在好調なテーマや今後の伸びが予想されるテーマから投資銘柄を見つける方法を解説します。

目に見えて増えている「訪日客」に関連した銘柄に注目

①テーマ【インバウンド】

 

株主優待株で優待品をもらうだけでなく、値上がり益にも期待して投資を考える場合、現在好調なテーマや今後の伸びが予測されるテーマから銘柄を探ります。好調を裏付けるデータを確認し、動向を追っていくことで投資効率をアップさせることができます。

 

●訪日外客数

日本政府観光局(JNTO)訪日外客数 毎月20日前後 16:00発表

 

円安進行で訪日旅行の割安感が高まったことや、ビザの免除・緩和対応、訪日旅行プロモーション、航空路線の拡大など、様々な要因から訪日外客は目に見えて増加しています。

 

2014年頃まで訪日外客数はさほど注目されていませんでしたが、急激な訪日外客の増加を受け、現在では訪日外客数発表の前後で関連銘柄の株価が大きく変動するようになりました。

 

この指標では、全体の「訪日外客数」の動向を押さえる他、「国別の来訪者数」に注目します(下記図表1参照)。

 

[図表1]訪日外客数の推移

 

資料を見ていくと、訪日外客数全体が右肩上がりに順調に推移している中、中国からの訪日外客数も大幅に増加し、全体に占める比率が高まっていることがわかります。

 

この結果から、インバウンド関連銘柄の中でも、特に訪日中国人の需要取り込みを強化している企業が有望と考えることができます。

 

また、観光庁が公表している「訪日外国人消費動向調査」で消費動向をチェックすることも重要です。「訪日外国人消費動向調査」では、国別に訪日外客が日本滞在中に何にいくら使ったのかを確認することができます。

 

たとえば宿泊費、飲食費といった具合に参考数値が公表されています。中国からの訪日外客は、宿泊費、交通費はさほどではないものの、買物代は飛びぬけて高く、訪日の目的が買物中心である、と読み解くことができます。

 

買物代はさらに細分化されて公表されています。たとえば、電気製品、カメラ・ビデオカメラ・時計、化粧品、医薬品など、商品別の動向を確認できます。

 

中国からの訪日外客の動向では、特に免税率の高い日本製の時計やカメラなどの消費が目立ちます。こうした全体の背景と細かい動向を確認し、その結果から投資先企業を絞り込んでいくことができます。

「全国百貨店売上高」で消費者動向を探る

●インバウンド+消費動向

日本百貨店協会 全国百貨店売上高 毎月20日前後

 

消費者動向を探る上で、全国百貨店売上高は欠かせない統計となります。数字だけの経済統計が多い中、その月の天候、営業日、連休、訪日外客の動向なども含めて特徴が明記されており、読み解きやすい統計です。

 

全体の動向の他、特に注目しているのが「地区別の動き」や「商品別の動き」です。前年比の伸び率に加え、消費のトレンドを探ることができます(下記図表2参照)。

 

[図表2]全国百貨店 売上高速報(2015年9月)

 

 

 
 

実際に2015年9月の統計資料を見てみると、地区別では東京と大阪が6カ月連続プラスで強い印象を受けます。

 

次に、商品別に注視してみると、化粧品、美術・宝飾・貴金属が6カ月連続プラスになっており、好調な推移となっています。商品別売上前年比でもこの2分類が大きく上昇しており、化粧品や宝飾品(時計を含む)といった、訪日外客に人気の商品が伸びていることがわかります。

 

この結果から、東京や大阪を主としている百貨店各社、あるいは化粧品・宝飾品を手がける企業への投資が有効と判断することができます。

本連載は、2016年1月27日刊行の書籍『勝てる!「優待株」投資』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本連載に記載された情報に関しては万全を期していますが、内容を保証するものではありません。また、本連載の内容は著者の個人的な見解を解説したものであり、著者が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。本連載の内容に関して投資した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

藤井 明代

カブドットコム証券株式会社 投資情報室投資アナリスト

カブドットコム証券株式会社投資情報室投資アナリスト。 大手ネット証券勤務後、同社グループ内のリテール部門に異動。 証券会社からの異動をきっかけに株取引を開始し、株主優待に魅了される。 2013年10月、カブドットコム証券株式会社に入社。 顧客対応に加えて、顧客向けにWEBサイトやSNS、メディアなどで情報発信を行う。 株主優待、NISAなどの解説を強みとし、テーマ株や新興市場銘柄などを追っている。 現在はネット配信番組やラジオ出演などメディア出演も多数。

著者紹介

連載長期保有で堅実リターンが期待できる「優待株」の選び方

勝てる!「優待株」投資

勝てる!「優待株」投資

藤井 明代

幻冬舎メディアコンサルティング

昨今ブームの株主優待。市場価格と比べてお得な条件で製品・サービスを享受したり、ここだけの限定品を手に入れることができるため、株式投資未経験者や初心者の人気を集めています。そんな優待銘柄が、利益の面でも優れている…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest