資産運用 株式投資
連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方【最終回】

株式投資の情報収集で最も重要な「皆が見ている情報」とは?

優待株

株式投資の情報収集で最も重要な「皆が見ている情報」とは?

今回は、株式投資の情報収集について見ていきます。※本連載は、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の著書、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)の中から一部を抜粋し、さらに一歩踏み込んだ「上がる優待株」の見つけ方を伝授します。

日経新聞や四季報は基本、生情報に触れることも必要

株式投資を行う際には、どのような情報を参照すればよいのでしょうか。今の時代、業界紙や専門誌のほかにネットや経済専門のテレビ番組の情報もたくさん出ていて、目移りしてしまいそうです。

 

しかし、株式投資の情報収集で最も大切なことはただ一つです。それは「皆が見ている情報を見ること」。その理由は、株価は、「皆が買うと上がり、皆が売ると下がる」からです。これは、中長期投資の場合も変わらない原則です。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

日本で一番、株式投資をする人たちが見ている情報は、「日本経済新聞」です。また、銘柄そのものをチェックするには、東洋経済新報社の『会社四季報』を参照することは基本中の基本です。『会社四季報』は、書籍とCD−ROM版の両方が出ていますが、どちらを選んでも大丈夫です。一覧性がよいのは書籍、検索に便利なのはCD−ROM版と、自分の使い方に合わせて選ぶとよいと思います。

 

『会社四季報』は、会社の業績発表よりも、投資家への影響が大きいといわれています。実際に、『会社四季報』が発売されると同時に株価が動く例もあります。

 

上場企業のなかから優良銘柄を選ぶには、生の情報に触れることも必要です。日経新聞などに広告掲載されている、日経新聞社や東証、証券会社などが主催する「IRイベント」は、個人投資家向けの説明会です。このイベントに参加している企業は、個人投資家へ向けてのアピールの意識が高く、株価を上げることにも熱心ですし、イベントに参加するだけの経営の余裕もあります。

 

また、自社の業績に自信があるとともに、現在の株価は割安だととらえていることもうかがえます。こうした場で生の情報に触れるのは、とてもよい機会です。特に、新興市場の銘柄は要注目です。

 

企業ブースでは、ぜひ、担当者と話をしてみてください。会社の経営方針でも、会社の製品やサービスについてでも、何でもかまいません。フェイストゥフェイスで話をし、対応をチェックすることで、会社の雰囲気がわかることでしょう。一般消費者向けの商品を扱う企業であれば、自社商品を配布している場合もあります。

 

興味を持った会社があったら、その会社が独自に企画している、個人投資家向けの説明会に参加してみることもおすすめします。

 

[図表]セミナー情報サイトをチェックしてみる

 

マネー誌の3月号は読み終わっても取っておこう

各社から出ているマネー誌は、ぜひ3月号(1月売り)に注目してください。

 

雑誌は、当然ながら取材や原稿を書いてから発刊され、みなさんの手元に届くまでに、時差があります。1月の下旬に発売される号の場合は、年末年始を挟むため、ある程度前倒しで約2か月前、11月末頃〜12月上旬に取材が行なわれることが多いです。そこで、この時差を埋めるために毎年1月21日売りの3月号のマネー誌は、株主優待特集になっています。そして、この株主優待特集が出ると、紹介された銘柄の株価が上がるケースが多いのです。

 

そこで、1月下旬売りのマネー誌の3月号を買ったら、読み終えても捨てずにとっておきましょう。なぜなら、毎年紹介される定番の銘柄があるからです。バックナンバーを使えば、今年度の号を見てから銘柄を選ぶ個人投資家に先回りして、安値のうちに優待狙いの銘柄を買うことができます。

 

まずは、1月上旬までに、昨年や一昨年のバックナンバーを参照して、今年も優待内容や配当が変わっていないかを企業サイトなどでチェックしましょう。そして、1月下旬までにそれらの銘柄を買っておくと、購入価格を安く抑えられます。

個別の優待銘柄情報を知る

無料のメールマガジンは、非常に効率のよいデータベースです。無料で発行されている投資情報のメルマガもたくさんありますので、好みのものを購読するとよいでしょう。そして、読んだ後も削除せず、メールアプリに専用のフォルダを作って、仕分けしておくと、自分だけのデータベースを作ることができます。使うときは、検索バーに企業名などを入れて、関する情報を探せばOKです。私もそうして情報を整理しています。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

投資情報のほか、経済ニュースなどのメルマガも同様に、データベースとして使用するとよいでしょう。

 

株主優待については、『楽しい株主優待&配当』(ライフパートナーズ(株)運営)という、優待に関する専門のメルマガもあるので、優待に興味のある皆さんは、登録しておくとよいでしょう。

 

http://www.kabuyutai.com/

 

このメルマガは週に1度のペースで配信されており、新しく優待が始まった銘柄や廃止された銘柄などの情報が掲載されています。優待の新設や廃止の情報は日経新聞に反映されていますが、見落とすことも多い情報です。また、証券会社のデータベースには、『会社四季報』のデータを得てからなので、1週間以上のタイムラグが発生します。

 

早く、確実に情報を得るなら、おすすめです。

本連載は、2015年6月17日刊行の書籍『上がる優待株を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

藤本 誠之

SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。「相場の福の神」とも呼ばれる。2012年Yahoo!株価予想で勝率第1位、39連勝の記録を持つ。テレビ・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌への寄稿も多数。
関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。
主な著書に『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)、『朝13分で、毎日1万円儲ける株』(明日香出版社)、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)、『39連勝男が教える これからはじめる株入門』(成美堂出版)などがある。

著者紹介

連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方

上がる優待株を買いなさい

上がる優待株を買いなさい

藤本 誠之

自由国民社

「相場の福の神」が教える利益を出す優待投資の方法!株主優待制度と企業のホンネを知り尽くした著者が、値上がり益とオトクな優待を両取りする方法を伝授。株主優待の基本から株主の目を引く優待例、情報収集法、上がる優待銘…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方

講師 藤本誠之 氏
日時 2017年02月11日(土)
内容

※有料だからお話しできる内容満載で、リピート参加者多数!

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest