資産運用 株式投資
連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方【第3回】

機関投資家が「手をつけない」銘柄が狙い目となる理由

優待株

機関投資家が「手をつけない」銘柄が狙い目となる理由

株主優待制度はわかりやすく、これから株を始める人にとって魅力的なきっかけですが、株式投資ではもっと効率的に「お金に働いてもらう」方法があります。本連載は、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の著書、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)の中から一部を抜粋し、さらに一歩踏み込んだ「上がる優待株」の見つけ方を伝授します。

時価総額100億円未満の銘柄は個人投資家しか買わない

成長可能銘柄を選ぶには、まず、時価総額に注目しましょう。というのも、株券の大量保有については、「5%ルール」という報告義務があるからです。つまり、上場株式の発行総数の5%超を保有すると、「この株の株主は私」と報告しなければなりません。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

ところで、機関投資家の多くは数百億円から数兆円規模の巨額の資金を運用しています。彼らは、株式の個別の一銘柄に対して数億円、場合によっては数十億円の規模で投資を行うのです。5億円もの資金で時価総額が100億円よりも小さな銘柄を買うと、保有率は簡単に5%を超えます。機関投資家は、「どの銘柄をどれだけ買っている」という自分たちの手口をばらしたくありません。また、自分の買で株価を吊り上げ、自分の売りで株価が下落しても困るのです。ですから機関投資家は、おおむね時価総額100億円未満の銘柄については買うのを避けるのです。

 

つまり、時価総額が100億円に到達する前の銘柄は、個人投資家しか買わないという状況なのです。

機関投資家が買う前の「新興銘柄の青田買い」が有効

時価総額が小さな銘柄を扱えない機関投資家は、時価総額が小さな銘柄がひしめく新興市場からも自然に遠ざかります。当然、新興市場の銘柄は、むしろ個人投資家の方が詳しいという状況になっています。

 

しかし、ある銘柄が時価総額100億円を超えると、機関投資家は買いに来ます。それだけ成長できたということですし、機関投資家が買うことによって、さらに株価が上がると考えられるからです。だからこそ、個人投資家の場合は、機関投資家が買う前の「新興銘柄の青田買い」が有効なのです。

 

成長銘柄を探す際、「機関投資家が少ない新興市場」あるいは、「時価総額の小さな銘柄」の中から、時価総額100億円に向かって成長中の企業を探すのは、成長可能銘柄の手堅い選び方といえるのではないでしょうか。

 

[図表]時価総額100億円に向かって成長中の銘柄の例(2015年5月20日現在)

機関投資家が買わない銘柄には成長途上の銘柄も多い

機関投資家の多くが小型の銘柄を買わないと考えると、機関投資家が買わない銘柄の中には、成長途上の銘柄も多いです。時価総額以外にはどんな目安があるのでしょうか。

 

投信の月次運用レポートや運用報告書を見ると、運用対象銘柄の実績を知ることができます。したがって、投信の月次レポートなどから外れた銘柄は、他社の機関投資家も買っていないと考えられます。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

時価総額100億円を超えていても、投信に組み込まれていない新興市場の銘柄は、「配当が出ていない」ために組み込まれていない可能性があります。業績面などで問題がない場合、配当を出すようになると、機関投資家が買い始める可能性もあります。

本連載は、2015年6月17日刊行の書籍『上がる優待株を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

藤本 誠之

SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。「相場の福の神」とも呼ばれる。2012年Yahoo!株価予想で勝率第1位、39連勝の記録を持つ。テレビ・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌への寄稿も多数。
関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。
主な著書に『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)、『朝13分で、毎日1万円儲ける株』(明日香出版社)、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)、『39連勝男が教える これからはじめる株入門』(成美堂出版)などがある。

著者紹介

連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方

上がる優待株を買いなさい

上がる優待株を買いなさい

藤本 誠之

自由国民社

「相場の福の神」が教える利益を出す優待投資の方法!株主優待制度と企業のホンネを知り尽くした著者が、値上がり益とオトクな優待を両取りする方法を伝授。株主優待の基本から株主の目を引く優待例、情報収集法、上がる優待銘…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方

講師 藤本誠之 氏
日時 2017年02月11日(土)
内容

※有料だからお話しできる内容満載で、リピート参加者多数!

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest