資産運用 株式投資
連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方【第2回】

日本の将来を「先読み」して「成長株」を見つける方法

優待株成長株

日本の将来を「先読み」して「成長株」を見つける方法

株主優待制度はわかりやすく、これから株を始める人にとって魅力的なきっかけですが、株式投資ではもっと効率的に「お金に働いてもらう」方法があります。本連載は、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の著書、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)の中から一部を抜粋し、さらに一歩踏み込んだ「上がる優待株」の見つけ方を伝授します。

時価総額が小さい企業は「伸びしろ」が大きい

成長株(グロース株)投資は、「この銘柄は成長しますよ、だから買いましょう。高くなったら売って値上がり益で儲けましょう」という意図に基づく投資法です。ですから、1週間以内の短期売買ではなく、長い目で投資することを考えましょう。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

成長株を探すには、今後の日本では、どのようなマーケットが成長するかについて考えることが必要です。着眼点をいくつか挙げてみましょう。

 

一つは、「老人よりも子どもの方が、伸び代が大きい」という、オーソドックスな考え方です。つまり、一時のスマホゲームのような、新しく登場して、これから利用者がどんどん拡大すると考えられる業界・業種です。これは、誰もが着目できる最もわかりやすい着眼点といえるでしょう。

 

同じように株式市場を捉えると、上場歴の浅い会社も、伸び代の大きい「子ども」と考えることができます。株式市場で圧倒的に「子ども」が多いのは、新興市場です。中には「日本マクドナルドホールディングス」(2702)や「USEN」(4842)といった時価総額も規模も大きな会社が含まれていますが、大部分は規模も時価総額も小さな会社です。後で詳しく述べますが、時価総額が小さな会社には、ほぼ個人投資家しか投資ができません。その意味でも、伸び代が大きいと考えられます。

 

また、新興市場に上場している会社は、いずれは一軍である東証一部へ上場したいと考えています。ステップアップできる市場があるという点でも、成長性が期待できるといえるでしょう。

ニッチ業界のトップシェア企業に着目

次に、まったく別方向の考え方をしてみましょう。現在の日本の大多数の市場は、業績が横ばいか、またはゆっくり縮小する傾向にあります。一見、成長とは逆のベクトルに向かっているように見えますが、この中にも成長銘柄があります。

 

というのも、こうした業界では淘汰が避けられないからです。多くの会社がひしめき合っている業界では、縮小するパイの奪い合いが熾烈になっていきます。そして、体力のない会社から負けていきます。

 

もちろん、新規参入する企業もないでしょう。すると、強い会社のシェアがどんどん上がっていくのです。一般的に考えて、上場企業とは、その業界の中で体力がある会社です。そう考えると、今後縮小マーケットでは、淘汰が起きることによって、上場企業の強者はシェアアップし、売上も手堅く保たれると考えられるのです。

 

日本の企業では、今後はこうしたシェアアップが増えていくのではないかと私は考えています。その中でも特に、ニッチな業界で上場を果たしているトップシェア企業、とりわけグローバル展開をしている企業は、今後儲かりやすい状況になるのではないかと考えます。

 

[PR]資産運用セミナー/本稿執筆者が登壇!

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

 

成長を考えるということは、将来、何が起きるかを先読みすることです。そのヒントは、過去に起きたことの中にもあります。縮小マーケットで淘汰が行われた例は、過去にいくつも見い出すことができますから、過去の株価推移なども参照しながら、成長銘柄探しにお役立てください。手前味噌ながら、筆者の他の著作にもヒントがいっぱいあります。

本連載は、2015年6月17日刊行の書籍『上がる優待株を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

藤本 誠之

SBI証券投資調査部 シニアマーケットアナリスト

SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト。「相場の福の神」とも呼ばれる。2012年Yahoo!株価予想で勝率第1位、39連勝の記録を持つ。テレビ・ラジオ等の出演や、新聞・雑誌への寄稿も多数。
関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社、個人営業を経て、機関投資家向けのバスケットトレーディング業務に従事。日興ビーンズ証券設立時より、設立メンバーとして転籍。カブドットコム証券、トレイダーズ証券、マネーパートナーズを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。
主な著書に『投資のプロが実践! 株で儲ける日経新聞の読み方』(リベラル社)、『朝13分で、毎日1万円儲ける株』(明日香出版社)、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)、『39連勝男が教える これからはじめる株入門』(成美堂出版)などがある。

著者紹介

連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方

上がる優待株を買いなさい

上がる優待株を買いなさい

藤本 誠之

自由国民社

「相場の福の神」が教える利益を出す優待投資の方法!株主優待制度と企業のホンネを知り尽くした著者が、値上がり益とオトクな優待を両取りする方法を伝授。株主優待の基本から株主の目を引く優待例、情報収集法、上がる優待銘…

資産運用セミナーのご案内 有料 20,000円 主催:カメハメハ倶楽部

相場の福の神が語る「日本株式相場の展望とココから狙える有望銘柄」<2017年2月版>

~半歩先読みで差がつく!勝てる成長株の探し方・買い方

講師 藤本誠之 氏
日時 2017年02月11日(土)
内容

※有料だからお話しできる内容満載で、リピート参加者多数!

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest