資産運用 株式投資
連載「大勝できる銘柄」を簡単・スピーディに見分ける方法【第16回】

低位株投資で成功するために「10回は取引を続ける」理由

低位株損切り

低位株投資で成功するために「10回は取引を続ける」理由

前回は、「ナンピン買い」をしてはいけない理由を説明しました。今回は、低位株投資を成功させるために、実践すべきことを見ていきます。

「勝ち方」を感覚的に身体に覚えさせるには・・・

低位株投資を成功させるために、皆さんに実践していただきたいのは、まずは6勝4敗を目指して、「10回は取引を続ける」ということです。その理由は二つあります。

 

一つは、10回取引をすれば、そのうち数回は収益チャンスをとらえられるからです。

 

10回取引を続ければ、10連勝できることもない代わりに、10連敗が起こることもまずありません。それゆえ、3回、4回と負けが続いても、諦めずに取引を続けていくことで、必ずトータルではプラスとなる取引に出合うことができます。

 

当たり前ではありますが、4回負けた時点でやめてしまっては、絶対に5回目に勝つことはできません。利益を上げるにはとにかく継続するしか方法はないのです。

 

二つ目の理由は、「勝ち方」を知っていただきたいからです。

 

利益確定は大きなプラスになったときにしたい、というのは誰もが願うことです。しかし、変動率の高さを利益の源泉とする「低位株」投資では、利益の深追いが命取りとなります。

 

欲をかかず1回あたりの取引で確定できる利益を大切にしていった方が、トータルでは確実に儲けることができます。

 

そのため、「少しでもプラスになったら利益を確定する」という行動を習慣化させてください。確定する利益は1000円でも1万円でも構いません。とにかく「どうやったら勝てるか」ということを感覚的に身体に覚えさせるのです。

 

こうして勝ち方を身に付けていくと、この後紹介する「損切り」に対してネガティブな感情を抱くことがなくなります。すると、自分の見立てが間違っていると気づいたら、素直に負けを認めて、即座に損切りを実行できるようになります。

プロは「損切り」が身体に染み付いている

そもそもプロはすべての取引で勝とうとは思っていません。10回の取引のうち、その半分以上で負けても、勝った取引の一部からもたらされる利益ですべての損失をカバーしているのです。

 

筆者も含め、現場を経験している人たちは、取引の数に対して圧倒的に損切りの数が多いという特徴があります。

 

なぜなら常に上司からのチェックが入るため、大きな損失を発生させることがないよう、損切りが自然と身体に染み付いているからです。彼らにとって損切りは自分の身を守る術でもあるのです。

 

損切りが染み付いているということは、言い換えれば、損失を小さくすることで利益を伸ばす「損小利大」ができている、ということです。損切りの数が多くても損失額が少ないため、プロはトータルで大勝ちできるのです。プロと個人投資家の大きな違いはまさにここにあるのです。

本連載は、2015年12月10日刊行の書籍『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

紫垣 英昭

1964 年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、日経225 先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。オープンエデュケーション株式会社代表取締役。著書に「億を稼ぐ投資法則」、「少額資金で儲ける株ゴールデンルール」(ともにユウメディア)がある。

著者紹介

連載「大勝できる銘柄」を簡単・スピーディに見分ける方法

初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法

紫垣 英昭

幻冬舎メディアコンサルティング

アベノミクス効果や日銀の金融緩和により、賑わいをみせている日本の株式市場。昨年からはじまったNISAに続き、ジュニアNISAの創設や教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置の延長など、若年層にむけての資産形成支援も充実…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest