「自分が住みたいか?」で投資判断をしてはいけない理由

前回は、アパート事業で重要な「家賃設定」について取り上げました。今回は、投資物件を購入する際、「自分が住みたいかどうか」で判断をしてはいけない理由を見ていきます。

投資物件を自分目線の判断で探すのはナンセンス

物件購入の際、自分が住みたいかどうかで判断する方がいます。これは、一見するともっともらしく映ります。自分が住みたいと思うのなら、他人もそうに違いないと考えるからです。しかし、「生活レベルが同じであれば」という前提がそこには必要となり、その前提で投資物件を探すことは、現実的にはあまり考えられません。

 

家賃が月50万円の部屋に住む方が3万円の部屋を見て、自分が住みたいか否かを考えること自体、ナンセンスです。どうやっても3万円の部屋には住みたくないでしょう。

 

それぞれの収入に応じて、求める(住みたい)部屋のレベルは違います。また、自分では住みたいとは思えない部屋に住んでいる方がいる、というのも現実です。つまり、投資的な観点から見ると、自分が住みたいかどうかではなく、その部屋の家賃が3万円で妥当かどうかを考えるべきなのです。

投資後の「リターン」で判断する

住みたいかどうかで判断するのは、自宅やそれに類する部屋のはずです。アパート事業はあくまでも投資であり、家賃を取れるか取れないかというシンプルなものなのです。その基準をしっかり持たないと、きれいだからとか、おしゃれだからという理由で採算の合わない投資をしてしまうことになりかねません。

 

これは、物件購入後のリフォームにおいてもあてはまります。リフォームをする(=投資をする)ことにおいては、その投資に対してどれだけの家賃アップ、入居率のアップが図れるかという基準で行うべきです。数字を度外視した時点で事業ではなく、「趣味」になってしまうことを認識する必要があります。

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧