相続・事業承継 信託 オフショア活用
連載世界最大級のコーポレート・トラストサービス会社の香港幹部に聞く「オフショアトラスト」の仕組みと活用方法【第1回】

世界の資産家が「オフショアトラスト」を設定する理由とは?

オフショアトラストNWB(日本ウェルス)

世界の資産家が「オフショアトラスト」を設定する理由とは?

グローバルに事業展開する企業に、財務・法務・労務人事に特化したアウトソーシングサービスを提供するTMFグループ。世界最大規模のトラスト専門事務所としても知られる。その香港拠点となるTMF香港リミテッドの取締役で、プライベート・クライアント・ヘッドを務めるアンドリュー・ホー氏に、昨今注目を集める「オフショアトラスト」の仕組みや活用方法などを伺った。聞き手は、香港の新しい金融機関であるニッポン・ウエルス・リミテッド(NWB/日本ウエルス)の長谷川建一COOである。

資産の継承、財産保全、租税効率対策が設定の主な理由

長谷川 パナマ文書の流出で、昨今毎日のように新聞でオフショアファンドやトラストに関する記事を目にし、世間の関心が高まっていることを肌で感じます。当然、合法的に運営されているわけですが、何故このような形で取り沙汰されているのか。そもそも、オフショアにトラストを設定する理由は何なのか。疑問に感じている方が多いと思います。まず、オフショアトラストを設定する動機がどんなものなのか、教えていただけますか?

 

アンドリュー オフショアトラストの設定の理由としては、資産の継承、財産保全、租税効率対策が挙げられます。このような理由からトラストを設定し、その仕組みを利用して、自分の資産を自分の人生設計に従って管理するわけです。例えば、自分の資産を子供に託すためにトラストを設定し、その後、第2子が産まれたら継承方法を変更する。そして、託す際に最善となる租税効率対策を検討する。と、いうように、トラストという仕組みを資産の管理に活用します。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

長谷川 どのような方が、トラストを設定されるのでしょうか?

 

アンドリュー お客様の多くは富裕層の方々です。起業家、事業主を中心に、ご自分で富を築き、ある程度まとまった資産をお持ちの個人の方が、その資産をどう継承するかと考える際に、トラストの設定という選択肢を取られる方が多いです。資産の継承と聞くと、家族間の相続を思い浮かべる方が多いかと思いますが、従業員の利益等も考えて、ビジネスの継承に使われるケースもあります。

 

長谷川 資産継承の観点からトラストを設定するということは理解できますが、何故、オフショアに設定するのでしょうか? 母国での設定と違って、どういう利点があるのでしょうか?

 

アンドリュー 法律や税制が明確で安定的に運営されている国で資産を管理する方が好ましいと考えるからです。資産を長期にわたり管理するのが目的ですから、関連する法令により永続性のある方が、計画的に資産を管理できます。

 

長谷川 なるほど。

トラストを設定する目的によって「受益者」も変わる

長谷川 では、どのように運営されているか、順を追って説明していだけますか?

 

アンドリュー 一般に、資産を拠出する人(委託者)が、受託者に資産を譲渡します。受託者はそれらの資産を保有し、将来資産から生じる利益を享受することになる受益者に対し、受託者責任を負います。資産は受益者のために運営され、委託者自身が受益者になることも可能です。トラストの設定により、各者の法的な役割が明確化されます。受託者が財産の法的所有者となり、資産受け取りの権利がある受益者の最善利益のために資産の管理ならびに運営を行います。トラストを設定する目的は様々で、その目的によって、受益者も変わってきます。

 

長谷川 具体的に言うと、資産家が子供に資産を相続させたい場合、資産家が委託者となり、御社をはじめとする受託者に資産を譲渡し、相続させたい子供が受益者となるのですね。そして、例えば、従業員のベネフィットとする場合は受益者を従業員に、寄付したい場合は受益者をチャリティー財団等に設定する。

 

アンドリュー そうです。自分が築いた富を、寄付という形で社会に貢献したいと考える人が近年増えていて、そういった場合にもトラストの設定が活用されます。そして、資産は現金に限らず、起業したビジネスであったり、美術品など多岐にわたります。受託者は資産の形態に関わらず、トラストというスキームを利用して、関連法に従って資産を管理、運営します。

 

長谷川 資産家の寄付というと、フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグは子供が生まれた際に、自分が保有する株式を寄付すると発表したことを思い出しました。称賛の声が聞かれる一方で節税対策だとの見方もありましたね。

 

[PR]話題の無料セミナー 東京/大阪/名古屋/福岡の4都市で開催!

海外での財産隠しはできない時代。それでも富裕層がいま「香港」に向かうワケ

 

アンドリュー ザッカーバーグ氏のケースを詳しくは見ていませんが、彼ほどの富を築いた人であれば、トラストや財団を設定することで資産を管理していこうと考えるのは当然のことだと思います。今は事業が成功していますが、状況が変わった時にどうなるのか。また、もしも彼に何か起こった時、子供たちへどのように継承されるのが最適なのか。人生の中で何が起こるかわからないですが、どのような場合においても最善策を取りたいと考えるのは当然です。彼が設定したものがどのような形態で、オフショアなのかオンショアなのかもわかりませんが、どちらの場合でも、税金の面からも専門家の見解を受けて、彼と家族にとって最適な形が取られたのだと想像します。

 

本稿は、情報提供を目的として、インタビュー時点での経済データ等をもとに個人的な見解を述べたもので、TMF香港リミテッドおよびNWBとしての公式見解ではありません。また、特定の金融商品への投資の勧誘を目的とするものではありません。

アンドリュー・ホー

TMF香港リミテッド 取締役、プライベート・クライアント・ヘッド

トラストや法人ストラクチャリングにおいて、14年以上の業務経験を有する。欧州のジャージー事務所から2007年に香港へ異動し、現在はプライベート・クライアント・サービスのヘッドを務める。クライアントのニーズを理解し、最適且つ状況に応じたソリュージョンの提供に専念する顧客関係管理チームの構築に従事。 STEP (the Society of Trust and Estate Practitioners)及びICSA (Institute of Chartered Secretaries and Administrators)有資格者。

著者紹介

長谷川 建一

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) COO

京都大学卒、MBA(神戸大学)。 シティバンクグループ日本及びニューヨーク本店にて資金証券部門の要職を歴任後、2000年にシティバンク日本のリテール部門で商品開発や市場営業部門のヘッドに就任。2002年にシティグループ・プライベートバンクのマーケティング部門ヘッドに就任。 2004年末、東京三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に移り、リテール部門マーケティング責任者として活躍。2009年からは国際部門でアジア・リテール戦略を担い、2010年は香港にてBTMUウエルスマネージメント事業の立ち上げに従事。 2013年よりNippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(ニッポン・ウェルス・リミテッド・リストリクティド・ライセンス・バンク/日本ウェルス)にてCOOを務める。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

連載世界最大級のコーポレート・トラストサービス会社の香港幹部に聞く「オフショアトラスト」の仕組みと活用方法

海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2016年12月10日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?<緊急追加項目>

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
海外活用セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年01月14日(土)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【大阪会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月05日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 大阪駅前会議室 (大阪駅前第2ビル15階 Room B)
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【名古屋会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年03月12日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 イオンコンパス 名古屋駅前会議室 Room A
出張セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

【福岡会場】国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

講師 長谷川建一氏
日時 2017年04月16日(日)
内容

・トランプ大統領誕生で国際投資マーケットはどうなる?

・中国経済「減速」の実態と国際金融マーケットに及ぼす影響

・高手数料&規制強化でコスト効率が極めて悪い日本国内で行う国際分散投資

・運用資産は200兆円超。世界中の投資家が集まる香港金融界の最新事情

・世界トップ級の金融プロフェッショナルが香港で運用成績を競い合う理由とは?

・グローバル投資のゲートウエイとしてなぜ「香港が最適」なのか?

会場 アクロス福岡 6F 608会議室

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest