不動産会社が「物件の素性」を把握しているか否かを調べる方法

前回は、物件の素性を知らずに、利回りだけで物件購入を決めることの危険性について説明しました。今回は、紹介業者がどの程度、物件の素性を把握しているかを見極める方法について見ていきます。

不動産会社同士がお互いを知らないケースもある

物件の素性を知るためには、素性をわかっている会社から紹介を受けなければなりません。つまり、不動産会社と物件との関わり方が重要になります。

 

ひどい例としては、レインズを見て、ただチラシを取り寄せて物件を紹介するケースがあります。この場合は、物件の素性はおろか、担当者が自分で物件を見ていないので、何もわかるわけがないのです。

 

通常、レインズに登録された物件を紹介する場合、売る側の会社(「元付け」=レインズに登録する会社)と、買う側の会社(「客付け」=お客様に物件を紹介する会社)との間には面識がありません。そうです、不動産会社同士がお互いを知らないのです。この場合、元付け会社が客付け会社にどこまでの情報を伝えるでしょうか。

 

もちろん担当者によっては、たとえ面識のない相手にも、懇切丁寧に事細かく伝えるでしょう。しかし、ほとんどの会社は売れればよいと考えますから、都合の悪い情報は教えたがらないものです。まして面識のない、1回限りの取引相手ならなおさらです。

その不動産会社が「元付け」の物件か?

その点、直接、物件を紹介されているのが売主から依頼された会社(元付け会社)である場合や、売る側と買う側の会社がすでに面識・信頼関係のある場合は、当たり前ですが、知り合いにうそや隠し事はしませんから、マイナスの情報も伝わります。ですから、物件を紹介してもらう際は、不動産会社の担当者に次のように訊ねてみてください。

 

①「その物件は御社が直接お預かりの物件(元付け)ですか?」

②「元付けでないのなら、元付け会社との面識・取引関係はありますか?」

 

このどちらの質問にも「NO」であれば、その取引は注意する必要があります。「YES」の場合は、あなたが要求した資料や質問内容に対する返答がすぐに戻ってくるでしょう。「NO」の場合は、物件に関する質問、必要資料の請求に対してすぐに回答が返ってこなかったり、内容が曖昧だったりしますので、ぜひ、試してみてください。

 

物件の素性はとても重要です。そしてそれを知るためには、物件を紹介してくれる業者がその物件とどのように関わっているかが重要ですので、きちんと見極める必要があります。

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧