不動産 海外不動産 国際資産分散
連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情【第35回】

最新住宅価格指標が示すオークランドの「不動産価格」の現状

ニュージーランド不動産最新住宅価格指標

最新住宅価格指標が示すオークランドの「不動産価格」の現状

国内の住宅価格が徐々に落ち着いてきていると言われるニュージーランド。今回は、オークランドやウェリントンといった都市の平均住宅価格について、「最新住宅価格指標」をもとに具体的に見ていきましょう。

ハミルトン、ウェリントン等では住宅価格が大きく上昇

四半期の最新指標は、オークランドを含め、国内の住宅価格が落ち着いついてきていることを示しています。

 

 

現在のニュージーランド全体の平均住宅価格は55万9492NZドルで、この3カ月間に0.2%上昇したのみでした。2月までの3カ月間にオークランドの平均住宅価格は0.2%下げて93万1061NZドルとなりました(詳細は下表参照)。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

オークランドの一部では物件価値の下げ幅が大きく、2月までの3カ月間にオークランド都市部の下落率が0.3%に留まったのに対し、ノースショアやワイタケレでは1.1%下落しました。ただ、同地区の北部および南部での平均住宅価格は上がり続けており、ロドニーで1.8%、パパクラで1.9%、フランクリンでは1.7%上昇しました。

 

一方、ハミルトンでの平均住宅価格の伸びは強く、2月までの3カ月間で3.7%上昇し、タウランガにおいては5.5%も上昇しました。

 

また、その他の主要都市での平均住宅価格は、ウェリントンで4.2%、クライストチャーチで0.8%、ダニーディンでは2%上昇しました。

ニュージーランドの住宅市場を支える投資家の存在

四半期指数のナショナル・スポークスマンであるアンドレア・ラッシュ氏は、2016年の第一四半期の住宅価格が、この3カ月間で下降傾向に転じたオークランド地区を除いてニュージーランドのほぼ全域で上昇したと述べました。

 

さらに、「ハミルトンおよびウェリントンにおける住宅市場の強い上昇傾向は依然衰えない一方で、クライストチャーチ市場は比較的穏やかでした」とラッシュ氏は言っています。

 

コア・ロジックス(Core Logic)の最新の住宅購入者分類データによれば、2月までの3カ月の間にオークランドで買われた物件の内の44%が複数物件の所有者(多くは投資家)によるもので、21%が住宅初回購入者、そして24%が移転者によるものでした。

 

また、その他の地域では、複数物件の所有者が売り上げの37%を占め、住宅初回購入者が26%、移転者が24%を占めました。

 

四半期による国内全体の平均住宅価格については下の表をご覧ください。

 

 

<上記データを参照する上での注意事項>

 

①上記の表中の情報は月ベースの物件価格指標に基づいています。この指標はコア・ロジックスのシステムに入力された過去3カ月間の販売データに基づいています。例えば、6月末までの情報は4月1日から6月30日までに入力された販売(データ)に基づきます。

 

[PR]12月21日(水)開催 無料セミナー/本稿執筆者が登壇!

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

 

②「現在の平均価格(または中間価格)」とは、最新指標に基づく、対象の地域内で開発された住宅物件全ての平均価格です。3カ月間に販売された物件の価格を単に示すだけの平均販売価格または販売価格の中央値ではありません。

 

③3カ月、12カ月ごとに割合(%)は変わり、2007年に市場がピークを迎えて以来、同値は同該当期間(3カ月または12カ月)から現在までの物件価格指標の変化に基づいています。

伊藤 哲次

Goo Property JP(TERRY’s WAY株式会社) 代表取締役社長

1992年、奈良県天理大学中退。1993年、個人輸入代理店を起業。ITシステム開発会社のジョイントベンチャー設立などを経て、2003年、グルメデリバリーシステム株式会社(現:Terry’s Way株式会社)を創業。自ら開発した富良野メロンパンの移動販売を手掛け、2004年よりフランチャイズ募集を開始(2007年、100加盟店を達成)。現在は、Terry’s Way株式会社 FOOD事業部として展開中。

2009年、富裕層向け国際会計サービス HENRY INVESTMENT SERVICES pte.ltdを元PWC国際会計士と共同設立(本社:シンガポール)。海外金融サービスや投資スキームのコンサルティングサービス、富裕層開発のマーケッターとして、顧問社数は現在200社を超える。2014年より、海外投資サービスの一環として海外不動産投資のリサーチを開始。2015年、ニュージーランド不動産投資コンサルティングサービスを開始し、GOO Property NZ LimitedをNZ不動産エージェントと共同設立。GOO Property ジャパン (Terry’s Way株式会社)と共に不動産投資コンサルティングサービスを行う。
WEBサイト http://gooproperty.com/

著者紹介

連載償却メリットでも注目!「ニュージーランド不動産」の最新事情

海外不動産セミナーのご案内 参加無料 主催:カメハメハ倶楽部

資産分散と償却メリットを狙った「ニュージーランド不動産」活用法

~現地専門家が伝えるNZ中古不動産市場の最新事情と日本人としての投資法

講師 伊藤哲次氏
日時 2016年12月21日(水)
内容

・ニュージーランド経済と投資環境の最新事情

・NZ中古不動産市場の現状と展望

・NZ不動産取引の仕組みと日本との違い

・購入までのスケジュール、諸費用等について

・築古、建物比率の高い案件を中心に物件情報も公開

会場 幻冬舎本社ビル内 セミナー会場

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest