「利回りが良い」というだけで物件購入を決めてはいけない理由

前回は、アパート事業を継続し、成功させるために「キャッシュフロー」が重要となる理由を説明しました。今回は、物件の素性を知らずに、利回りだけで物件購入を決めることの危険性について見ていきます。

何らかの瑕疵があって売り出されている場合もある

最近は、アパート事業が注目されていることもあって、レインズに良い物件の売り情報が出ると、競うようにすぐに買付が入るようになっています。しかし、その物件がどのような経緯をたどってきたのか、どのような理由で売却されるのかを知らないで購入することは、大きなリスクを伴います。

 

たとえば、物件に何らかの瑕疵(自殺や他殺など)があって売りに出された可能性もありますし、入居者が全て退去すると決まったために売りに出されたのかもしれません。もしかすると、怖い方たちがたくさん住んでいるのかもしれません。

物件の「素性」を調べることが重要

これは実際にあった話ですが、購入してみると入居者の半数がその世界の方たちで、どこの管理会社もその物件の管理を引き受けてくれなかったという事例があります。また、改修工事の履歴がわからなければ、今後どのくらいの費用がかかるのか予想がつきません。金額にもよりますが、費用がかかるか否かで利回りは大きく変わってきます。

 

もちろん、何度かオーナーが変わっている物件であれば、全てを把握することは難しいでしょう。しかし、それでも現在の売主の属性、売却理由、直近の修繕状況は知っておく必要があります。

 

当社では、個別に紹介を受ける物件だけを扱いますので、物件の大筋の素性はわかりますが、一般に流通している物件で、チラシ(不動産業界では「マイソク」といいます)を見て、利回りが高いからという理由だけで購入を決めることになる場合は、非常に危険であるといえます。その点も、当社ではレインズ物件を扱わない理由です。購入する際には、その物件がどのような素性の物件か、という点に気をつけてみてください。

本連載は、2012年6月27日刊行の書籍『年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門 [改訂版] 』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
本書は情報の提供及び学習を主な目的としたものであり、著者独自の調査に基づいて執筆されています。実際の投資の成功を保証するものではなく、本書を用いた運用は必ずご自身の責任と判断によって行ってください。本書の内容に関して運用した結果については、著者及び幻冬舎グループはいかなる責任も負いかねます。

「不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「国内不動産」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載年収1000万円から始める「アパート事業」による資産形成入門

武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役

昭和50年 埼玉県熊谷市生まれ。東京大学経済学部卒業後、三井不動産株式会社に入社。同社にて商業施設(ショッピングセンター)やオフィ スビルの開発・運営業務に携わる。平成17年12月同社を退社し、さいたま市において有限会社武蔵コーポレーション(現在は株式会社)設立。代表取締役に就任。賃貸アパート・マンション(収益用不動産)の売買・仲介に特化した事業を開始する。

著者紹介

年収1000万円から始める  「アパート事業」による 資産形成入門

年収1000万円から始める 「アパート事業」による 資産形成入門

大谷 義武

幻冬舎メディアコンサルティング

大企業でも倒産する現在、自分の身は自分で守るべく、副収入としての投資を考える人が増えています。そんななか、アパート事業による資産形成の火付け役となった本書が、改訂版としてパワーアップいたしました。不動産会社の選…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!