相続・事業承継 M&A
連載中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」【第5回】

会社(事業)の売却に成功する4つの会社タイプとは?

中小ベンチャー企業

会社(事業)の売却に成功する4つの会社タイプとは?

M&Aによる会社(事業)売却は、中小企業の「存続・発展」と「生産性向上」を実現する有力な武器です。本連載は、起業支援NPO、金融コンサルティング・M&A・不動産・投資教育事業会社などを多数運営する、佐々木敦也氏の最新刊『中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A』(ジャムハウス)の中から一部を抜粋し、中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」をご紹介します。

現状は赤字でも業績が右肩上がりなら買い手はつく

今回は、売却に成功する4つの会社タイプについて見ていく。

 

(1)売れる会社

売る会社の業績が右肩上がりであれば、買い手希望は多く売れやすい。損益が黒字で業績も年々伸び、マーケットも拡大が見込まれれば、企業の魅力は高いからだ。さらに、今は赤字でも、徐々に改善されており、黒字になる方向が見えているという右肩上がりの会社であれば、これも買い手がつくだろう。

 

逆に、現在の時点で黒字であっても、収益・売上が年々、前年割れしているような右肩下がりの会社はなかなか売れない。理由は、会社の体質に本質的な問題が出てきているか、マーケットそのものが縮小しているかのどちらかが考えられるからだ。例として「創業者利潤獲得&新しいビジネスを立ち上げ」で売却を行う会社である。

 

(2)売る会社

これは、「特徴を持った会社」で、とにかく強みを強調して、それを魅力として「売る」ということだ。特殊技術、製造ノウハウ、商品力、一流の得意先、大手企業との取引口座があるなど、その会社ならではの特徴があれば、新規に参入してくる会社としては買いやすい。M&Aで会社を売るには、会社に磨きをかけて、会社の特徴・強みを明確にしていくことである。例として「事業の選択と集中」で売却を行う会社である。

赤字会社でも買い手のニーズに合えば買われる

(3)買われる会社

売る会社に一般的な魅力がなくても、買う会社のニーズに合えば、買われる会社になる。買う会社のニーズとして、例えば、「業界シェア拡大のために同業者を買収したい」、「エリア拡大のため、他地域の同業者を買収したい」の場合、売る会社が赤字でも買う会社がいる。

 

理由は買う会社が同業者なので、経営を立て直すノウハウを持っており、少々の赤字でも買収して黒字化できるメドがあるからだ。このように、買う会社のニーズにマッチする会社が出現すれば、その会社は買われることになる。例として「後継者が不在(事業承継)」や「会社(事業)成長」で売却を行う会社である。

 

(4)倒産会社

民事再生や会社更生などの再建型の法的整理手続きで、M&Aを導入して企業再生の事例が数多くみられるようになっている。法的整理手続きで、M&Aが導入される理由は次の通り。

 

①倒産企業のM&Aの必要性

法的整理手続きに入ると、倒産企業の信用がなくなり、取引先や顧客との取引に支障が生じるため、倒産企業単独での自力再建が難しくなる。このため、経営再建のためには信用力の補完としてスポンサーを導入する必要がある。

 

②債権者からみたメリット

債権者からみると、M&Aによりスポンサーが導入されれば、スポンサーからの融資などにより、債権カット後の債権に対する弁済がより確実になり、その弁済期間も短期間となる可能性が高くなる。

 

③スポンサー側の買収理由

倒産企業が負った過大な債務は偶発債務を含め、法的手続きの中でカットされ、財務状態が改善される。収益力のある事業部門を有している企業は債務のカットにより、スポンサーにとって魅力的な企業になる。要は、倒産企業でも大変厳しい道だが、M&Aにより再生可能な道は残されている。魅力的な事業があれば、売れる可能性があることをあきらめてはいけないのである。

本連載は、2015年8月31日刊行の書籍『中小ベンチャー企業経営者のための“超”M&A』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐々木 敦也

有限会社あおむしマネジメント 代表取締役

1983年 筑波大学第一学群社会学類(法律学専攻)卒。住友信託銀行(現三井住友信託銀行)、および朝日生命保険でエコノミスト、債券・為替ファンドマネージャー、朝日ライフアセットマネジメントで年金ポートフォリオマネージャー等を歴任。
2003年 既存にない経済・金融サ-ビスを目指して独立。豊富な金融経験を活かし、起業支援NPO、金融コンサルティング・不動産・M&A・投資教育事業会社などを設立、運営を行う。実績案件多数。
2014年 クラウドファンディング事業を行う一般社団法人「筑波フューチャーファンディング(TFF)」を設立、代表理事に就任。
現在、TFF運営の傍ら、クライアントにFA(ファイナンシャルアドバイザー)としてM&Aを含む幅広い財務戦略アドバイス(資金調達~資産運用)を行っている。
主な著書に、『中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門 M&A』『次世代ファイナンス クラウドファンディングで世界を変えよう!』(以上、ジャムハウス)などがある。
【資格】
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
宅地建物取引士

著者紹介

連載中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」

中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

佐々木 敦也

ジャムハウス

日本の中小ベンチャー企業がM&Aをどのように活用できるか、またすべきか、という視点に重きをおいてまとめた入門書。元M&Aアドバイザーが客観的・中立的な視点で、大企業でない中小ベンチャー企業のM&A市場を概観し、M&Aの買い…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest