相続・事業承継 M&A
連載中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」【第3回】

業績・業界・意欲から見る会社(事業)の売却タイミングとは?

中小ベンチャー企業

業績・業界・意欲から見る会社(事業)の売却タイミングとは?

M&Aによる会社(事業)売却は、中小企業の「存続・発展」と「生産性向上」を実現する有力な武器です。本連載は、起業支援NPO、金融コンサルティング・M&A・不動産・投資教育事業会社などを多数運営する、佐々木敦也氏の最新刊『中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A』(ジャムハウス)の中から一部を抜粋し、中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」をご紹介します。

経営が「どうにもならない状態」での売却は難しい

売ると決断して、それではいつ売るべきなのか、同じ会社でも一般的には、業績の状
況によって企業評価は変わる。やはり業績が良いときに買い手希望は多く、売り手有利
で交渉しやすい。さらには、例えば規制緩和等が予想される業界の動向やオーナー自身
の事業意欲、によって、ベストな売却タイミングが決まってくる。

 

(1)業績

まず、経営がどうにも立ち行かなくなってからの売却は相当厳しい。しかし、実はこの段階での相談が相当多い。自力でやるだけやり万策尽きたから、ということだろう。実際、赤字続きの企業を立て直すには、同業者で経営ノウハウのある買い手候補がいるかどうかにかかっている。例えば成功している会社が自社の経営モデルをそのまま持ち込んで同業の赤字会社をうまく改善できるかどうかなどである。経験的にいうと、2期連続赤字が見込まれたら、売却する決断をしないと手遅れになる可能性は高い。

 

(2)業界

自由化の波を受けて、業界再編が進むと予想される業界では、①単独で生き残る②M&Aで合従連衡して業界・地域でのNO.1を目指す③大手に売却してその傘下に入る、という選択しかない。以下の図表の業界(1〜3)では、買い手企業はシェア争いで大きく動く時期がある。そのタイミングに合わせ、自社単独で生き残る自信がなければ、売却を早めに検討しておくことは大事である。

 

【図表 今後の業界再編予測例】

経営者の意欲が低下しているなら売却を検討する

(3)意欲

オーナー社長の事業意欲が落ちてくるようだと、業績に影響してくる。そうなって企業価値が落ちる前に、しっかりした会社に売却することを決める選択もある。事業意欲が落ちる理由として、「別のビジネスをしたい」「組織運営に疲れた」「健康に問題が出てきた」などがある。

 

このような場合は、業績の良し悪しに構わず、一旦売却するべきだろう。因みに業績がいいときは売りやすいが、悪いときは厳しいので素早い行動が必要だ。もたもたしていると、企業価値がなくなり、売却できず、倒産・廃業に追い込まれ、社員・取引先に最悪な事態をもたらす可能性が高いからだ。そうならないように時間もないので適切なM&Aアドバイザーなど専門家と相談すべきである。ただ、M&Aの成約が厳しいと見込まれる状況下では、着手金狙いのM&Aアドバイザーもいるので選択には注意が必要だ。

 

また、事業意欲があるものの、業績が悪い場合は、売却・買収両面からのM&Aによる立て直しを検討すべしである。そして意欲があり、業績が良い場合は、会社継続とさらなる成長を睨んで買収戦略を考えることになる。

本連載は、2015年8月31日刊行の書籍『中小ベンチャー企業経営者のための“超”M&A』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

佐々木 敦也

有限会社あおむしマネジメント 代表取締役

1983年 筑波大学第一学群社会学類(法律学専攻)卒。住友信託銀行(現三井住友信託銀行)、および朝日生命保険でエコノミスト、債券・為替ファンドマネージャー、朝日ライフアセットマネジメントで年金ポートフォリオマネージャー等を歴任。
2003年 既存にない経済・金融サ-ビスを目指して独立。豊富な金融経験を活かし、起業支援NPO、金融コンサルティング・不動産・M&A・投資教育事業会社などを設立、運営を行う。実績案件多数。
2014年 クラウドファンディング事業を行う一般社団法人「筑波フューチャーファンディング(TFF)」を設立、代表理事に就任。
現在、TFF運営の傍ら、クライアントにFA(ファイナンシャルアドバイザー)としてM&Aを含む幅広い財務戦略アドバイス(資金調達~資産運用)を行っている。
主な著書に、『中小ベンチャー企業経営者のための”超”入門 M&A』『次世代ファイナンス クラウドファンディングで世界を変えよう!』(以上、ジャムハウス)などがある。
【資格】
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
宅地建物取引士

著者紹介

連載中小ベンチャー企業経営者のための「会社(事業)の売り方」

中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

中小ベンチャー企業経営者のための“超”入門M&A

佐々木 敦也

ジャムハウス

日本の中小ベンチャー企業がM&Aをどのように活用できるか、またすべきか、という視点に重きをおいてまとめた入門書。元M&Aアドバイザーが客観的・中立的な視点で、大企業でない中小ベンチャー企業のM&A市場を概観し、M&Aの買い…

Special Feature

2016.11

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

海外不動産セミナーのご案内

「ニューヨーク不動産」投資の最新事情

~世界の投資家が集まるニューヨークでの不動産投資とは?  現地日系の最大手不動産会社の担当者が語るNY不動産活用術

日時 2016年12月07日(水)
講師 川上恵里子

事業投資セミナーのご案内

いま最もアツい再生可能エネルギー「風力発電」投資を学ぶフェア

~2016年度の買取価格は55円。業界の最新事情と専門会社が取り扱う投資案件の実際

日時 2016年12月07日(水)
講師 近藤陽一

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

The Latest