その他 法人の財務改善
連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ【第3回】

「入金」の部分の仕組み作りで会社の資金繰りを楽にする方法

資金調達前受金着手金

「入金」の部分の仕組み作りで会社の資金繰りを楽にする方法

今回は、「入金」の部分の仕組み作りで会社の資金繰りを楽にする方法をお伝えします。 ※本連載は、“ナニワの人情税理士”として知られる鈴木和宏氏の著書、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)の中から一部を抜粋し、「儲かる社長」が実践している資金繰りのノウハウをご紹介します。

前受金の活用で税金を合法的に「先送り」する

皆さんの会社は〝前受金〟として先にお金をもらっていますか? 会社を成長・発展させるためには、毎期、経常的に利益を出して資金繰りに余裕があることが必要です。ところで、利益がいくら出ても、売上げてから入金までの期間、つまりサイトが長いとどうなりますか?入金より先に給料や家賃など、経費を払ったり、さらに決算から2か月後に税金を払っていたりするとどうなりますか?

 

黒字であるがゆえに、資金繰りが厳しくなり、銀行の借入れが増える会社がよくあります。ここでぜひ活用しほしいのが、〝前受金〟の活用です。

 

前受金とは、売上代金の全部ないし一部を仕事が完了する前に受け取ることです。売上は、「仕事が完了したとき」または「商品を引き渡したとき」に計上することになっています。

 

つまり、仕事が完了する前、お金を受け取った時点では売上に上げなくていいのです。その時点では、法人税や消費税の税金の対象にはまったくならないということです。合法的に税金を先送りすることができるのです(お金を使う消耗品を買ったり、経費を使ったりする節税に走らなくてもいいのです)。

 

「それはわかるけれど、うちの会社では難しいわ」と弱気で言われる浪花の経営者もいます。でも諦めないでください。たとえば、新しい仕事にのみ、または新しいお客様にのみ〝前受金〟を活用するということでもいいのではないでしょうか。

 

具体的には、つぎのような条件を工夫してみることです。

 

●機械部品の販売は後払いで、機械の卸売りは前払い

 

●既存のお客様は後払いで、新規のお客様は前払い

 

●毎月(定期)のコンサル料は後払いで、単発の仕事は前払い

 

私の事務所でも、単発の仕事については一部前払いにしてもらっています。

 

前受金の金額については、仕事が完了した時点で売上に計上するので、トータルでは同じになります。しかし、資金繰りでは大きく違ってきますので、特に、創業間もない会社は、なるべく早い時期に「前受金制」を取り入れるのがよいでしょう。

 

綜合警備会社の「セコム」が、創業した当初から100%前受金でビジネスをスタートしたのは有名な話です。

回数券など資金繰りに有利な独創的ノウハウを検討

 

前受金と同様の性格を持つものに〝回数券〟の販売があります。英会話などの各種スクールやエステサロンでよく見かけますね。

 

回数券を販売した時点では、原則、前受金として計上することができ、利用した時点で、売上に計上することができます。

 

また、会員制の倉庫型小売業のコストコホールセールがいい例です。先に入ってくる会費を大量に仕入れる資金として利用し、安く商品を提供しています。こうすると資金繰りがさらによくなりますね。

 

さらに、前受金に類似したものに、フランチャイズの本部をつくり、会員から〝保証金〟を預かるという方法もあります。保証金は、あくまでも預かっているもので、退会の際には全額返却するものですから、売上に計上する必要はありません。したがって、これには税金が一切かかりません。もちろん、その預かったお金の性格は借入金と同様に債務なので、後日トラブルにならないように契約書をしっかりと作成しておくことが必要です。

 

このように、入金の部分の仕組みづくりで、会社の資金繰りを楽にすることができます。こういった独創的なノウハウがあれば、小さな組織でも、運営することができるのです。

 

中小企業でも同じことはできます。皆さんの会社も、ぜひ「前受金」「着手金」のとれる仕組みを検討してください。

本連載は、2015年12月12日刊行の書籍『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

鈴木 和宏

鈴木和宏税理士事務所 所長
一般社団法人ほほえみ信託協会 代表理事
税理士 

昭和30年1月14日大阪市東成区生まれ。昭和52年3月京都産業大学経営学部経営学科卒業。昭和52年4月大丸百貨店(現・大丸松坂屋百貨店)の子会社経理部門において、経理全般に従事。昭和54年9月税理士事務所において関与先の記帳指導・監査・決算・税務申告等に従事。
昭和58年12月税理士試験に合格。昭和59年2月税理士登録。
昭和59年8月鈴木和宏税理士事務所開設。現在は税務業務をはじめ、キャシュフローコーチ、経営計画策定支援、保険塾、飲食店成功支援の業務を行っている。
主な著書に、『中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ』(マネジメント社)、『検討してみよう!家族信託の基礎知識』『相続対策の基礎知識 生命保険活用編』『[改訂版]検討してみよう!生前贈与の基礎知識』『生前贈与Q&A』(以上、ファーストプレス)、『まんがで学ぶ相続と遺言』(新日本保険新聞社)、『中小企業経営者のライフプラン~起業から事業承継まで~』(共著、ぎょうせい)など多数。

著者紹介

連載“ナニワの人情税理士”が明かす、儲かる社長の「資金繰り」のノウハウ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

中小企業のオヤジだけが知っている儲けのカラクリ

鈴木 和宏

マネジメント社

がっちり儲けている社長は、どういうことを考え、実践しているのでしょうか。同時に、税理士をどのように役立てているのでしょうか。本書は、31年の税理士生活のなかで出会った多くの経営者とのお付き合いを通じ、学んだエッセ…

検討してみよう!家族信託の基礎知識

検討してみよう!家族信託の基礎知識

鈴木 和宏

ファーストプレス

家族信託とは、信頼できる家族・親族や知人などが財産の預かり手(財産管理をする者)となり、「高齢者や障がい者のための安心円滑な財産管理」や「柔軟かつ円滑な資産承継対策」を実現しようとする民事信託の形態です。家族の財…

Special Feature

2016.12

「法人保険」活用バイブル<書籍刊行>

決算対策、相続・事業承継、財産移転・・・企業とオーナー社長のさまざまな課題解決に、絶大な効果を発揮する「法人保険」の活用…

GGO編集部(保険取材班)

[連載]オーナー社長のための「法人保険」活用バイブル~決算対策編

【第19回】保険のための医的診査 結果が「少し悪い」ほうが社長が喜ぶ理由

GTAC(吉永 秀史)

[連載]法人保険を活用した資産移転の節税スキーム

【第15回】「逆ハーフタックスプラン」活用時の留意点

Seminar information

不動産活用セミナーのご案内

償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力

~建物比率5割超&4年で減価償却も可能!独自の不動産マーケットを形成する京町家だから実現する投資法

日時 2016年12月10日(土)
講師 平野準

海外不動産セミナーのご案内

償却メリットにフォーカスした「ハワイ不動産」投資の最新事情

~築古木造のタウンハウスで建物比率80%以上。「ハワイの償却物件」の実際と活用法

日時 2016年12月10日(土)
講師 大橋 登

海外活用セミナーのご案内

国際金融都市「香港」で始めるグローバル資産防衛

~本格的な海外投資環境を整えるメリットと現地の最新金融事情

日時 2016年12月10日(土)
講師 長谷川建一

The Latest